O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >琵琶湖ワカサギパターンに効果的なO.S.Pルアーとは!?

琵琶湖ワカサギパターンに効果的なO.S.Pルアーとは!?

2019.10.23
琵琶湖ガイドの森田です。

10月に入ってもお昼前後の気温が25℃を超え陽射しがある時間帯はカナダモ内を狙うドライブクローラーのパンチショットリグがまだまだ好調ですが、朝夕のローライトの時間帯、特に朝の時間帯はカナダモのアウトサイドなど高さのあるパッチエリアにバスが浮きヴァルナ110SPが好調になってきました。





ヴァルナ110SPの最大深度はフロロカーボン14lb使用で2.2m程などでウィードトップが2m位で釣れるのが理想で、着水後5回ほどリールハンドルを巻きヴァルナ110SPを1m程潜らせてからの2トゥイッチ+2、3秒ポーズを繰り返し、トゥイッチしながら2mまで潜らせるのが定番アクションです。

ウィードトップが1m前後のパッチでも喰ってくるのでそんな時は着水後全く潜らせず2トゥイッチ+ポーズを開始しています。

最近のバイトはポーズ中に喰ってくることが多いのでとても重要となっています。ポーズ中のバイトが多い時は触れただけでフックポイントが刺さる先端の鋭い掛りの良いフックが重要だと思います。フッ素でコーティングされている貫通性が良いフックがオススメです。



カラーは?今年は春以降ゴーストGFワカサギ、ゴーストHFケタバスが好調でした。後から分かったのですがワカサギがメインベイトになってきた琵琶湖南湖なのでワカサギ系カラーが好調なのもうなずけますが、最近もゴーストGFワカサギ、ゴーストHFケタバス、インパクト公魚などが好調です。他にはスポーンレッド、稚ギルなどです。









琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。