O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >霞水系のトーナメントでは欠かすことのできないドライブスティックシリーズ!!

霞水系のトーナメントでは欠かすことのできないドライブスティックシリーズ!!

2019.10.08
霞ヶ浦水系の富村です。

今期トーナメントでも大活躍してくれたドライブスティックの私的使用方法をレポートしてみたいと思います。



まず、ドライブスティックは大きく3種類、通常版・SPEC2・SPEC2ノンソルトとありますが、今回私がレポートするのは通常版。塩のたっぷり入った高比重モデルです。

塩がたっぷりと言ってもただ塩の含有量が多いだけではなく、背中側より腹側がやや重めな素材になっており、安定した究極の自発的アクションが着水時から最大限発揮するような構造になってます。



何しろこのワーム、ノーシンカーリグでの自発的なロールアクション+テールスイングが絶品で、私もノーシンカーリグでの使用方法がほとんどです。そのノーシンカーリグにも大きく2つの使用法があり、1つは頭からフックを刺すノーマルセッティングと、背中のテールが始まる部分から逆刺しするバックスライドセッティングの2種類の使用法があります。

バックスライドセッティングは自発的に着水点から離れて行く特性を利用し、オーバーハングやブッシュの隙間、葦のエグレや消波ブロックや石の隙間に入れ込む時に多用します。

また杭やブイ、ロープ、レイダウン、ボトムの沈船や捨て網、捨石など、ラインの操作でルアーの軌道を操作してタイトに狙う時はノーマルセッティングを使用しております。

霞ヶ浦水系のバンク際の釣りでは、ストレートフックを使用したバックスライドセッティングで対応。高比重でシンプルな形のドライブスティックは、ディスタンスを大きく取ってもアプローチし易く、葉っぱやアシなどにも絡みにくく、込み入った場所にも入りやすいので快適に撃ち続けることができます。



あとは今年もデカいバスを沢山連れて来てくれた05タッガー4g。こちらのトレーラーにメインで使用したのがドライブスティック3.5″です。シルエット的には3″の方が収まりが良いのですが、強風時や少々波がある中でのキャストコントロールを考えると、私は3.5″を好んで選ぶことが多いです。



まだまだドライブスティックシリーズの使用方法は沢山あるので、皆さんも釣り方や状況に合わせて試してみて下さい。

profile

富村貴明
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦水系をホームフィールドとしJB霞ヶ浦・NBCチャプター霞ヶ浦をメインに参戦するトーナメンター。95年からの参戦キャリアもさることながら、魅力なのがそのフィッシングスタイル。豊富な経験と知識から、常に霞ヶ浦水系でのストロングパターンの模索を意識し、ここ近年ではバズパターンでJBプロ戦を含め3度優勝を果たす。