O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >霞水系で炸裂中!!HPバグ1.5”の使い方&タックルを詳しく解説!

霞水系で炸裂中!!HPバグ1.5”の使い方&タックルを詳しく解説!

2019.07.26
O.S.Pプロスタッフのマシューです。



8月発売の新製品「HPバグ1.5″」発売前のサンプルを使っていたワケですが釣れ過ぎてヤバイので、レポートを書きたいと思います(笑)

ワームについての説明はO.S.PのHP等で確認していただけるので、割愛させていただきますが、僕が皆様に伝えたいのは・・・
どんなタックルで?
どんなシチュエーションで?
アクション方法は?
具体的な内容を書きたいと思います。

霞水系がホームである私のタックルはLクラス・MLクラスのスピニングロッドです。その中でもオススメは、MLクラスのスピニングロッドです。理由として、バスに主導権を渡さず掛けた瞬間に、自分がいる方向にバスの顔を向けさせる為です。

霞水系は障害物が多く、せっかくバスを掛けてもラインブレイクなんて事もあります。掛けたバスをしっかりキャッチするために、バットパワーの強いスピニングロッドがオススメです。

「HPバグ1.5″」を使っていて感じるのが、弱いバイトのときは大体ギルが多く、バスからのバイトのときは、コンッと気持ちのいいバイトや、ラインがつーーー(ラインが沖に走っていく)バイトが多くなります。リアクションというよりかは、捕食モードに入ったバスにしっかりと食わせられることが出来るワームです。





シチュエーションとしては、水門・シェード・オーバーハング・ブッシュ・葦などにアプローチしていくと反応が良いです。広範囲を探るというよりかは、自分が「ここには居る」と確信した場所を丁寧に、何回もアプローチしていくことが大切です。場を荒らすこともないので、1回入れて食わなくても、角度を変えながら何度もアプローチしていくとバスからの反応を得られやすいです。

アクション方法は、フォール・ステイ・フォールの繰り返しです。何かに吊るしてのチョウチンも効果的です。フォールのときは、テンションフォールさせていき、ボトムについたら10秒~20秒のステイ。食わなかったらティップを軽くしゃくりあげて再度フォールを繰り返します。フォール中または着底した後のステイ時にバイトが多くあります。





ラインはフロロ5lbでフックはオフセット#2。今のところラインブレイク・バラシ無し継続中です。
リザーバーなどに比べると、ラインの太さ、ロッドの硬さに違いが出てきますが、僕の中ではこの組み合わせが霞水系ベストセッティングではないかと考えております。

とにかくこの「HPバグ1.5″」発売して欲しくないレベルに釣れマシュー(笑)
皆様もゲットしたら釣れマシューですよ♪

profile

マシュー
関東
(霞水系)

メインフィールドは霞水系・北浦。おかっぱりとボート両方を駆使してバスを狙い続けている通称「マシュー」。「釣りに行かなければ釣れない」をモットーに、仕事前の朝練を日課とする熱血派トーナメンター。2017年より参戦したJBトーナメントの初戦、霞ヶ浦第1戦にて6位入賞。皆様に鮮度の高い情報をお届けするため、日々フィールドに足を運んでいる。