O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >春はHPシリーズのミドストが効果的!

春はHPシリーズのミドストが効果的!

2018.04.20
鹿児島の見上です。前回の陸釣り調査から少し期間が空きましたが、4月も傾向を調べに大隅湖へ出撃しました(4月4日)。



3月半ばの水位や地形と比べるとさほどの変動はないものの、先日の大潮で魚のポジションも大きく変わっただろうと期待に胸を膨らませて、いざ。

春の大隅湖はジグヘッドのミドストがよく効くのですが、最近ミドストフィッシュはご無沙汰。そこで感覚を取り戻すため、ミドストと相性のいいHPシリーズとジグヘッドだけバッグに入れました。そして、バスが上がってくるであろうエリアにて、HPミノー3.1インチ+1.8gジグヘッドのミドストにて早々にヒット!



その後も飽きない程度に釣れ続けました。

ミドストはラインをペシペシ叩かないようにティップを振りながら、ラインスラッグをうまく使ってアクションさせます。バイトの際は感覚的な変化かラインスラッグの変化を認識できると思いますので、そのままリールを巻いてスイープにフッキングでOKです。

ロッドについて、個人的にはフルソリッドやソリッドティップのロッドをオススメします。理由としてアクションさせやすく、バイトを弾かずにフッキングできるからです。

ジグヘッドの重さは1.8gをメインに据えて、2.7gおよび3.5gを使い分けています。その日のレンジやフィールドの状況による使いやすさで基本はチョイスしていますが、重いジグヘッドの波動によく反応する場合もありますので、各ウエイトをひと通り持っておいたほうがいいでしょう。



ちなみに、ミドスト連発モードに入った時は、あえてカラーチェンジやワームチェンジすることをオススメします。一投一匹のようなときは焦ってそのまま投げ続けたくなりますが、経験上、バイトがすぐ止まってしまうことが多いです。ワームを変えるとスレにくくなり、連発が続きやすくなります。以前、春のチャプター戦で釣れ続けたことによりビッグが混じり、入賞に絡めたこともありました。

極端に的を外したワームやカラーに変えるとかえって釣れなくなることがあると思いますので、バスの反応を得ることができる傾向は外さない程度にしておいてくださいね。



終盤はHPシャッドテール2.5インチ、ソルトウォーターカラーの「イワシ」がよく効きました。



ナイスサイズも混じります。



春は青カラー系がよく効くので、イワシは意外と大活躍してくれます。そんなこともあって、HPシリーズにオキチョビークローやインパクトブルーが追加されないか、密かに期待しています(笑)。いつでも効くカラーではないのですが、爆発力があるカラーなのでみなさんも今の時期に試してみてください!!

今回使ったのはHPミノー3.1インチとHPシャッドテール2.5インチ。これらの使い分けとしては、アピール感の違いや出す波動の違いで状況によって変えていきます。たとえばHPミノー3.1インチはフラットサイドボディなので、ソリッド系カラーでもローリング時にフラッシングで明滅効果が生まれるだけでなく、ロールさせやすくナチュラルな波動で誘えます。素材が軽いこともあり、軽いジグヘッドと組み合わせることで浅いレンジを引きやすいというメリットもあります。

HPシャッドテール2.5インチはテールの波動がある分アピール力がありますし、その抵抗のおかげで浮き上がりにくくレンジキープしやすいという特徴を持っています。また、ジグヘッドの刺し方も上下で使い分けることができます。通常の下向きだとテールのピラピラ感があり、テールが上向きだとロール幅が増したアクションになるので、ちょっとしたアクセントも加えられますね。

どちらもミドストでは有能なワームですので、状況に応じて使い分けてみてください。今回は3時間弱の釣行で十数本と、好釣果に恵まれました。みなさんもぜひ、これを参考にチャレンジしてみてください。

タックルデータ
・ルアー1:HPミノー3.1インチ(いろんなカラーをローテーション)+ビートローラー 1.8g
・ルアー2:HPシャッドテールSW 2.5インチ(イワシ)+ビートローラー 1.8g
・ライン:サンライン シューターFCスナイパー BMS AZAYAKA 4lb
・ロッド:GROOVERS BEND BOOST[Ti] INDEX 6.5ft
・リール:TD-Z 2506

profile

見上祥太
九州
(南九州フィールド全般)

鹿児島・宮崎を拠点に置き、「大隅湖バスフェスティバル(九州陸釣りグランドチャンピオンシップ鹿児島予選)」、「サンラインバスファンカップin鹿児島」の運営や「大隅湖清掃活動」、「大隅湖親子バス釣り教室」の指導委員長など、南九州のバスフィッシングシーン活性化に勤める。2012年チャプター宮崎第5戦優勝、2013年JB九州第4戦遠賀川準優勝、2015年大分バスフェスタ3位など、陸釣り・ボートを問わずトーナメンターとしても活動中。