O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >O.S.Pルアーと共に全力で挑んだJBTOP50霞ヶ浦戦!!

O.S.Pルアーと共に全力で挑んだJBTOP50霞ヶ浦戦!!

2018.12.06
こんにちは茂手木です。
もう12月ですね!もう今年も後少し!?早いですねー!

JBTOP50の最終戦を終えて年間15位と言うことで、ジャパンスーパーバスクラシックと言う上位成績の選手のみで戦う2日間のトーナメントの出場権を獲得出来ました。そのため11月までシーズンが延びましたが、それが終わると今度は来季の新製品のプロモーションや取材などトーナメントシーズン中に時間がなくて出来なかったものがやってきます。まぁ、釣りしっぱなしですよw

ジャパンスーパーバスクラシックはこの大会自体とても威厳のある大会なのですが、僕は出るのが8年ぶりくらい・・
実はJBTOP50に上がる前までは毎年クオリファイ(出場権の獲得)出来ていたのですが、JBTOP50としての獲得は今回で2回目と言うレベルの高さ!今年はそれを最終戦で捲ることができ、なんとか獲得出来たわけです。

ちょっと前置きが長くなりましたが、そのJBTOP50最終戦の話をしたいと思います。

最終戦の会場は茨城県の霞ヶ浦!今シーズン最大にして広大なフィールドでした!
桧原湖戦が終わり、すぐにタックルを入れ替え霞ヶ浦へ!まぁタックルもですが水の色からして真逆な存在のこの湖!しっかりと切り替えて戦略を立てないと流されて悪い方向に行くのは目に見えています。

自分自身もあちらこちらに移動しているのですが、同時に車、ボート、ボートトレーラーもそれに準じて引っ張り回されているわけです。ほんとお疲れ様!



霞ヶ浦について、一番ギャップを感じるのは、やはりその広さと荒れ方だったりします。桧原湖もそれなりに広いのですがそのレベルはケタ違い!荒れ方は国内屈指なのはもちろん、ほぼ全面護岸化された独特の湖で跳ね返った波がぶつかり合い、複雑なパターンの波を作り出す。さらに海沿いの平地特有の強風が起こす大きなうねりはかなり危険度が高いのです!

スタートエリアの土浦からエリア最南端の潮来方面までは日本で2番目に広い湖を縦断するだけあってかなりの距離となります。東京から鎌倉間くらいの移動距離の荒れた水面移動となり非常に大変なことになるわけです!つまり釣り以外にもボートの運転や安全に走るためのGPSやボートなどの装備そのものが必要にもなってくる。バスプロとしての能力の見せ所満載なトーナメントになることは間違いなく、とにかく楽しみで仕方がありません!

プラクティスのタイミングは水温が安定し、広範囲にバスが散ることによりどこでも釣れる感じでした。しかし、これがまた困るのだw
ここから厳しくなるよ!今日の釣りはノーサイドだからって言われている様なもので、トーナメントでの展開はまた別のものとして考えないといけなくなるわけですからねw

雨上がりのシャローでは、このHP3Dワッキーみみずぅカラーが大活躍。マッチザベイトっていうのもあるとは思いますが水に入ると目立つカラーなんですよね!雨上がりの少し濁った水にオススメです!ちなみに、霞ヶ浦(濁っている)と言えども、晴れている日はウォーターメロンを使っています。



さて、トーナメント本番!僕はこの最終戦を迎える時点で年間成績23位でした。29位までが来年のJBTOP50への参加権利が与えられます。つまり余裕があるとは間違っても言えないポジション!そして今回初めて土浦スタートの霞ヶ浦戦!余裕は無いですが、初めての場所はやっぱり楽しい!練習していても毎日新鮮でワクワクさせてくれます。

まぁそれと同時に、ボートが通っても安全なのか?浅すぎてスタックしないか?など心配は尽きないですがねw釣り以前の問題は山ほどあるのでそれはとりあえず置いといてまたの機会にしますねw

トーナメントの話をさせていただくと、初日はフライトが最後から数えた方が早いくらいの遅いスタートのせいで、1番に考えていた桜川(1番近い川)に着いた時にはすでに4艇もボートが入っていました。もちろん一番に考えていた沈み物のあるピンスポットはバッチリ埋まっていた。(後に優勝エリアとなる)初日のフライトはくじ引きなのでこれも運!そこは切り替えてパターンを!

