O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >春の利根川バスをHPFクランクスペック2でキャッチ!!

春の利根川バスをHPFクランクスペック2でキャッチ!!

2015.03.13
O.S.Pのホームページをご覧の皆様こんにちは、春日です。

今シーズンもいよいよ!シーズンインの気配が感じられる中、利根川に浮いてきましたので釣果報告をいたします。

まだ、まだ、寒いですが、春の魚を追いかけてみました。

春の季節は天候がコロコロと変わりやすく、暖かい日が続いたなと思えば、急に冷え込んだり雨が降ったり、風が吹いたり水が濁ったりで大変なのです。

とりあえずシャローを意識しつつ、ニアディープのブッシュやテトラ帯、ゴロタ石、乱杭群走り回りました。

私は春はルアーを見せて食わせたいので、ゆっくり巻く、誘うを意識していきます。

パワーダンクとHPFクランクスペック2を投げては巻く、を繰り返していると・・・HPFクランクスペック2を使用しているときです。

なんだか違和感を感じギュッとあわせると、グググッと魚の手応えがあり、上がってきたのは1,200gクラスの40UPでした。

2

1

カラーは大好きなサンセットタイガー

あたりがわかりずらいので、こういう時はノセ重視のグラスロッドに助けられます。

その後はバンク撃ちがしたくなり、ブッシュにてジグ01のモエビカラーにて大好きなフリッピングスタイルで着水後、「コンッ」と明確なあたりがきました。

あわせるとまたもや1,200gクラスの40UPでした。

4

ヘッドのマスタード系のカラーがいい色で、好きな色になりました。

今度は新製品のヴァルナ110と、ハイカットDRを持って利根川にまた出かけたいです。

玄関まで持ってきて車に乗せ忘れたのは秘密です。(汗)

profile

春日喜行
関東
(利根川)

全長100kmにも及ぶ利根川をトーナメントエリアとしたトーナメント団体TBCのClass-1部門にエントリー。クラシック優勝や上位入賞多数の利根川の実力者で、巻き系から撃ち系までオールラウンドにこなす。一見シンプルでありながらも釣る為のテクニックが随所に隠されたフィッシングスタイルは必見!