O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ドライブSSギル、ドライブシャッドを使った初秋の霞水系攻略!!

ドライブSSギル、ドライブシャッドを使った初秋の霞水系攻略!!

2018.09.06
霞ヶ浦水系の富村です。

8月下旬を迎えた霞ヶ浦ですが、ここのところの残暑で水温もMAX状態。30℃前後となっております。 ただ気候は徐々に秋めいて、水温もそれに伴い下がっていく丁度折り返し地点と思われます。

まだまだ日中はバスも居心地の良いフレッシュな水を求めていると思いますので、暫くは水の動きやすい、水通しの良い場所を狙って良いと思います。

日差しが強ければ、もちろんシェードを意識して縦のストラクチャーを攻めましょう。

沖目の杭などの縦ストをフォールで狙うなら先日発売されたドライブSSギルがおススメ!
スパイラルフォールは霞ヶ浦のバスにも良く効きました!



私が使用したのは3.5gのライトテキサスリグで、フックは3/0のオフセット。シンカーストッパーを付けたもので、中層に浮いたバスをフォールで狙うにはこのセッティングが一番良かったです。



また、風が強まってたりして少々荒れ気味の時は、ストラクチャーにピッタリと寄り添い、ややボトム付近にサスペンドしてると思われます。

そういった状況でおススメなのがフットボールラバージグ03ハンツの11gか14gです。
縦ストのシェードに沿って落とし込んで、着底後少しのステイ。大概が着底時にバイトしてきます。お気に入りのトレーラーはドライブビーバー3.5!夏はソリッドなブラックがデカいバスに効きますね♪



そして、これから水温が下がり出す時期になれば、だんだん巻物と言われる横方向の動きにバスが反応してきます。

先日も石積エリアにて、秋には定番のドライブシャッド3.5の2.7gライトテキサスのスイミングで連発しました♪





更に秋めいて来ればブリッツやハイピッチャー、ハイカットなどで良い釣りが出来るようになると思いますので、今後は巻き物に対応したタックルを用意しておきましょう。

1 / 11

profile

富村貴明
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦水系をホームフィールドとしJB霞ヶ浦・NBCチャプター霞ヶ浦をメインに参戦するトーナメンター。95年からの参戦キャリアもさることながら、魅力なのがそのフィッシングスタイル。豊富な経験と知識から、常に霞ヶ浦水系でのストロングパターンの模索を意識し、ここ近年ではバズパターンでJBプロ戦を含め3度優勝を果たす。