O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >春の霞水系を攻略するテクニックをご紹介!!

春の霞水系を攻略するテクニックをご紹介!!

2018.04.04


みなさん、こんにちは。利根川水系、霞ヶ浦水系プロスタッフの北田朋也です。

今回は春の霞ヶ浦水系についてレポート致します。

霞ヶ浦水系も水温、釣果ともに春らしくなってきました。今年も毎年恒例のルドラ、ヴァルナを使ったビッグフィッシュ狙いの釣りで素晴らしい体型のバスがキャッチされています。

私自身も苦労しましたが、ヴァルナF(ゴールドファイヤー)を使い、2匹の2kgオーバーをキャッチすることができました。



フローティングを使用した理由としては、ボトムコンタクトした際にステイをさせて浮き上がらせたときにバイトが集中して得られたためです。

狙いどころは南からの暖かい風の日に、風の当たる側の岸で、なおかつハードボトムになっているシャローです。ワカサギやシラウオなどのベイトなどが接岸しているエリアでは、特に釣果が期待できます。

またシラウオの接岸に伴いバンク沿いでは、HPミノー3.1インチのジグヘッドなどで釣果が出てきています。



シラウオはその習性により、他のシラウオについて泳ぎます。そのため、ルアーをシラウオだと勘違いしたシラウオが並走することで、バスが群れの通過を丸ごと捕食しようとバイトしてくるのです。

バイトを得るコツとしては軽いジグヘッド(0.6~1.3g)を、風を考慮しつつバスのレンジにルアーを誘導すること。これでバイトをよりの多く得られるでしょう。

この他にも流入河川ではアシ際などにおいて、リアクションを駆使したテキサスでの釣りが好調になってきました。雨上がりなど濁りが強い日には、アシ際に固執する個体が増えるのでぜひ試していただけたらと思います。

オススメは7〜10gのシンカーを使い、すり抜けがよく、強いバサロアクションをしてくれるドライブビーバーを、アシやカバーの濃さで使い分けます。水深50cm以内のシャローカバーにおいて、より速く落とすことでリアクションバイトが狙えます。



厳しい時期が終わり、徐々にバスフィッシング本番の時期になってきました。みなさんもぜひ、霞ヶ浦水系に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

profile

北田朋也
関東
(霞水系、利根川)

2003年NBC陸釣りクラブ利根川戦優勝。2015年チャプター茨城ボート部年間3位。2016年チャプター茨城ボート部年間4位。また釣具店様主催の大会でも数多くの優勝経験を誇る若手トーナメンター。幼い頃より地元の水郷エリアを中心にバスフィッシングを続けており、ロコならではのコアな情報や、霞水系、利根川水系の楽しさを発信!