O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >しらうおと、ラバージグチューンと、キャンピングカー

しらうおと、ラバージグチューンと、キャンピングカー

2018.03.09
鹿児島の見上です。

まだまだ寒い日も多いですが、暖かい日も増え、少しずつ春に近づいていますね!

今回のレポートは、オフシーズンの諸々をざっくばらんに書いていこうと思います。まぁ、魚があまり釣れていなくてネタがないだけなのですが…(笑)

・しらうお

現在マイボートはシーズンに向け長期ピットイン中。なので最近はオカッパリメインで釣りに行っています。なかなか厳しく成果なしのほうが多いですが、先日、HPシャッドテール2.5インチのヘビキャロフィネスで沖をスローに探り、ナイスコンディションのバスを拝めました。



色はHPシャッドテールの新カラー「しらうお」をチョイス。水質がクリアで光量のあるときに、「しらうお」はよくマッチしてオススメです。寒い時期は水の透明度があるシチュエーションが多いので、冬のやる気ある1匹を狙えるカラーですよ。

・ファインラバーJIGチューン

オフシーズンにオススメしたい、ちょっとしたラバージグのソークオイルチューニングのお話しです。先日、ストックがなくなってきたのに気づいたので、暇をみてO.S.Pジグのファインラバーモデル(シリコンではない生ゴムっぽいモデル)をソークオイル漬けチューンしました。実際にされている方も多いチューンだと思います。



生ラバーがオイルを吸ったらどれだけ違うかというと、以下ソーク可能なO.S.Pラバージグの写真です。

※比較画像は左がソーク、右がノーマル
※水中画像は左がノーマル、右がソーク
ジグ01[ファインラバー]



ジグ01ストロング



03ハンツ[ファインラバー]



03ハンツストロング

という感じで、パッと見で全体的にボリュームが出ているのがわかると思います(ラバーの1本1本が、ノーマルと比べて太さと長さが違います)。特に水中のフレアした状態はオイルが染み込んでいるためか、「ふわっ」とした感じが全然違います。

ファインラバーモデル自体、ラバージグ自体を止めている時(アクション後のステイ等)の自発的な生命感がある動きは、冬~春にかけてバスがスローな際に効果的な場合が多々あります。普段ノーマル状態でも使いますし釣れるのですが、さらにそのベクトルで特化させたい時はソークした物を使い分けで投入する感じです。※ジグ01ストロングについては最初から太いラバーでそのままでもチューン済みな感じですが、さらに! という方は漬けるとストロングプラスなジグになりますよ。

ちなみに、ラバーが長くなるとトレーラーワームに干渉してワームの動きが悪くなるので、ワームによっては適度にラバーカットすることをオススメします。

作業手順

1.オイルに漬け込む→2.2~3日漬け置く→3.取り出して付いたオイルを水でサッと洗う→4.乾燥させる→5.パウダーをまぶして保管

※このチューンは通常よりラバーの寿命を縮めます。釣行後は、水洗いして乾燥後、またパウダーをかけて保管することをオススメします。劣化してラバーがグチョグチョに溶けると、ボックスや他のルアーに溶着してたいへんです。

オイルについては安上がりなところでベビーオイルなんかでも代用可能ですが、香水のような人工的なにおいってバスが嫌がりそうな気がするので、私は釣具メーカーが出しているラバージグ専用の物を使っています。 ※保管用の粉も同じ理由でベビーパウダー等ではなく、無臭なウェットスーツパウダーをまぶしています。

最近は扱いや保管が容易なシリコンラバーがラバージグでは主流になっていますが、O.S.Pからはまだファインラバーの物がラインナップされているので、ファインラバー未経験の方もとりあえずシリコンとの違いを体感していただきたいと思います。

あくまで「オイル漬け最高!」というわけではなく、シリコンラバーがいい時、ファインラバーがいい時、チューンしたほうがいい時などいろいろです。手間がかかりますし保管にも気を遣いますが、ちょっとしたひと手間で釣果に繋がることがあると思いますので、その時に合ったO.S.Pジグをチョイスして試してみてくださいね!

