O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

チャプター長野・野尻湖第5戦での優勝レポート!!

2016.09.29
みなさんこんにちは野尻湖ガイド、OSPプロスタッフの林晃大です。

9月11日に行われたNBCチャプター長野・野尻湖第5戦にて優勝することができましたので今回はレポートしたいと思います。



この時の長野県野尻湖はターンオーバーも始まりつつありなかなか釣れにくい日が続いていました。

そんな中で釣れ続けていたのがハイカットでのシャッドのキャロです。

ライトリグによる食わせで口を使わない魚にジャークによるリアクションが効果的だということを掴んでいました。

それとは真逆に表層でのボイルパターンもかなり有力でしたが大会当日はスタート順が悪くエリアに入れなかったのでボツ…

ということで僕の戦略はハイカットによるシャッドキャロのみ!

これを競技時間内いっぱいやりきりました!

15バイトくらい得られたものの釣り上げるまで至ったのは6~7匹とミスが多い展開でしたが入れ替えにも成功して3本3086gで優勝することができました。



使い方としてはPE0.4号に7ポンドリーダーをセット7gバレットシンカーにハイカット(鮒鱗)を使用しました。

これを2ジャーク1ストップの要領で9mのボトムにヒットさせてリアクションバイトを誘いました。

「使用タックル」
ルアー:ハイカットF(鮒鱗)
ロッド:エクスプライド2610ML
ライン:アバニ ティップラン0.4号
サングラス:CLTコルレア ドゥーブル



まだまだ有効なテクニックですので秋の野尻湖でぜひお試しください。

NBCチャプター長野、野尻湖4位入賞で使用した「ドライブスティック」のテクニックをご紹介します!

2016.07.04
みなさんこんにちは野尻湖ガイド、OSPプロスタッフ林晃大です。

先日行われましたNBCチャプター長野、野尻湖にて4位入賞しましたので6月から今も釣れ続けている「ドライブスティック」の釣りも合わせてレポートしたいと思います。

s1

5月終わりからアフターが増えると共に釣れるのが僕が「デカい具パターン」と呼んでいるドライブスティックシリーズを使った釣りです。

主に使用するのはドライブスティック6インチ、4.5インチ、そして今年から戦力に加わったドライブスティックFATです。

これをノーシンカーやジグヘッドでずる引いて誘います。

スモールマウスに6インチなんて釣れるの?と思われますがこのアフターからアーリーサマーまでの間は大きいルアーを好んでバイトしてくる様に感じます。

時としてライトリグを上回る釣果を叩き出すこともしばしば。

そして何より面白い!

ベイトタックルで大きくアワセてゴリゴリのファイトはエキサイティングでガイド時も盛り上がります。

s2

そしてデカい具パターンが効くタイミングの6月23日に行なわれたトーナメント。

絶対の自信を持って挑んだ結果は勝てるウエイトを持っていたにも関わらず自分のケアミスで魚を弱らせてしまいリリース…

ウエイトをやや落としてしまい結果としては4位になりましたがこのパターンへの自信はさらに増した試合と成りました。

s3

試合ではECOドライブスティック4.5インチを使用しましたがガイド時はドライブスティックFATを使う事が多いです。

理由はノーシンカーで使った時に水の抵抗が大きいので引いてる感が分りやすい事!そしてよく飛ぶ!

ベイトタックルで逆風でもストレスなく飛んでくれます。

【タックルデータ】
ロッド:ベイト66M
ライン:フロロ10ポンド
ルアー:ドライブスティックFAT
フック:フッキングマスターヘビーワイド5/0
面白い釣りなのでぜひ試してみて下さいね!

野尻湖で確実に獲るためのO.S.Pルアーローテーションをご紹介!

