O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >濁りが入ったタイミングでのハイピッチャーとブレードジグの使いわけ!!

濁りが入ったタイミングでのハイピッチャーとブレードジグの使いわけ!!

2018.09.19
最近の琵琶湖ですがアオコが大量発生で劇濁り状態です。

濁りや風があればもちろんハイピッチャーなどのスピナベが強いですが、 エリアによっては少し濁りがマシかな?なんてエリアがあります。

ハイピッチャーでは強すぎる。そんなタイミングではブレードジグです。



ハイピッチャーもそうなんですがこの時期のバスに口を使わせる技は早引きです。

水深20センチぐらいのウィードトップから2mくらいまでが独占場! ウエイトは3/8オンス、1/4オンスをよく使用します。

トレーラーワームにはドライブスティック4・5インチバカイチ的にはブレードジグの カラーに合わせて、スペック2を使用しています。



ハイスピードでバスにリアクションバイトさせるのです。

エビ藻、フサ藻、そしてカナダ藻など各ウィードエリアに強いです。

そして、1番の強みはやっぱりブレードだと感じています。

おおよそのチャター系のブレードはギンギンギラギラです、でも、ブレードジグは 透明でバスに違和感なくバスにも人間側でも感じてると思っています。

フルキャストでもショートキャスト時でも必ず、ボート際まで最後まで引き切ってください。

ピックアップ寸前でのバイトが無茶苦茶に多いのと、バイト丸見えになりますんでびっくり合わせをしないように(笑)



バカイチガイドゲスト様もブレードジグでええ奴釣ってもらえました~。

是非皆さんもブレードジグそしてハイピッチャーもって秋の琵琶湖へどうぞ!

バカイチガイド絶賛受付中です。←宣伝(笑)

profile

三村和弘
関西
(琵琶湖、津風呂湖)

琵琶湖リブレガイド10年以上。BRUSH「スピナベ馬鹿一代」でもおなじみ。05年JB津風呂湖第2戦優勝、08年JB津風呂湖第2戦優勝、09年JB津風呂湖第3戦優勝、12年JB津風呂湖第2戦優勝&年間2位など、勝負強さは抜群!