O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ヴァルナ110SPが有効なシーズン到来!!

ヴァルナ110SPが有効なシーズン到来!!

2018.05.29


こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

今冬はウィードの生える面積・高さ共に狭く低くO.S.Pプロトのスイムジグ+ドライブシャッド4.5インチなどが好調だったように低いウィードフラットが好調でした。

4月に入ってもその傾向は変わらずドライブシャッド3.5インチを装着したO.S.Pブレードジグ1/2oz。HPシャッドテール3.1インチ、3.6インチのスプリットショットリグやダウンショットが好調でした。

GW後半からミドルレンジではようやく伸び始めましたが放水量(湖流)が多く寝てしまい立っている状態ではなかったですが、放水量が落ち着くと立ち、そのウィードトップは2~2.5mとヴァルナ110SPやルドラ130SPが有効な条件が揃いました。あとはその上にブルーギルなどベイトフィッシュがコンタクトしてくれれば最高の条件。GW明けからそのようなエリアが少しずつ増えてきて日に日に反応が増えてストロングパターンになりつつあります。

アクションは着水後リーリングで5、6回巻き、ヴァルナ110SPを1m程潜らせてからトゥイッチ開始。2トゥイッチ+2、3秒ポーズを繰り返しながら最深泳層2.2m(ルドラ130SPは2m)まで探りながらボート際まで丁寧に探ります。

狙っているセンニンモのウィードトップ2~2.5mのエリアはフラットではなく帯状のラインで、ベイトフィッシュがコンタクトするとフィーディングエリアになっている印象です。ですので、バスは常にいる感覚でなくフィーディングタイムに群れでコンタクトしてきていると推測しています。釣れる時は驚くほど簡単に連発するのでとても楽しくエキサイトな釣れ方をしてくれます。逆に釣れない時は全くの無反応。15分程探ってみて反応が無ければタイミングを変えて入り直すと良いでしょう。

ヒットカラーは、ゴーストHFワカサギ、ゴーストHFハス、GFビワコシャッド、インパクト公魚などベイトフィッシュカラーが好調です。

琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG
http://blog.tetsumorita.heavy.jp/

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。