2016.05.16
皆さんこんにちは、野尻湖ガイドの林晃大です。

野尻湖の解禁日から1ヶ月が経とうとしていますが、ここまでの野尻湖での釣り方をレポートしたいと思います。

この1ヶ月間で湖の状況はめまぐるしく変わりましたがメインとして使用していたルアーは3種類。

まずは解禁日から現在まで安定して釣れ続けたHPシャッドテール2.5インチのジグヘッドリグ。

弱ったワカサギが寄せられるであろう風の当たるシャローフラット1~3mの中層ではなく、ボトムにコンタクトさせながら引いてくる釣り方が好調でした。

s_写真1

ボトムが砂地であればノーガードのジグヘッドを、木や岩などの引っかかりが多い場面ではガード付きのジグヘッドと合わせるのをおすすめします。

s_写真2

ガード付きのジグヘッドだとロールが抑えられで動きが弱くなる事が心配されますがHPシャッドテールならテールがしっかり動いてくれるので全く問題ありません。

次にアイウェーバーのフローティングとスーパースローシンキング。ここまでの期間の前半はスーパースローシンキング

s_写真3

後半はフローティングが好調でした。

s_写真4

いずれも魚がいそうだなと思うスポットの風上へキャストしてその上を通過するようにラインをコントロールしてやる事が大切です。

基本的には人間側から見やすいように白ベースのカラーをチョイスしますが、そうでない場合はインジケータなどの目立つマーカーをルアーに貼って見失わないようにしています。

そして最後はハイカット。野尻湖ではド定番のルアーですね。

狙っているレンジを長く通したいので岸と平行にボートを進めてドラッキングで狙います。

2ジャーク1ストップで引いていると突然ガツン!とバイトしてきます。

s_写真5

これからの季節もまだ活躍するルアー、テクニックですので参考にしていただけたら幸いです。

長野県野尻湖ではレンタルボートほとり荘におりますので気軽に何でもお聞きください。

ぜひ野尻湖へ遊びに来て下さいね!

それでは!

HPシャッドテールで、厳寒期リザーバーにてグッドサイズ捕獲テクを紹介!!

2016.01.19
みなさんこんにちは林晃大です。2016年もよろしくお願いいたします。

さて、ハイシーズンは長野県野尻湖の方でガイドをしている自分ですが、この時期は実家の山口県へ拠点を移して釣りをしています。

今回はそんな山口県のリザーバーで12月、そして1月に大活躍するHPシャッドテール3.1インチ、2.5インチについてレポートしたいと思います。

場所は山口県中規模リザーバーのワカサギレイク。12月初旬での水温は13℃~14℃くらい。

このタイミングで効果的だったのがベイトフィネスでのHPシャッドテール3.1のリアクションダウンショットでした。

写真1

この時期の魚はバンクに広く散っており、ダダ流しでも釣れるものの、点で釣っていくには効率が悪く何かないかな?と思っていたときに閃いたのがこのリグでした。

切り立った地形の多いリザーバーでは横に大きく動かすと、魚のいるレンジをあっという間に通りすぎてしまいバイトチャンスを逃してしまいます。

このリアクションダウンショットはロッドを鋭く縦に1~2回跳ね上げ(50㎝くらい)張らず緩めずのフォールさせるという動作。

移動距離は少ないものの動作が早いので効率よく狙ったレンジだけ通して次のキャストに移れます。

ちなみに12月の始めでは1~6mと広い範囲がバイトしてくるレンジでしたので尚更効率のいいリグでした。

まだディープへは落ちきらない魚はアベレージで40後半といい魚ばかり

写真2

3.1インチのボディーサイズもマッチして本当によく釣れました!

そして水温の下がる1月。徐々にこの釣りでも釣れにくくなってきます。強い水押し、ラインの存在を嫌がるタイミングですね。

この状況では、スピニングでライトラインを使い、ルアーのアピールを抑えるためにサイズダウンのHPシャッドテール2.5インチをセット。

ラインの存在感を消すためボトムずる引きで狙います。

写真3

シャッドテールはシェイクせずともアクションしてくれますが、スローに引くと動かないシャッドテールワームは意外と多いんです。

しかしこのHPシャッドテールは動きのレスポンスが素晴らしく、 このてのルアーの最上級ではないでしょうか。

写真4

カラーはラメ入りを嫌う傾向があり、水の色やボトムの色に合わせてウォーターメロンやグリーンパンプキンがおすすめです。

サイズによっての使い分けが必要ですので両方ともボックスに忍ばせておいて下さいね!

