O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >琵琶湖で有効となるO.S.Pソフトベイトをご紹介

琵琶湖で有効となるO.S.Pソフトベイトをご紹介

2018.05.11


こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

バスのレンジが浅くなると共に人為的なプレッシャー、寒の戻りなどによる水温低下、スポーニング前のナーバスな状況、ポストスポーンの個体の出現などにより大きなルアーや波動の強いルアーでは口を使わせ辛い状況となりライトリグが有効に。少しずつ出番が増えてきています。

ドライブクローラー各サイズ、ドライブカーリー、HPシャッド各サイズ、ドライブスティック3.5インチオリジナル&SPEC2、ドライブシュリンプ4&4.8インチをこの時期使用しますが、どのルアーも各リグ(ダウンショット、ジグヘッド、ネコリグ、スプリットショット)に対応し釣れます。

個人的にはドライブクローラーはネコリグ、ドライブカーリーはスプリットショットとネコリグ。HPシャッドはダウンショットとスプリットショット、ドライブスティックはジグヘッド、ドライブシュリンプはダウンショットとジグヘッドで使用する事が多いです。

シルエットの長いドライブクローラー・ドライブカーリーはフワフワと艶めかしくスローに攻め自発的アクションも出やすいのでネコリグがやはり使いやすいです。

GW前は沖のフラットではドライブスティック3.5インチジグヘッド、シャローでは(主にピンスポット)ドライブクローラーのネコリグが好調でした。

GW中はHPシャッドテール3.1、3.6インチが高反応で、沖の3.5~3.5mではドラッギングでのスプリットショット(シンカー2g、リーダーは30~40cm)でサイズ・数ともよく釣れました。ベイトフィッシュの多い新芽エリアで少し(15~30cm)移動させてステイ(ラインテンションを完全になくした状態で3秒程)させる、ステイ重視の釣り方が良かったです。シャローのピンスポットではダウンショットに反応が良くリーダーは10~20cm、シンカーは2g程で、スプリットショットリグ同様ステイ重視のウィードコンタクトが好調でした。硬いウィードを感じたらステイ、そのウィードからプリッと外したらステイ、そんな感じの釣りです。

カラーはシルエットがハッキリ出るカラー(濃い目のカラー)、マジックゴビー、ブルーギル、エビミソブラック、グリーンパンプキンペッパー、ウォーターメロンペッパーなどが好調でした。

琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG
http://blog.tetsumorita.heavy.jp/  

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。