O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >O.S.Pプロトルアー(スイムジグ)のコンセプトをご紹介!!

O.S.Pプロトルアー(スイムジグ)のコンセプトをご紹介!!

2018.04.09


こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

少し前にレポートしましたが、ウィードエリアにおいて対ウィードにおいて乗り越え&スリ抜け能力をトコトン追求し使い易さカテゴリーNo.1を目指してテストしているO.S.Pプロトスイムジグは3月下旬・4月上旬もよく釣れています。

どのくらいウィードに対する乗り越え能力があるかと言うと、以前から私はガードを抜いてノーガードで使用しています。ノーガードで使用しても市販のガード付きスイムジグよりフックに拾ってくるウィードの頻度は極端に少ないです。

1リトリーブ中に2、3回のウィードコンタクトを心掛けて巻いていますが、小山状のセンニンモや背の低いオオカナダモを気持ち良く乗り越えてきてくれます。スイムジグの釣りはウィードトップギリギリを巻くのではなく、スピナーベイトのスローロールの様にコンタクト後のバイトを狙う場面が実は多くウィードにスタックしない程度のコンタクトが重要になり、優しくソフトにコンタクトし一瞬ハンドルリトリーブにより“トゥルン”と乗り越えさせる。その時コンタクトしたウィードから距離を最小限に抑える事が最も重要な要素になります。その能力を突き詰めたスイムジグになっています。

プロトスイムジグにはドライブシャッド4.5inをトレーラーに使用しています。ガイドゲストさんもドライブシャッド4.5inを使用したスイムジグで沢山のデカバスをキャッチされています。ノーシンカー状態でも自発的に動くレスポンスの良いテールですからスイムジグと組み合わせてどんなにスローに巻いても動き続けバスを誘ってくれるのは当然です。

先ほど述べた小山状のセンニンモをトゥルンと乗り越えた直後スイムジグのスピードは一時的に速くなってから遅くなります。その遅くなった(厳密に言うと遅くなり→早くなり→遅くなる)時がバイトチャンスなのですが、レスポンスの悪いシャッドテールワームでは一瞬水を咬まなくなりテールが動きを止めてしまいます。するとバイトチャンスを失う事になります。

ドライブシャッドの優れた性能はスイムジグにおいても欠かす事の出来ないマストアイテムになっています。

ドライブシャッドの好調カラーはソフトシェルスモーク、ブラッディシャッド、シルバーシャイナー、ゴールドシャイナー、稚アユなどですが、私が最も気に入っているのが新色のナチュラルサンフィッシュです。スイムジグでデカバスをキャッチされたゲストさんからも高評価です。

琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG
http://blog.tetsumorita.heavy.jp/

1 / 11

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。