O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 琵琶湖にて開催されたBATNET第4戦にてドライブクロー4″がウィニングルアーとなりました。

琵琶湖にて開催されたBATNET第4戦にてドライブクロー4″がウィニングルアーとなりました。

ドライブクローを用い、5本で10kg超え。

4/17(日)琵琶湖にて開催されたBATNET第4戦にてドライブクロー4″がウィニングルアーとなりました。

多くの選手がコンディションのよいプリスポーンのバスに狙いを定めておりましたが、その中でも伊藤様&中山様ペアはフットボール&ドライブクロー4″の組み合わせで3m付近のハードボトムを丁寧にアプローチし、最終的になんと5本10kg超えのハイウェイトでの優勝されました。
伊藤様よりコメントを頂きました。



大会名:バットネット第4戦
日時:4/17(日)
規模:20名
天候:晴れ
風:北の風

使用タックル
ルアー:フットボールジグ3/8oz.+ドライブクロー4″(グリーンパンプキン、シナモンブルーフレーク、アメザリ等)
ロッド:バサルト6.7ft.H
リール:メタニウムMg
ライン:サンライン メタンシューターGREEN16lb.



こんにちは、伊藤正隆(イトウマサタカ)です。
4月17日はバットネット第4戦に参加してきました。

まずは4月11日のプラクティスからの状況です。
プラではルドラとドライブクローで、良い釣果が出ていました。
朝一はシャローエリアでのルドラで54cmと48cmがでました。

その後は、東岸沖のハードボトムの絡むプリのメスがコンタクトするような、3mのステージングエリアで3/8ozフットボールにドライブクロー4インチのセッティング。
ハードボトムに絡ませながら釣っていくと40アップ数本と50、52、53、60、60、61と出て、とてもいい釣りができました。ドライブクロー最高です(^-^)

そして4月17日の大会当日。
前回と同じように、東岸沖の3mハードボトムの絡むエリアでのラバージクにトレーラーはドライブクロー4インチ!
トレーラーはいろいろ試しましたが、ドライブクロー4インチが一番良かったです。

なぜかと言うと、フォーリングさせた時の「ストンッ」という感じと姿勢が釣れるイメージとぴったりだからです。
また、着底後、ラバーがフレアする時もドライブクローは誘い続ける姿勢を保ってくれるのです。

バイトがでる時はボトムをズルズルとはいずらせて、ハードボトムに絡んだら5~10cmリフトさせ、着底した時に一気に吸い込む感じです。
この時だけにバイトは集中します。

日曜日のプレッシャーでかなり釣りづらかったですが、なんとか5本10,910gで、ぶっちぎりで優勝する事ができました。


item list

O.S.P

ハードルアー

ソフトルアー

ワイヤーベイト

ジグ

メタル

フロッグ