活躍するルアー、メソッドですので今シーズンぜひ試してみて下さい。

禁漁期間に入った野尻湖ですが、野尻攻略で毎年欠かせない釣り「ボイル撃ち」についてレポートします!

2015.11.12
皆さんこんにちは、野尻湖の林晃大です。紅葉も終盤を迎え晩秋の雰囲気漂う野尻湖です。

そんな秋の野尻湖で常にデッキにあるタックルに前回のシャッドキャロともう一つボイル打ち用タックルがあります。

今回はそんなボイル打ちで使うベントミノーとアイウェーバーの使い方について紹介したいと思います。

この時期のボイルにおいて自信を持って投げれるのがアイウェーバーです。

1

逆にハイシーズンのボイルにはあまり使わないのですがこのタイミングでは派手にアピールしすぎず、ナチュラルに漂うアイウェーバーへの反応がいい!ということが経験上多々あります。

自然相手なので理屈的に説明することは難しいのですが、これは経験から導き出した僕の答えなので自信があります。

この時期のガイドでお客様に用意していただいたアイウェーバーでの好釣果。

2

ボイル打ちというと小型のトップウォータープラグというイメージが強くボイル打ちにアイウェーバーですか?と驚かれることも

3

タックルはLクラスのスピニングにフロロ4ポンド。PEとの組合せよりこちらの方が飛行姿勢が安定して飛距離がでます。

基本的にボイル打ちにはアイウェーバーがあれば事足りるのですが湖の真ん中などでする沖ボイルにはベントミノー76、86を使うこともあります。

4

沖でのボイルはスモールが何匹かの群れになりワカサギのボールに食いついています。

そんな時はベントミノーの不規則なダートアクションが効果的。

アイウェーバーが静でベントミノーは動のイメージ。真逆の誘い方なので魚の反応を見てローテーションします。

PE0.4号〜0.6号 にリーダーはフロロ4ポンドでフルキャスト、2回トゥイッチ1ポーズか連続トゥイッチでの使い方が多いです。

PEのメリットとして飛距離がでること、長距離でもしっかりアクションが付けれるのとフッキングが決まるなど、いいことばかりですのでPEとの組合せがオススメです。

ぜひ試してみて下さい。

間もなくブラックバスは禁漁になる野尻湖ですが、春の解禁からは今回紹介したアイウェーバーの得意な季節です。

活性が高ければベントミノーもありです!今から待ち遠しいですね!野尻湖ほとり荘にてお待ちしております。

それでは!

10/4(日)野尻湖にて行われましたNBCチャプター中部信越ブロックチャンピオンシップにて「ハイカット」で3匹2,192gで優勝することができました!!

2015.10.20
みなさんこんにちは、野尻湖ほとり荘の林晃大です。

今回はトーナメントのレポートをお届けします。

10/4(日)に行われましたNBCチャプター中部信越ブロックチャンピオンシップにて3匹2,192gで優勝することができました。

main

この大会の前週にはマスターズ戦が行われており、結果を見るとノーフィッシュ多数でかなり厳しい状況。

ただ、湖畔で生活している僕は誰よりも練習することができたのでマスターズの結果もわりと予想通り。

そして今回の大会がローウェイト戦になることは分かっていました。

後になって思えばこの「予想ウェイト」が合っていたことが良かったのだと思います。

話は戻りまして…そのなかで僕が選んだ戦略は

・9m〜11mフラットのベイトに付いている魚
・バンクで単発で釣れる魚

この魚を3.5gのライトキャロと7gシャッドキャロで狙うというもの。

当日メインに使用したのが、ハイカットを使ったシャッドキャロ

tackle

フラットではベイトとバスを魚探で確認して魚のいるところを確実にトレースしてあげて、バンクではしっかりボトムをとり、沈んでいる木や岩に当ててリアクションバイトを誘うことを意識して使いました。

この時の野尻湖はターンオーバーも始まり魚はいるけど食い気のない状況。

そんな状況でも食わすことのできるルアーがハイカットでした。

プラクティスで釣れてくれたこの魚が自信になりました。

hayashiprctice

よりリアクションを高めたかったので、カラーはHFワカサギ。水中でギラギラしてくれたと思います。

曇ればチャートを迷わずチョイスでした。そこら辺も含めて前回のレポートもぜひ参考にしてみて下さい。

ルアーがハイカットなのも重要ですがPEを使ったトータルでのタックルセッティングも大切ですよ!それでは!

