O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ジグ03ハンツで厳寒期にグッドサイズをキャッチ!!

ジグ03ハンツで厳寒期にグッドサイズをキャッチ!!

2018.02.21


みなさんこんにちは。徳島の浦川正則です。

今年の冬に関しては、過去にないくらい積雪が多くなっています。それにより流れがある川でも、止水域には氷が張ることもしばしば… 当然水温もあまり見ないような数値を、年明けから何度も示す日がありました。

そんな中、やはり今年の傾向としては、やや深めが安定していると感じます。旧吉野川であれば具体的にいうと3~7mまで。例年、もう少し浅いレンジでも日によっては反応がありますが、今年に関してはかなり少ないのが現状です。

そういった状況を踏まえてセレクトし反応を得ているのが、冬の王道的なフットボールジグ、03ハンツを使った釣りになります。

自分のスタイルとしては、ドライブシャッドを中心とした攻めで、レンジを上げてくるような魚を捕るのが主体ですが、対極的なディープで動く魚を今年は03ハンツで捕っているといった感じになります。

特にアクションには非常に気を付けていて、なるべくストラクチャーから離さないようなショートリフトで、さらにストラクチャーにしっかりコンタクトさせるようにしています。

また昨年発売されたドライブビーバー3.5インチとの相性も非常によく、コンパクトでありながらしっかり水を掻き回すパドルは最近、釣れる気しかしないほどのお気に入り!

バイトも低水温ではありますが、ほぼ丸飲みとバスにも好評なようです!!

この03ハンツを使った釣りに関しては、3月も安定して釣れる釣りのひとつであると思います。

ウエイトラインナップも非常に豊富ですので、水深に合わせて使い分けてみてください!

profile

浦川正則
四国
(旧吉野川水系、 北海道)

旧吉野川水系をメインフィールドとし、オカッパリ、ボートを問わない自由なスタイルで年間約50本の50アップを仕留めるデカバスハンター。四国エリアの名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が「師範代」という浦川。類まれなテクニックでメジャーフィールドを攻略するスーパーマルチアングラー。