O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ドライブクローラー6.5”パンチショットにて琵琶湖カナダ藻&エビ藻攻略

ドライブクローラー6.5”パンチショットにて琵琶湖カナダ藻&エビ藻攻略

2018.08.21
こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

 琵琶湖南湖では真夏の釣りドライブクローラーのパンチショットリグが好調になっています。

 高気温による高水温で全域アオコが発生し緑の南湖ですがフラットエリア2.5~4mカナダモ内とそのエッジ付近や浚渫堀残しの台地3~4mのカナダモとエビモの混在エリアと隣接するブレイクが反応が良いです。



今の所ドライブクローラー6.5インチパンチショットはカナダモ内だけではないという点が重要で、濁りにより入っている個体とギリギリ入っていない個体、入っているタイミングとギリギリ入っていないタイミングがあるという事。

中でも外でも関係なくドライブクローラーパンチショットリグをピッチングしています。

バイトは今の所最初のフリーフォールの着底直前か着底直後に集中しています。ピッチング後丁寧にラインを張り喰っているか?確認すると喰っている!!といったバイトが殆どです。

8月11日にはゲストさんお二人ともパーソナルレコードを更新する59.5、58.5cmをキャッチするなど50UP~59.5cmを15匹、計25匹位をキャッチと大爆釣。





その後も関東のゲストさんなどは連日パーソナルレコードを更新する58cmや54cmなどキャッチされています。

 濁っているのでカラーは例年以上に重要でブルーギル、ブラック、スカッパノン、エビミソブラックなどシルエットがハッキリでる濃い目のカラーが好調です。

 タックルは7~7.5ftヘビークラスロッド、ハイギアのリール、フロロカーボン20lb、シンカーはタングステン14g、フックは並木さんプロデュースのFINA社・FPPオフセットの4/0、5/0を使用しています。



 またウィード内に入っていない個体にはドライブSSギル3.6インチのライトテキサスリグも有効になっています。5gや7gのシンカーで必ずペグ止めする事がスパイラルフォールを生み出すには必須です。



琵琶湖バスフィッシングガイド森田哲広BLOG

1 / 11

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。