林晃大 野尻湖ガイド&ブログ

好調が続いているシャッドキャロのススメ。

2015.10.13
みなさんこんにちは、野尻湖の林晃大です。

放射冷却の朝は気温一桁台の野尻湖ではターンオーバーもはじまって、秋の雰囲気が漂っています。

こうなるとなかなか釣りづらく、ワームで丁寧にじっくりやるか、リアクションで食わせるという、両極端な2つの釣りがメインになってきます。



そこで今回は8月の終わりから現在にいたるまで好調が続いている、シャッドキャロの釣りをご紹介したいと思います。

01

シャッドキャロを使う場所としては、基本的にはフラット。

魚探をかけてベイトとバスのリンクしているエリア、およびレンジにルアーを通してやります。

バンクでも釣れるのですが野尻湖は急深な地形が多く、同じ水深をきっちりトレースするのは難しいので、そういう意味でもまずはフラットがおすすめです。

慣れてくるとワンドの奥などの緩やかなバンクなどもありです。



まずはキャスト後、ボトムにつけてから2ジャーク1ストップというアクションのドラッキングで流しながら探ります。

たまにボトムにタッチさせて、イレギュラーな動きを交えながらリアクションバイトを誘うイメージです。

やはりボトムの岩や木に当たって抜けた後にバイトが多いのですが、根掛かりとも紙一重。

流しながらの釣りではあるものの、手元には集中力を要します。

02

カラーはリアクション要素を際立たせたいので、フラッシングの強いキラキラしたものをチョイスすること。

曇りや雨でローライトなときは、チャート系も全然ありです。



一匹が遠い秋の野尻湖ですが、渋いときこそハイカットのシャッドキャロの出番です。

ぜひ、試してみてください!

03

【参考タックルデータ】

ロッド:68Lスピニング

ライン:バリバスPE0.4号

リーダー:トラウトショックリーダー4lbを80cm前後

シンカー:ゴブリンバットクイックチェンジャー7g

ルアー:ハイカット、ハイカットDR

今年の野尻湖はセミが当たり年なのか?セミ、虫パターンで好釣果。オリカネ虫が釣れております!!

2015.08.18
みなさんこんにちは、野尻湖ほとり荘ガイドの林晃大です。

今年の野尻湖はセミが当たり年なのか?セミ、虫パターンで好釣果がでています。

1

OSPからはオリカネムシ、そして今年から加わったオリカネムシダディがありますがガイドでも好調に釣れてます!

2

僕のガイドではオリカネムシの出し所として

・無風のとき
・セミ系では見にきても見切られるとき

などに多用しています。

ほとんどワーム素材のオリカネムシは、無風で魚から見切られやすい状況で強く、放置していてもたくさん付いている脚が動いて絶妙な波動を出してくれます。

ボディサイズが小さいが故に、アピール力も小さいのですが、そこを埋めることのできるオリカネムシダディも加わりローテーションの一角を担ってくれています。

また寸前で見切られるときには、瞬時にボディーカラーを変える事ができるので助かってます。

カラーを変えたら一投目でバイト!

なんて事も多々ありました。

カラーとしては白系のシロヒトリ、黒系はオリキンブラック、ウォーターメロンを多用しており、おすすめです。

3

季節限定の虫パターンいつまで続くかわからないので早めにぜひ試してみて下さい!

バイトシーンの見えるこの釣りはすごくおすすめです!

