O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >今が旬!ドライブシャッド6”だからこそのビッグバス!!

今が旬!ドライブシャッド6”だからこそのビッグバス!!

2018.12.26
こんにちは。
琵琶湖プロスタッフの北山です。

低水温期から早春にかけて大型だけを狙って獲れるルアーと言えば、ドライブシャッド6″をあげるだろう。





写真は低水温期にドライブシャッド6″で仕留めたビッグバスだ。

ドライブシャッドシリーズは、デッドスローリトリーブでもしっかりとテールを振ります。勿論ファーストリトリーブでもスイミング姿勢、そしてテールの振りは安定しており、見た目の大きさとパワーで魚を引っ張ることができます。

長い距離を引くサーチ的な使い方と、必ず魚が居るであろうピンスポットの上を通しルアーの強さでバイトへ持ち込むことが出来ます。水深のあるオダや岩などの沈み物を攻める場合、デッドスローリトリーブでしっかりと沈み物を捉え、コンタクトした瞬間からリトリーブ速度を少し上げ水面に向かって浮上させ逃げるベイトを演出し、バイトさせます。

早春のシャローでは6インチというシルエットの大きさが重要で、中層でしっかりと喰ってくる感じなので、ここというストラクチャーの上を通し、しっかりとバスに見せることが重要です。特に低水温期はルアーを弱めにしがちですが、シルエットを大きく、ルアーを強くすることでバイトチャンスを増やすことが出来ます。

profile

北山利通
関西
(琵琶湖)

今や400名を超える選手が参加する日本一大規模な「BIWAKOオープントーナメント」で、2005年年間優勝、2007年年間9位、2012年年間4位という実績を誇る琵琶湖マスター。キャリアも長く最新のテクニックのみならず、昔ながらの王道や定番のテクニック&ルアーを知るバスフィッシングLOVEな生粋のバスアングラー。