O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ドライブビーバー・ドライブクローで春のリザーバーを攻略!!

ドライブビーバー・ドライブクローで春のリザーバーを攻略!!

2018.04.04


本格的な春を迎え、各地でいい魚が釣れはじめており、フィールドが賑わってきましたね。

今回は、久々に訪れたリザーバーでの釣りをご紹介したいと思います。

自身6年ぶりくらいに訪れたリザーバーでしたが、この春は水位が高いようで、全域が濃いカバーに覆われていました。水温は12℃前後。フィーディングや産卵に入ってきそうな比較的浅いカバーを中心に、ドライブクロー4インチおよびドライブビーバー3.5インチを軸に、テキサスリグで狙っていきました。

バンク際までルアーを届かせるのがなかなか難しいほどカバーが多かったので、濃いカバーにはドライブビーバー3.5インチ。比較的、入れやすいカバーにはドライブクロー4インチをチョイス。

ドライブビーバーはカバーに絡みつくようなパーツがなく、3.5インチでもパワーのあるアクションをしてくれます。フォールスピードもドライブクローに比べて速いため、この日はシンカー7gを中心に使用。一方、ドライブクロー4インチはフォール時に抵抗となるパーツが多いので、シンカーは8.8gをセットしました。



両者とも、非常にフォールアクションが優れているソフトベイトですので、そのほとんどがフォール中でのバイトでした。

こういったアピール力のあるソフトベイトは、全域カバーの中からいち早くいいエリアや季節の進行具合を知るのに本当にありがたい性能であることを、あらためて感じた釣行となりました。

他のドライブシリーズもいろいろなタイプのモノがありますので、状況に応じて使い分けてみてください。

profile

浦川正則
四国
(旧吉野川水系、 北海道)

旧吉野川水系をメインフィールドとし、オカッパリ、ボートを問わない自由なスタイルで年間約50本の50アップを仕留めるデカバスハンター。四国エリアの名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が「師範代」という浦川。類まれなテクニックでメジャーフィールドを攻略するスーパーマルチアングラー。