野尻湖ほとり荘にてお待ちしております。

林晃大ブログ

野尻湖でガイドをしている林晃大です。野尻湖はポスト~アフター回復の魚が増えてきて、いよいよ面白い季節になってきました。

2015.06.15
皆さんこんにちは、フィールドスタッフ&野尻湖ほとり荘の林晃大です。

6月を迎え、野尻湖はポスト~アフター回復の魚が増えてきていよいよ面白い季節になってきました。

5月のスポーニングの時期がすごく釣れていただけに6月は釣れなくなったと思いがちですが、狙いの魚をしっかり絞ってその場に合ったリグやルアーをチョイスできればいい釣りができると思います。

あれこれ選択肢があると迷う原因にもなるので、僕の場合はアフターにはライトキャロ、回復系にはフットボールジグをおすすめします。

20150611_hayashi2 (2)
まずライトキャロですが・・・
シンカー:2.5g~3.5g
リーダー:2~3ポンドを70センチ程度
ルアー:ドライブクロー2インチ

を使ってスポーニングエリアの近くにあるストラクチャーにタイトに通していきます。

野尻湖の場合は、主に沈んでいるレイダウンや岩など。

5月に釣れていたエリアの一段深いところにあるストラクチャーと思っていただければ分かりやすいかと思います。

これらの魚は早く動かすと反応が悪いので、ゆっくり確実にボトムをとりながら操作してやるのが大事です。

またアフターの魚は、ドライブクローのように水を掴んでよく動くルアーに反応する傾向にあります。

なのでガイド中は100%ドライブクローを使用してます。

カラーは定番のグリパンやスカッパノンが強く、今の野尻湖は水が澄んでいるのでラメはない方がいいかもしれません。

回復系にはフットボールジグですが、ぜひ使っていただきたいのが03ハンツストロングです!!

ラウンドラバーによる早いフレアと今までのフットボールにはない強い水押しに、新しいモノ好きのスモールマウスは興味津々なようで投入初日から高反応を得ています。

トレーラーは、以下のものを使用します。
・軽めの3.5gや5gにはドライブスティック3.5インチやドライブシャッド3.5インチ
・7g以上はドライブスティック4.5インチやドライブシャッド4.5インチ

20150611_hayashi3 (2)
使い方は、基本的にはボトムずる引きで魚が浮いてる時はリフト&フォールですが、刻々と状況は変わっていくのでその場に合った使い方を色々試してみて下さい。

今回はかなり絞った釣り方ですが、6月の野尻湖では色んな釣り方ができてシーズン中で一番面白い時期だと思います。

状況も日々変わっているので、対応できるように色んなルアーを詰め込んで楽しい野尻湖へ遊びに来て下さいね!!

お待ちしております。

(写真:ガイドのお客様もナイスフィッシュをキャッチ!!)
20150611_hayashi1 (2)

野尻湖では、アイ・ウェーバーとHPシャッドテール2.5インチが好調です!!

