O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >ハイカットFのサイトフィッシングでNBC山中湖チャプター第2戦5位入賞!!!

ハイカットFのサイトフィッシングでNBC山中湖チャプター第2戦5位入賞!!!

2019.05.31
こんにちは山中湖の川上です。

今回は5/19(日)山梨県山中湖で開催されたNBC山中湖チャプター第2戦O.S.Pカップに参加しましたのでその様子をレポートいたします。

結果からお伝えしますと、ハイカットF(ゴーストライムチャート)の活躍で1,210g(1本)で5位入賞する事ができました。
NBCチャプター山中湖第2戦大会結果



状況としては、前週にJB山中湖第一戦が開催され、5,790g(3本)で私が優勝し、その翌週に開催されました。
JB山中湖第1戦大会結果

前週のJB山中湖では目視できるレンジにプリスポーンバスが多く確認出来ていましたので、今回の試合もサイトメインで組み立てる事としました。

しかし試合当日の天候は、雨 → 晴れ(一瞬)→ 曇り と目まぐるしく天候が変化し、終日風も強い事もあり、エリアによってはサイトには不向き。 エリアとタイミングを合わせ勝負をかける事にしました。

朝は雨が降り風も強かった為、サイトでは勝負になりませんでしたが、やがて天候も回復し陽が差してくる状況。

水温も上がって来たタイミングで、水深1m程のコンクリートのマンメイドストラクチャー(導水管)付近でエサを探しているバスを発見。 プレッシャーを避けるため一旦やり過ごし、強風のためボートポジションを整えてからアプローチを開始。

ルアーはハイカットF(ゴーストライムチャート)を選択。


バスの目の前を通す必要がありレンジコントロールがしやすい事と、ストラクチャーをかわす必要がある事から フローティングモデルの選択です。

私のフェイバリットカラーであるゴーストライムチャートは、一見派手に見えるカラーですが、水中だと意外と馴染んでナチュラルに見え、クリアウォーターでも効果的です。

神経質なこの時期のプリスポーンバスは余計なプレッシャーをかけると口を使わなくなる事から、ファーストアプローチは重要。 強風の中、風を読んで狙いの場所にキャストしアプローチします。

キャストもバッチリ決まり、レンジコントロールしながら早巻きで引き、ルアーをバスの目の前を通します。すると1投目でバイト!

しかしフックが1本しか掛かっておらず、しかもストラクチャーをかわす必要があり、かなりヒヤヒヤしましたが無事にネットイン。 貴重な1,200gのバスをキャッチする事ができました。



その後、残りの時間も湖全域をサイト中心に回りましたが、バスには出会う事は無く追加が出来ないまま終了となりました。

今回は持ち込まれたバスの殆どが平均500g程度で、リミットメイク者が少なかった事もあり、お立ち台getとなりました。その他の上位入賞者はこの時期らしい見事なビッグフィッシュを持ち込まれていました。

次回は私も釣れるように頑張ります!!

profile

川上記由
関東
(山中湖)

山中湖をホームレイクとし圧倒的な強さを誇る。2006年よりNBCチャプターに参戦しJB戦も含め優勝回数17回、入賞多数。07年、08年、09年、10年、12年と年間1位を獲得。09年、10年には山中湖第2チャプターでも年間1位を獲得しW制覇を達成。2014年も6戦中5戦入賞と無類の強さを発揮。2016年も年間総合優勝を勝ち取った。シャローのサイトフィッシングから魚探のシューティングとそのスキルはトップレベル。山中湖のクセを知り尽くしたまさに山中湖マイスター。