O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ドライブシャッド・ドライブSSギルを使用した檜原湖ヘビキャロ攻略!!

ドライブシャッド・ドライブSSギルを使用した檜原湖ヘビキャロ攻略!!

2018.09.04
皆様、こんにちは!

桧原湖の本田 賢一郎です。

今年の桧原湖で使用頻度の高いのが、ヘビキャロ!

6月後半からずっとやっている釣りです。

桧原湖のスモールマウスといえば、スピニングで2lbなどのライトラインで釣るイメージだと思いますが、ベイトタックルでバシバシかけていく釣りも楽しいんです。
そんな桧原湖でのヘビキャロをご紹介します。

私がヘビキャロによく使用するルアーは、 ドライブシャッド3.5と4in、発売されたばかりのドライブSSギル!

SSギル、丸呑みです!
バイトが明確で、本気バイトしてきますね!
ガツッガツッガツッ⁉️と飲み込み本気バイトです。

ドライブシャッドも丸呑み!
ガツッガツッガツッと本気で飲み込むようにバイトしてくるので、ライトリグとの当たり方は全く違います。
タックルを腕から持って行かれそうなぐらいのバイトを体感できますよ!

使い方は、遠投して着底させてボトムを感じたら、ボトムをズルズルとズル引き。 これだけ❗️

私は、ハードボトムを感じたらその場でステイさせたり、ウィードなどを抜けたらステイなど、とにかくシンカーをボトムから離さずにボトムを引いてくるだけです。

シンカーは、基本は7gで風の強い日は10gと使い分けています。リーダーの長さは約40㎝〜50㎝。

バイトが明確すぎて、最初は、えっ!?

と、ビックリ合わせすること間違いなし!

これが本気バイト⁉️と体感していただけると思います。

私が使用しているタックル
○ロッド DAIWA エアエッジ701MHB-ST
ソリッドティップのMHで、MとMHの中間のようなイメージで、スモールマウスのボート側での突っ込みにもティップがうまく入ってくれて、口の柔らかいスモールマウスの身切れを防いでくれ、バラシやラインブレイクが激減。
○リール DAIWA タトゥーラSVTW 8.1
○ラインDAIWA スティーズライン10lb
桧原湖のシーズンも残りがあと2ヶ月ほどでしょうか。
是非、私の桧原湖ガイドに遊びに来ていただき、 本気バイトを体感しに来てください!
お待ちしています!
檜原湖「本田ガイドサービス」
1 / 11

profile

本田賢一郎
関東
(霞水系、桧原湖)

学生時代は桧原湖に通いつめ、2017年からはJB桧原に参戦。卒業後は霞ヶ浦水系の釣りに魅了される。ストイックに釣りに集中するため霞ヶ浦近郊へ引っ越し、オカッパリアングラーとしてフィールドを駆け回る毎日。様々な状況に適応しながら釣果をあげるテクニックを磨きつつ、オカッパリの楽しさをより多くの方へお伝えしていく事が目標!