O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >真冬の亀山湖攻略に欠かせないドライブクロー2″その理由とは?

真冬の亀山湖攻略に欠かせないドライブクロー2″その理由とは?

2018.12.26
こんにちは。
O.S.Pホームページをご覧の皆様、千葉県の大塚高志です。

12月中旬までは秋と変わらいと思えるくらい温かい日もありましたが、いよいよ水温も一桁となり、水中は冬本番となってきますね。

これからの実釣の中で気になるのは低水温です。
毎年のことですが、この時期はサイズ問わず1匹1匹が価値のある魚ですからね。

今回のレポートは、冬の亀山湖での釣りをレポートしたいと思います。



この時期、一番のオススメのリグは何ですか!?と問われた際に、真っ先に私がオススメするリグは、「ドライブクロー2インチ」のダウンショットリグです。なぜ、ドライブクロー2インチを使用しているかと言いますと、これからの時期は水温が下がり、ワーム本来の動きを実現できないルアーもあります。

低水温になり、シャッドテール系のワームだと水中で本来の動きができない場合がありますが、ドライブクローの場合は、小さいボディーでも自発的に各パーツが動いてバスを常に誘うことができ低水温時期でもオススメです。

特に、ドライブクローのツメの部分は、自発的にアピールができることで、ドラッキングをした場合でもシェイクを一切せずズル引きでも確実にバスにアピールできること。これは最大の特徴であり、ドライブクローの強みだと感じています。



なぜ、2インチサイズが良いのかは、バスが吸い込みやすい一口サイズなのとショートバイトでも確実にフッキングできるサイズだからです。

亀山湖の基本の水質はステイン系です。冬は特に深い水深を狙いますから、シルエットがハッキリする黒系のカラーに頼ることが多くなります。 ブラックブルーフレークやブラックカラーがオススメです。深い水深でも確実にバスに見つけてもらえます。



まだまだこれからが冬本番です。
この時期の1匹は、サイズ問わず格別ですよ!!

profile

大塚高志
関東
(高滝湖、亀山湖)

亀山湖をホームフィールドとし13年NBCチャプター房総で年間1位を獲得。パワーフィネスを得意なスタイルとしながらも、そのスタイルに縛られること無く日々研究しスキルUPし続ける、情熱と行動力を備えた努力家。2018年チャプター房総第3戦にて6,660gというレコードで優勝。あらにチャプター新利根第2戦、チャプター房総第4戦、第5戦でも優勝し、チャプター房総の年間優勝を勝ち取るという偉業を達成した。