小雨が降っているタイミングで浅いアシ側をHP3Dワッキーのネコリグで打って行くと小ぶりだがキーパーサイズをゲット!幸先が良いと思ったが、雨は降っていても減水の影響でシャローに魚が少なく、桜川は全体的に浅いため早めのエリアチェンジ!

出島方面へ走り、マークしてあった水深のあるアシをドライブビーバー3.5インチのリーダーレスダウンショットでチェック!ボトム着いてからの1アクション目でヒット!着いているパーツが水をしっかり噛むのと、比重があるためドライブビーバーの持ち上げたときに起きる波動は周りの土を舞い上がらせ、まるで驚いたザリガニが泥を蹴って逃げる様に演出します!ちなみにこの時のカラーはロックシュリンプ!このパターンで南下し気付けば霞ヶ浦本湖の東岸をかなり南下していました。初日3本ウェインで19位スタート!





2日目、雨は上がり代わりに強風な1日でした。この日は初日にトップウェイトが出て、より人気エリアとなった桜川を早々に見切り、昨日最後の魚が釣れた東岸へ30分近くかけて走った!この日は荒れていたため、かなり揉みくちゃにされてエリアに着きました。

着いて早々HP3Dワッキーのネコリグで1匹をゲットするも、すぐ次のキャストで食ってきた2匹目をバラしてしまいました!なんてこった!やはり朝イチは釣れるもんですよ!だからカラーに関しては朝イチに目立つ色と言うか、大きく見えるカラーを選びます!例えば、モーニングドーン、グリパン/ピンク、みみずぅなどである。膨張色ってやつですね!

ここは人気エリアで回遊バスの可能性もあるので何度か入り直しましたが、やはり朝イチ効果かその後はバイトがなかったので移動。ついには最下流のエリアへwここはスタートの土浦から、例えれば東京から鎌倉までぐらいの距離があります。そこで、アシを撃っていくとドライブビーバー3.5インチのゴーストシュリンプのリーダーレスダウンショットにヒット!しかし、この一本で反応が無くなり思い切って今度は東浦まで移動!東浦はスタートエリアの土浦とはまた違う方向です。

本当この日は走り回りました!でも、翌日の決勝に進めなければ意味がないのでここは時間やガソリン残量を絶えずチェックしながら気になる所は全て行きました!2日目は若干ウェイトを落としたものの、22位で予選突破!3日目の決勝に進めることができました。

さあ、ここからまくるぞ!という事で、2日目も昨日バラしもあった東岸へ走ります。途中でフロントの魚探のネジが外れて飛んできたりと3日間のダメージがボートに見えて来ましたが、負けずに走り釣りスタート!しかし、先行者がいたためか反応が無く一気にまた移動!このタイミングで雨が降って来たので、急遽最南端のアシ側へ!

シャローをドライブシャッド3.5インチのブルーギルカラーでゆっくり流し、フォローのダウンショットでひたすら同じストレッチを何度も流すと雨が強くなったタイミングで連続ヒット!近くで見ていたオカッパリバサーさん達にも応援してもらい元気100倍で釣りまくりました!

終わってみれば4本をライブウェルに収めて帰着!ウェインすると短日2位のウェイト!



結果総合11位に浮上!年間成績も15位でフィニッシュ!これで年間15位まで与えられるクラッシック出場権もゲットし、来年のトップ50のエントリー権も! 今年はバラすというミスも多く試練の年でしたが、終わってみれば悪くはない(良くはないけど)成績でフィニッシュ!来年はもっと上へ!引き続き応援よろしくお願い致します!



そしてトーナメントが終わりハヤブサのイベントに並木さんと参加! 茨城県潮来市にある富士見池というバスの管理釣り場に行ったのですが、イベント自体楽しくて何よりゲストさんの楽しんでいる印象が素晴らしかった。そして、コーチをしている時に気付きました!みんなO.S.Pのルアーを使ってくれているw管理釣り場でも対応できるO.S.Pルアーの幅は凄いですよね!近くに管理釣り場がある人は是非試してみてください!



では、皆さんこの冬も何処かのフィールドで!

profile

茂手木祥吾
関東
(各フィールド)

TOP50トーナメントアングラー、通称モテショー。09年JB TOP50年間6位。12年TOP50第3戦桧原湖では悲願の初優勝を決めた。今期もTOP50シリーズに参戦。2度目の頂点を狙う。