O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ブリッツMAX-DRが活躍する3月の琵琶湖レポート

ブリッツMAX-DRが活躍する3月の琵琶湖レポート

2018.03.09


こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

3月1日に爆弾低気圧が通過し、近畿地方では春一番が吹きました。気温が10℃を下回らない水温より高い風が吹き荒れ、南湖の水を掻き混ぜた事により濁りが発生し、多くのバスが冬から目覚めました。濁りがある為ブリッツMAX-DRのチャート系カラーが好調でした。

エリアはボディーウォーター付近の4m、ウイードトップは3.5~4mでベースはセンニンモが生えて所々にハードボトムがむき出しで、オオカナダモが点在する複合エリアが好調です。

アクションはロングキャストしブリッツMAX-DRがウィードに触れたらリトリーブを止め50cm程ブリッツMAX-DRを浮かして再び潜らせタッチしたら浮上させる。これの繰り返しです。ブリッツMAX-DRの浮力で自発的に浮上出来ないほど深くウィードにスタックした時はロッドティップを揺らしシェイクオフさせます。今までウィードの抵抗を感じていたのにジワ~ッっと重みを感じるバイト(ウィードがバスに代わるバイト)やラインがゆっくりと走ると言ったバイトで釣れます。これらのバイトは水温が低い午前中に多かったです。

午後から特に水温上昇がMAXになる14~15時頃にはウィードタッチする前に喰い上げて来るディープクランクらしいバイトが増えてきました。

毎年の事ですが早春は濁ったエリア(並木さん風に言うと水に色が付いているエリア)でのブリッツMAX-DRが有効になります。濁ったエリアは水温上昇しやすく、フィッシングプレッシャーもかかりにくく、バスを騙しやすいので手返し良く広範囲を攻められるブリッツMAX-DRはマストアイテムになります。

平均水深が4mの琵琶湖南湖において4mダイバーのブリッツMAX-DRは一年を通してバスをキャッチ出来ます。琵琶湖で巻いて釣りたいのならブリッツMAX-DRはド定番のルアーになっています。

ブリッツMAX-DR
ロッド:DAIWA ブラックレーベル FM7102MHRB
リール:DAIWA アルファスtypeF 103
ライン:サンライン FCスナイパー14lb

琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG
http://blog.tetsumorita.heavy.jp/
1 / 11

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。