・キャンピングカーのこと

先日は横浜でO.S.Pミーティングが開催され、勉強会と懇親会で有意義な時間を過ごさせていただきました。今後の新製品も、「これは!」っというようなモノがラインナップされていきますので、みなさん楽しみにしていてください。



交流会の際に、並木社長から「レポートでキャンピングカーのこととか書いてもいいよ♪」とのありがたいお言葉をちょうだいしましたので、お言葉に甘えて少し書かせていただきます(笑)。なぜキャンピングカー? と言いますと、鹿児島で父が創業した「バンショップミカミ」という会社でキャンピングカーの製造・販売をしていまして、私もそこで働いています。

当社では軽トラックをベースにした軽キャンピングカー、「テントむし」をメインに販売中。※トミカのミニカーにもなりました。

4名乗車・4名就寝、小回りが効いてどこでも行けますし、維持費や燃費も安上がり。日本のフィールドに合わせて作ったキャンピングカーです。

※基本ワンオフの受注生産なので、カラーリング等はお好みで自分だけの1台が作れます。

※セカンドシートを展開させフラットベッドになります。

※屋根をホップアップさせて2段ベッドも展開できます。

※対座でテーブルを挟んで食事も可能。冷蔵庫やギャレーも装備。

他には、大きめで普通車タイプの「Dテントむし」や、

軽キャンピングトレーラーの「コロ」などもラインナップ。

当社のキャンピングカーは普段乗りから旅行まで「いつでも気軽に使えるキャンピングカー」をコンセプトにしています。もちろんご要望で釣り仕様にすることも可能ですよ!気になった方はぜひ、当社ホームページ[http://www.vs-mikami.com/]をご覧ください。

全国販売もしており(各地で取り扱いしていただいているショップさんがあります)、日本各地のキャンピングカーショーなどにも展示したります。私自身も営業で行くことが多いので、もし目に付いたらO.S.Pルアーのことやキャンピングカーのことでも、よければ気軽に話しかけてくださいね。

・釣りとキャンピングカー

同じアウトドアなのでお互いリンクできる部分は多々あり、キャンピングカーは釣り人にこそ向いている車だと思います(当社のお客様でも釣りされる方はたくさんいらっしゃいます)。私自身もJBトーナメントは北部九州まで遠征になるので基本、車中泊です。お金や時間の節約、好きなタイミングや好きな場所で寝れるなど、メリットはたくさんあります。いざ明日、どこかに行こうと思っても、週末のホテルは予約で埋まっていることが多いですよね。キャンピングカーで宿泊費を浮かせて、その分でご当地の美味しいものを食べるのは私の楽しみです(笑)。

そしてみなさんすでにご存知かと思いますが、並木さんもバリバリのキャンパーですもんね!http://t-namiki.net/wp/?p=11820

釣り車にキャンピングカーという選択肢、少し頭の中に入れてみてはいかがでしょうか?基本ここはO.S.Pルアーレポートの場所なのでそんなに書けませんが、もしまたレポートでキャンピングカーのことを書いているときは、「バス、釣れてないのかな?」とでも思ってください(笑)

最後に。

大体のバスフィールドは町から離れた所が多いと思いますが、入浴施設や食事、コンビニやガソリンスタンドは、できるだけフィールドの近くで利用してもらうのがいいのかなと思います。バスアングラーが使うお金で少しでも潤う人が増えるのは、バスフィールドの存続・発展に繋がるはずです。その観点から考えると、たまには宿泊施設を使うのもいいかもしれないですね。

もう3月。シーズンに突入しますので、みなさんO.S.Pルアーでいち早い春のナイスフィッシュをぜひ!

1 / 11

profile

見上祥太
九州
(南九州フィールド全般)

鹿児島・宮崎を拠点に置き、「大隅湖バスフェスティバル(九州陸釣りグランドチャンピオンシップ鹿児島予選)」、「サンラインバスファンカップin鹿児島」の運営や「大隅湖清掃活動」、「大隅湖親子バス釣り教室」の指導委員長など、南九州のバスフィッシングシーン活性化に勤める。2012年チャプター宮崎第5戦優勝、2013年JB九州第4戦遠賀川準優勝、2015年大分バスフェスタ3位など、陸釣り・ボートを問わずトーナメンターとしても活動中。