O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >秋の琵琶湖で釣果をあげるブレードジグ&ブリッツシリーズのテクニックをご紹介!!

秋の琵琶湖で釣果をあげるブレードジグ&ブリッツシリーズのテクニックをご紹介!!

2018.11.09
こんにちは、琵琶湖ガイドの森田です。

ブレードジグ3/8ozSPEC2+ドライブシャッド3.5インチが好調なシャローエリアですが、同じレンジでのラトリンブリッツ、ブリッツも好調になってきました。

ブレードジグ3/8ozSPEC2との使い分けについて説明します。SPEC2はウィードトップにレンジを合わせミディアムリトリーブに対し、ブリッツはウィードに触れたらリトリーブを止めて一瞬浮かしバイトチャンスを与え口を使わせる、そんな使い分けです。また、ラトリンブリッツは小粒ながら低音の高アピールラトルサウンドを生かしウィードトップギリギリをバイブレーション的にやや速めに巻く事もあり、レンジコントロールはオーソドックスにロッドティップの高さで調整しています。



ラトリンブリッツとブリッツの使い分けに関しては、濁りが入っているエリアや風がある時はラトル音によりアピールが強いラトリンブリッツを、クリア傾向の無風時にはノーマルのブリッツとなります。好調カラーはインパクトライムチャート、アイスシャッド、アメザリ、チャートブラックバックなどです。

  ブリッツやブレードジグ3/8ozSPEC2が釣れている1m前後のレンジは基本的に水温上昇し温まってから釣れる事が多いですが、モーニングタイムや水温上昇しない日は少しレンジを落とした1.5~2mでのブリッツMRが好調です。使い方はミディアム~ミディアムファーストスピードでブルブル巻くだけです。時々バイトがあっても乗らない様な低活性の時があります。その時はブリッツMRの泳層が最深部に達した付近で一瞬リトリーブを止めてこちらもバイトチャンスを与えています。







ブリッツMRはO.S.Pホームページの製品情報(https://www.o-s-p.net/products/blitz-mr/)にあるように“世界で初めてプラスチックボディに組み込んだHPスラッシュビル”という構造を持つ超高性能で好感度なミドルレンジクランクベイトです。  また、オリジナルブリッツを使用するレンジであえてブリッツMRを使用する事もあります。オリジナルブリッツでウィードコンタクト後リトリーブを止めてバイトチャンスを与える方法が好調な時、ショートリップのブリッツに比べブリッツMRはやや長めのリップが装着されているので、フックへのウィード絡みはブリッツMRの方が少ないです。ウィードタッチパターンが効果的な時にも有効です。 標準ならフロント・リアとも#6番フックですが、フロントはそのままの#6、リアは#5にサイズアップし琵琶湖の良く引くデカバスに対し対応しています。好調カラーはチャートブラウンタイガー、メタリックブルーバックタイガー、TSライブリーフラッシュ公魚 、黒金Ver.T、アメザリなどです。







琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG  

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。