O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 旧吉野川にて香川県香西釣具店様主催のバスフィッシングトーナメント香西カップ第2戦が開催され、O.S.Pプロスタッフ坂本洋司&浦川正則ペアがドライブクロー4″&ブリッツMAX-DRで優勝!

旧吉野川にて香川県香西釣具店様主催のバスフィッシングトーナメント香西カップ第2戦が開催され、O.S.Pプロスタッフ坂本洋司&浦川正則ペアがドライブクロー4″&ブリッツMAX-DRで優勝!

旧吉野川にてドライブクロー4

6/10(日)、旧吉野川にて香川県香西釣具店様主催のバスフィッシングトーナメント香西カップ第2戦が開催され、O.S.Pプロスタッフ坂本洋司&浦川正則ペアがドライブクロー4″&ブリッツMAX-DRで優勝しました。
O.S.Pプロスタッフ坂本洋司よりレポートが届きました!

(写真:アフタースポーンから回復しているバスをターゲットとし挑んだ旧吉野川で活躍したO.S.Pルアーズ。)



香西カップ第二戦in旧吉野川に、同じO.S.Pプロスタッフの浦川君とペアを組んで参加してきました。

プラの感じではアフター回復初期のバスが多く、アベレージが700g前後の痩せたバス。
居そうな所ではわりとイージーに反応はあるものの、キロ以上のバスを選んで釣れない・・・。
なのでいかにキロフィッシュを混ぜれるか。

本番は水位が定水日なので、風が凄くキーになる感じ。
そしてこの香西カップはエレキ戦なので、エリアがおのずと限られくる為いかに効率良くエリアを廻れるか・・・。
そんなプランを立てながらプラクティスは終了。

そして本番、スタート!
私達の選んだエリアは、今切スタート地点から旧吉上流川崎橋までの区間。
プラン通り、スタート地点すぐそばにあるオーバーハングとブレイクの絡む箇所でいきなりラッシュ!

バラシもありましたが5バイト3フィッシュ、キロを一本含む700g台二本。
ルアーと釣り方は自作の直リグ1/4oz.にドライブクロー4inと言う組み合わせで、ブレイクショルダーからのフォール中や、オーバーハングが冠水した葉っぱの真下でのヒットでした。

ここで話しは少しそれますが、直リグ(ジカリグ)とドライブクローの組み合わせの利点として・・・。
フォール中に食って来るタイプのバスにはテキサスやジグなどでも良いのですが、今回はアフター回復初期段階が多いためまだ追いきれない・・・。

しかもサスペンドしているバスが多いようでした。
そのためカバーやブッシュ内で枝に引っ掛け少しシェイクしてやると、ワームを水平に保てるのが直リグ。

その直リグに最も適してるのがドライブクローと言う訳です。
ツメのロール気味アクションやボディと各パーツの時間差アクションなど水平に保とうとする動きからなる波動が果敢には追いきれない回復初期段階のバスに好反応でした。

しかも他の選手が入れ代わり立ち代わり入った後でも引きずり出す事が出来てるので、「ドライブクロー万歳!」でした(笑)

話しは戻り・・・、その後は上流に向かい、途中のリップラップ帯では浦川君のブリッツMAX-DRのクランキングが火を噴き5本リミット達成!
そして入れ替えにも成功!5本4キロはとりあえず突破!

浦川君の使用したブリッツMAX-DRは固定重心のため、狙う軌道からそれない。
ゆえに浦川君は、こぼれてる石や地形の変化をロッド操作やリールハンドルの巻き速度を調整しながら、「ここぞ!」と言う所では丁寧に丁寧に何度も通し、後にはペンペン草も生えないくらい無駄無く通す姿が印象的でした。

ちなみにヒットカラーはテネシーシャッドでした。
そして勝負場所の上流川崎橋は不発。
下りながら風の当たるカバーを、直リグ+ドライブクロー4inで撃ち入れ替えに成功!

更に別の箇所でも同方法で入れ替えに成功!この時点で5本約4600g。
勝つまではいかないであろう微妙なウェイト。
帰着30分切った所で帰着に向かう。
納得のいかない二人は最後まであがきまくる・・・。

そして帰着寸前の事・・・、もう時間もないので、本当に最後の最後に朝一釣ったオーバーハングへキャスト!
そして浦川君が「ヨ~ッシッ!!」と吠える!

例のドラクロに奇跡のヒット!
明らかに入れ替えサイズ!
慎重に慎重ランディング。

そしてネットイン!ネットに入った瞬間二人して雄叫び上げてました(笑)
1240g。400g強ウェイトアップ!
終了4分前の出来事でした(笑)
そして帰着、5本5010gでウェイン。



結果・・・優勝!!!
最後本当にしびれるドラマ的瞬間でした!
ちなみに使用したドライブクローのカラーは私がアメザリ、浦川君はインパクトブルー。

赤と青で気難しい旧吉を攻略してきました(笑)
最後に、直リグとドライブクローのカラー、ブリッツMAX-DRのカラー選定理由として・・・
直リグは、昨年秋の切れたウィードが溜まったマットの直下を狙う為に導入して、軽いシンカーでもカバー貫通力がいい点と、カバーに吊るした状態で誘ってもワームが水平姿勢になるので、今回プラから使ってました。

実際に誘ってしばらくのバイトがほとんどで、カバーでのバイトも増えてきていた為選びました。
カラーは、濁りがあった為朝はシルエットをハッキリさせたかったのでアメザリに、日中はシルエットはハッキリさせたいが、ワームに少し透明感が欲しかったのでインパクトブルーにしました。

クランクは朝のローライト時はチャートブルーバックで1匹釣ったすぐに、色が合ってない気がしたのでテネシーシャッドに変えて、2本目が丸呑みだったのでそのまま使いました。


item list

O.S.P

ハードルアー

ソフトルアー

ワイヤーベイト

ジグ

メタル

フロッグ