O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > NAB21(成田エアポートバサー)第2戦にてドライブスティックFATがウィニングルアーになりました!!

NAB21(成田エアポートバサー)第2戦にてドライブスティックFATがウィニングルアーになりました!!

4月22日(日)、千葉県印旛沼で行われたNAB21トーナメント・2ndステージで、早野雅樹選手は2,190gというビッグフィッシュを含む3本4,540gというナイスウェイトで、2位に大差を付けて優勝いたしました。その際使用されていたルアーはドライブスティックFATです。ご本人から詳しいお話を聞けましたので、ご紹介したいと思います。



試合前日、甚平沼西岸で朝一に1バイトとれ、太陽が上がってからは気温も上がって5バイトとれました。水路状になっているスポットです。過去、並木さんがいい釣りをしたところです。

当日も同じ場所に入ったんですが、9時半までに首尾よく2本とれました。風もなく厳しい状況だったんですが、なんとか絞り出したという感じです。

その後、10時半ごろに風が吹き出して、本湖をみればいい感じの波っ気でした。そこで岬の先端に出てパラアシを攻めたら50cm2,190gのビッグフィッシュが来たんです。

リグはドライブスティックFATのバックスライドセッティング。テールの揺れ方が絶妙で、破格の釣果を生み出してくれます。今回は風の裏側に回って、まだ生え揃っていない葦の新芽の中を細かく撃って行きました。

1本の葦に対して、上と中と下を1回ずつ撃って行ったのです。こういう細かなアプローチができるのもノーシンカーならでは。テキサスだと1回で終わりですからね。

そういえば4月1日に印旛沼で行われたNBCチャプター千葉では2位になりました。こちらは飯野機場をメインに釣り込み、2本2,690gでした。

こちらの釣りは葦が奥まであるスポットで、新芽と枯れ葦が混在しているボトムをECOドライブスティックの1.8gテキサスでズル引きました。風がモロに当たる場所だったので、すり抜け重視であえてテキサスを採用したんですが、今回もドライブスティックがいい仕事をしてくれました。

早野さま、ありがとうございました。そしておめでとうございました。

item list