2015.05.07
みなさんこんにちは、野尻湖ボート屋ほとり荘の林晃大です。

いよいよ野尻湖が解禁となりました。

20150430_hayashi1
なかなか難しいみたいですが、今年は例年より水位が低くバスも戸惑っている感じがします。

毎年この時期が難しいのは変わりませんが、去年に比べてワカサギがよく見られます。

ほとり荘の桟橋周りやインレットにも産卵して弱ったワカサギがいて、それをバスが食いにきて、たまにボイルもしている状況です。

野尻湖春の定番の釣りですが、ボートでもオカッパリでもこの時期狙うのは風や波が当たるエリア。

ワカサギが寄せられる場所にバスも集まっていて、その魚は捕食で入っているので釣り方さえ合えば意外と簡単に釣ることができます。

自分がメインにしているのはアイ・ウェーバーとHPシャッドテールの2本立て。

アイ・ウェーバーはフローティングを使用。

使い方は魚がいるであろう場所に直接キャストするのではなく、風と流れを読んで風上にキャストしてそこに流し込むイメージ。

あとはフェザーとジョイントボディーが波で動いてオートマチックに仕事をしてくれるのでラインを緩めて放置。

プレッシャーや天候で表層まで出きらない場合は、SSS(スーパースローシンキング)の出番です。

20150430_hayashi3
HPシャッドテールは、1.3g前後のジグヘッドと組み合わせて水深2m~5mをミドストで使用。

テールがしっかり水を掴んでくれるので、引き抵抗がありレンジキープしやすく使いやすい所が気に入っています。

カラーは定番のグリーンパンプキンはもちろん、去年からカラーラインナップに加わった「スカッパノン・ブルーフレーク」が個人的におすすめです。ぜひ試してみて下さい。

20150430_hayashi4
野尻湖周辺は私有地が多いので、オカッパリする際はトラブル等気をつけて下さい。

レンタルボートでの釣りは、ほとり荘でお待ちしております。

また、野尻湖ガイド(http://yaplog.jp/koudai/)の方もよろしくお願いします。

20150430_hayashi2

皆さま初めまして、昨年からJBTOP50に参戦している林晃大と申します

2015.02.24
皆さま、初めまして。

昨年からJBTOP50に参戦している山口県出身の林晃大と申します。

シーズン中は長野県野尻湖の「ほとり荘」でスタッフ&プロガイドとして、オフシーズンは地元山口県の各リザーバーで釣りをしています。

トーナメントやガイドで使うテクニックを公開していこうと思っていますので皆様の釣りに少しでも役立てていただければと思います。

今回は真冬のビッグバスに狙いを絞った04シンクロの使い方について紹介したいと思います。

場所は山口県のリザーバー

水温は9℃。この真冬でもシャローに居残れる個体は自ずと体力のある魚に絞られてきます。

そんな魚がいる所は何もないシャローではなくストラクチャーの絡む場所で、しかもこの時期は水もクリアで大きいシルエットのジグや太いラインだと見切られる、そんな時に力を発揮してくれるのがこの04シンクロです。

この04シンクロの特筆すべき点として重さ別にブラシガードの本数が違うという所。

カバーの濃さによってジグの重さを使い分けるのでストレスなく使うことができます。

今回狙ったのは日当たりのいいエリアにレイダウン+ゴミ溜まり。

IMG_20150120_161536157_edited-3
基本的にストラクチャー+αのエリアを打っていくのですが、より複合している方が可能性は高いです。 

打ち込んで宙吊りでのロングシェイクで水平姿勢を保ってくれるので、見せて喰わすことができるというのもこのルアーの強みです。

派手なアクションを付けなくても長さの違うラバーが自然と動いてくれます。

今回は04シンクロの2.7gにドライブスティック3.5の組み合わせでしたがよりカバーの濃い場所では5gも使い分けました。

またスペック2は針持ちがよくカバーを打つようなハードな使い方にも適しています。

釣行は1月終わりの真冬

決してバイトは多くなかったのですが、これから春に向かうにつれてシャローに差してくる個体も増えてきます。

IMG_20150120_224411_edited-1
ですのでこれからぜひ04シンクロの釣りを役立てて下さいね!

タックルデータ

ルアー:04シンクロ2.7g(クローフィッシュ)+ドライブスティック3.5(グリーンパンプキン)
ロッド:Lクラスベイトフィネス
ライン:フロロ8ポンド
1672_large IMG_20150120_145650820~01_edited-4

1 / 11

profile

林晃大
関西
(山口県リザーバー、長野県野尻湖)

ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ福岡校を卒業後、シーズン中は長野県野尻湖の「ほとり荘」に拠点を置き、スタッフ兼ガイドとして活動中。オフシーズンは地元山口県のリザーバーでガイドをするかたわら、メバルやクロダイなどのソルトゲームにワカサギ釣りまで多岐にわたる活躍を見せている。2012年JB河口湖B第1戦優勝、2012年チャプター河口湖年間3位、2013年JBマスターズ年間5位を獲得。2014年よりJBTOP50に参戦、2015年も同カテゴリに参戦。2016年NBCチャプターチャンピオンシップ東日本決勝にて優勝。