O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 神奈川県津久井湖でチャプター東京第4戦が開催され、エコドライブスティック4.5″がウィニングルアーに、そして、エコドライブクローラー3.5″&4.5″が準優勝に貢献しました!

神奈川県津久井湖でチャプター東京第4戦が開催され、エコドライブスティック4.5″がウィニングルアーに、そして、エコドライブクローラー3.5″&4.5″が準優勝に貢献しました!

難関リザーバーの津久井湖にてO.S.Pソフトルアーが活躍!!

去る7/15(日)神奈川県津久井湖で開催されたチャプター東京第4戦にて、ドライブスティック4.5インチ(エコモデル)がウィニングルアーとなり優勝の金子伸弘様よりコメントを頂きました。

また、ドライブクローラー4.5″(エコモデル)で準優勝されました寺沢庸二様からもコメントを頂きました。



金子様

使用タックル
ルアー:エコドライブスティック4.5インチ(ウォーターメロンペッパー)
ロッド:ハートランドZ611MHRB
リール:アルファスフィネスカスタム
ライン:FCスナイパー8ポンド

金子様コメント
東京チャプター第4戦、参戦3年目にして津久井湖で初めてリミットを揃える事が出来、更に優勝まですることが出来ました!

体調不良からプラは試合二日前の金曜日に数時間入ったのみ。
湖全域を流して感じた事は、中流~下流域にはフライを守る40センチ前後のバスが多く見受けられる事でした。

中でも、中沢ワンドは赤潮が発生しているのにも関わらず、50メートルくらいのストレッチに同状態のバスが3匹確認でき、更にペアリングしているバスも居るほどでした。
会場から距離もあり水質も悪いことから、一番バッティングする可能性が低いだろと思い、試合ではここで勝負すると決断しました。

そして試合当日朝・・・。
釣れない津久井湖にも拘らず、多くの選手が前プラでバスを釣り上げていたことを知りました。

おそらく釣れた理由としては、津久井湖及びその上流域において大雨が降ることが予想されたため、下流域のダムが大量に放水となり、雨は降ったものの濁りが酷くなることもなく、放水による流れだけが発生し、バスの活性を上げた為だと考えます。

プラクティスに入れなくても相模原市防災メールにてダムの放水情報がわかります。
試合当日の朝は、極端な放水は行われて無かったため、焦ることなく自分の釣りをすることにし、予定通り中沢ワンドへ向かう決意が出来ました。

そして、スタート・・・。
ポイントに向かうも、手前で他の選手に追い越され入れ動揺しましたが、幸い水質が悪いと判断されたのか、直ぐに移動してくれたのでワンド内部へ。

プラより赤潮が更に酷くなっていましたが、居ると信じ観察し続けると、流木の下にバスを発見!
ダウンショットを岸に一度キャストし、ズル引くように入水させると即バイト!!幸先良く800グラムを手にできました。

更に周りを観察し続けると4~5匹の子バスの群れが回遊して来たため、スモールワームのノーシンカーを投げ入れると、一番大きい個体が飛び付き500グラムをGET!
数分で2匹のバスを手にする事が出来ました。しかし後が続かず。

更にオカッパリアングラーが近付いてきたため、同ストレッチを流す事が出来なくなり、ワンドを出る事に。
その後はワンドの入り口の岬を攻めるも、ノンキーしか釣れず大きく移動をすることにしました。

ところが、移動を始めたところで竹と大規模レイダウンの複合エリアが目に入り、急遽Uターン。
結果この判断が優勝を決める一手になりました。

ポイントに入り、まずは外側の枝からドライブスティック4.5インチのバックスライドセッティングを撃っていくも反応なし。
最後に最奥の入り組んだ所へ投げ入れると、フォール中にラインを弾くような当りがあり、これがキッカーとなる推定900グラム!!

一度はカバーにラインを巻かれるも、オフセットフックが貫通していた為、バレる事無くラインを手で手繰り寄せ無事キャッチ。
興奮のあまり、湖でひとり、吠えてしまいました(汗)

その後は、他のネストを回るもバッティングにより攻められず、猛暑で体調も悪化してきたため、会場に戻り釣りするも、試合終了となりました。
帰着すると多くの選手が検量していたため、このウェイトではシングル入賞位かと思っていましたが、なんと15グラム差でまさかの優勝となりました。

予定外のキッカーをもたらしてくれたドライブスティックに感謝です!



寺沢様

使用タックル
ルアー:エコドライブクローラー3.5″(グリーンパンプキンペッパー)
ルアー:エコドライブクローラー4.5″(ライトグリーンパンプキン・ブルー&ペッパー)
ロッド:GWT62SLP+
リール:イグニス2506
ライン:FCスナイパー4lb.

寺沢様コメント
先ずこの原稿を書く機会を頂いたO.S.P社様に深く感謝致します。

7/15NBC東京チャプター第4戦参加の為、前日プラクティスを行った感じでは、数こそ少ないですが未だフライを守っている魚がいたのと、サマーパターンの釣りにイマイチ反応が良くないという結果から、やはり今年は季節の進行が少し遅れているように感じました。

なので、チェックをアフターよりのエリアと釣りにシフトしました。
ベイトとなるオイカワの溜まっているフラットに隣接したブレイク絡みのスタンプ群に、ルアーはecoドライブクローラー4.5″(ライトグリーンパンプキン・ブルー&ペッパー)の1.3gネイルシンカーのネコリグを入れると、、、、
1投目から1,600gをキャッチできて、エリア・釣り方・ワームが合っていると感じました。

津久井湖は決して魚の多いレイクでは無いので、釣果のピークを前日に持って行ってしまう危険性もあるので、微調整は試合当日に行うとしてプラクティスを終了しました。
本番での狙いは、アフターやや回復傾向にある魚です。

試合当日、迷いなく前日1,600gをキャッチしたエリア「GPSでマークしてあるブレイク&スタンプ群」へ向かいます。
リグは昨日同様、ecoドライブクローラー4.5″(ライトグリーンパンプキン・ブルー&ペッパー)。

なんと、またも1投目から700gクラスをキャッチ。
数投後に300gクラスとノンキーパーを数匹キャッチしましたが、その後さっぱりバイトが止まり耐える時間が続きました。

おそらく、残されたチャンスは、午後に風によるカレントが出る時間しかないと感じました。
昼過ぎに待望の風が吹きカレントが出始めたので、朝一のエリアに入り直しプレッシャーを考慮し、ecoドライブクローラー3.5″(グリーンパンプキンペッパー)のショートリーダーダウンショットでアプローチし、スタンプに絡ますようにシェイク&ステイをしていると、ステイの後にティップが入る重みのあるバイト。

今戦準優勝に導いてくれた1,300gクラスをキャッチすることが出来ました。
私の絶対的信頼を置くO.S.Pドライブクローラー3.5″&4.5″。

このワームはサーチベイト、喰わせベイト、リアクションベイトと全てに対応出来る最高のワームだと思います。
今期よりO.S.P社様のワームがecoとして発売され、ecoトーナメントでも抵抗なく試合に挑めNBC東京チャプターでも4戦中3戦お立ち台に上がらせて頂き結果が出ています。

残りの試合もしっかり練習しA.O.Y獲得出来るよう頑張ります。有難う御座いました。



item list

O.S.P

ハードルアー

ソフトルアー

ワイヤーベイト

ジグ

メタル

フロッグ