O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >低水温でもしっかりアクションするドライブシャッドでロクマルをキャッチ!!

低水温でもしっかりアクションするドライブシャッドでロクマルをキャッチ!!

2018.02.27


2月18日(日)、BATNET 2018 冬の練習試合「鬼師匠シリーズ」に出場しました。

練習試合ということで1匹長寸!狙うは北湖のロクマル10lber Overです。

北湖東岸水深7~8mの沈み物に5/8oz.クラスのスイムジグ X DoLiveShad 4.5in.(ネオンワカサギ)を投入。

トレーラーにDoLiveShad 4.5inを使用するには理由があります。シャッドテールワームは各社リリースしておりリトリーブスピードをあげれば、ブルブルとアクションしてくれるシャッドテールワームは多々ありますが、デッドスローリトリーブともなると話は別です。DoLiveShadシリーズは、ワームが動く条件としては厳しい「低水温期のデッドスローリトリーブ」でもピリピリとハイピッチに動いてくれて、唯一無二だと思っています。北湖ディープエリアでのスイムジグの釣りに無くてはならないソフトベイトなのです。

ディープエリアでのスイムジグの使い方は、ボトムまで沈めてからデッドスローリトリーブし、狙いのストラクチャーにコンタクトしたら若干リトリーブ速度を上げて浮上で食わす。

そう意識しながら開始3投目、ストラクチャーにコンタクトし浮上させはじめたところで、スイムジグ特有のコツコツコツという前アタリからドスンッ!と狙い通りのバイト!!重量感タップリのあがってきたのは55.5cm(3,850g)2月の北湖らしい魚でした。

1匹のウエイト勝負なら勝てそうなウエイトですが、1匹長寸なのでやはりロクマルが欲しいところ(笑)

諦めず集中し丁寧にストラクチャーにコンタクトさせ、そこから速度をあげ浮上させると…。

待望のコツコツバイトからドカーン!!!!と先ほどとは桁違いの重量感。

慎重に慎重に引き寄せネットインしたバスは狙っていた”ロクマル5,020g”のスーパーキッカーフィッシュでした。

練習試合とはいえ、まだ1度も勝てたことがなかった「鬼師匠シリーズ」での優勝はめちゃくちゃ嬉しかったです。

そして、翌週2月25日の仲間とのプライベート釣行では、練習試合の時よりも更にレンジを下げ11~13mにある沈み物に5/8oz.クラスのスイムジグ ✕ DoLiveShad 4.5in.(ネオンワカサギ)をコンタクトさせ、2週続けて60cmクラス、ジャスト4,000gをキャッチすることができました。

同船者のTさんも同じくスイムジグで60cmクラス3,870gをキャッチ。

ディープエリアでのスイムジグの釣りに無くてはならないDoLiveShad 4.5in.、その捕獲性能を再確認させられた結果となりました。

◎TACKLE DATA
ロッド:721HFB 【WELLESLEY(ウェルズリー)】
リール:スティーズ103H
ライン:フロロカーボン 12lb.
ルアー:スイムジグ ✕ DoLiveShad 4.5in.(ネオンワカサギ)
1 / 11

profile

北山利通
関西
(琵琶湖)

今や400名を超える選手が参加する日本一大規模な「BIWAKOオープントーナメント」で、2005年年間優勝、2007年年間9位、2012年年間4位という実績を誇る琵琶湖マスター。キャリアも長く最新のテクニックのみならず、昔ながらの王道や定番のテクニック&ルアーを知るバスフィッシングLOVEな生粋のバスアングラー。