O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >秋の琵琶湖シャロー攻略に欠かせないブレードジグSPEC2!!

秋の琵琶湖シャロー攻略に欠かせないブレードジグSPEC2!!

2018.10.15
こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

本格的な秋になりシャローからディープに散ったバス。シャローエリアではOSPブレードジグ3/8ozSPEC2が好調です。



OSPブレードジグ3/8ozSPEC2はオリジナルのOSPブレードジグ1/4ozの小型透明ブレードを装着したO.S.P WORKS セカンダリーカテゴリーです。(オリジナルのブレードジグは3/8、1/2、5/8ozは同一サイズのブレード。1/4ozのみ一回り小さいブレードとなっています。)

オリジナルの3/8ozとの違いは?一回り小さなブレードは抵抗が少なく浮き上がりが抑えられることから1m前後のシャローに生える背の低いウィードトップを緻密にレンジコントロール出来、水面近くまでウィードの上(水面下)を引く時も過剰にチドって水面を割ってしまうという事も無いです。また、よりハイピッチなのでウィードタッチの瞬間が分かり易く、よりタイトな動きは水温低下によりタフになったバスでも口を使わせることが出来ます。

ハイスピード=リアクションという考えがあります。ルアー自体が速く動くことによりタフになったバスをリアクションバイトさせる。この考えは正しいと思います。しかしルアー自体のスピードは遅くてもルアーの一部や付属物が速く動く事もリアクション要素がありバイトさせるとも考えています。スピナーベイトのブレード、ダブルスイッシャーなどのプロップベイト、バズベイトのペラなどです。

OSPブレードジグ3/8ozSPEC2にはオリジナルに無い、よりハイピッチなアクションと透明ブレードによってプレッシャーがかかり易いクリアー傾向のシャローレンジにおいて最も有効と改めて感じています(勿論ハイピッチアクションによる水押は濁っても有効です。)夏から金属ブレード装着のチャターベイトで釣れていたが、最近はあまり釣れないな~と思っている方には是非使用して頂きたいです。



風の弱い時、ブライトサニーなコンディションではドライブスティック4.5″、ローライト、風がある時、やや濁り気味の時はドライブシャッド3.5″インチをトレーラーとして使用しています。

キラーゴールド、ブラック、ワイルドギル、ゴーストテナガ、ウォーターメロンアユなどが好調カラーです。

ブレードジグにて琵琶湖南湖で良型連発しています。



琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG  

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。