O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 千葉県亀山湖で開催されたフロッグ縛りのトーナメント「第1回フロッグオンリーグランプリ」でO.S.Pプロスタッフ折金一樹が準優勝を果たしました!!

千葉県亀山湖で開催されたフロッグ縛りのトーナメント「第1回フロッグオンリーグランプリ」でO.S.Pプロスタッフ折金一樹が準優勝を果たしました!!

関東メジャーレイク亀山湖でのフロッグ縛りの大会、スピンテールフロッグが準優勝に貢献!

去る12月2日(日)初の試みとなるフロッグ縛りのトーナメントが亀山湖で開催されました。
晩秋のトップゲームにも関わらず、遠方からの著名人も多数参加され、大いに盛り上がる大会となりました。

フロッグ限定戦。そんな中、O.S.Pプロスタッフ折金一樹がスピンテールフロッグで1,180gをキャッチし準優勝となりました。



大会概要
大会名:F-1ケロケログランプリGPX
日時:12月2日
参加人数:56名
ウェイイン:4名
リミット:1尾の重量
天気:晴/曇
水位:満水
水質:やや濁
気温:-3~11度
水温:11~12度

使用タックル
ルアー:スピンテールフロッグ(喰わせピンク.V)
ロッド:BLACKLABEL-FR701MHFB
リール:スティーズ100SHL
ライン:PE-Performance 5号



今回フロッグオンリーの大会ということで、いつもとは違ったワクワク感があり、大変楽しみにしていました。
もちろん出るからには釣りたいということで、考えた事は3つ。

1:トップゲームなので単純にある程度水の良いエリアやスポット。
2:直前から朝にかけての冷え込みでも、魚が出て行かない水深のあるワンドやそれに絡むカバー 。
3:活性は良いとは言えないので、フロッグのアクションは控えめで、スローに誘えるもの。またフッキングの良いもの。

以上で特別なことはありませんが、バイトチャンスは当然少ないはず!
決めつけすぎず、テンポよく広く回ることを心掛けました。

参加人数も多く、しばらく水色も良くなかったので、一番遠い笹川方面へ。
しかし途中に本湖中流域の爺さんワンドに寄り道。ワンドを回りきる所で一瞬ベイトが追われる場面に遭遇。

少し距離をとり、スピンテールフロッグで周りのブッシュを打つと、吸い込むような小さなバイト。
上がってきたのは1,180gのナイスフィッシュでした。

その後笹川方面にて3バイトあるも、ツルにぶら下がり落としたりでノーキャッチ。
しかしこの1本で準優勝。
状況は厳しかったようで56名参加で釣れたバスは4本。一本づつの釣果でありました。

4バイト全てスピンテールでとりましたが、スカートでなくブレードということが様々なメリットととして効いていたように感じました。

●秋以降、ブレードのフラッシングや小さなパーツが良く動くことはバスの反応が良い事。逆に急な冷え込みで強い首振りやポッバー音は過剰な刺激となることが多いこと。
●ラバースカートでなくブレードであることが、全体のボリュームを下げ、この時期特にありがちなミスバイトやスカートバイトを減らすことに繋がりること。それでいてオリジナルブレードの水噛みが大きいこと。
●バスを誘いだすのに時間が必要なことも多く、ノーズアップした姿勢でより一カ所でのアクションに長けているため、短いスポットでより長く誘えること。

以上を踏まえた上で、ちょっとした小細工をしました。
それはブレードに通るスプリットリングに太めのシングルフックを通すというもの。
実際に貴重な一本はこのフックに掛かっていました。

アクションレスポンスは殺さず、小さめなシルエットでバイトを絞らせ、決して大きくないトレーラーフックで最大の効果を得れるものです。
大会全体としてみますと、バイトがあったという人はかなり多かったようです。

しかし、実際キャッチされたのが4本ということを考えれば、このチューニングは効果的であったと思います。
是非ともお試し下さい。

item list

O.S.P

ハードルアー

ソフトルアー

ワイヤーベイト

ジグ

メタル

フロッグ