O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ釣果レポート > 10月4日(日)に芦ノ湖で行われたNBCチャプター神奈川最終戦5150 products CUPで中村宗彦選手がアイウェーバー74SSSを使い3本3,150gで見事優勝されました!

10月4日(日)に芦ノ湖で行われたNBCチャプター神奈川最終戦5150 products CUPで中村宗彦選手がアイウェーバー74SSSを使い3本3,150gで見事優勝されました!

10月4日(日)に芦ノ湖で行われたNBCチャプター神奈川最終戦5150 products CUPで中村宗彦選手がアイウェーバー74SSSを使い3本3,150gで見事優勝されました!



ご本人よりコメントが届いております。

試合前日に台風が太平洋側を通過し日曜も強風予報でした。
それを見越して朝の集合時間を1時間遅らせ大会が開催されました。朝の気温も10度台前半に冷え込み、芦ノ湖の水温もここ1週間で一気に下がっていました。台風通過後の吹き返しの北風が強く風下はザブザブ。最近の芦ノ湖は放流バスが大きく900g前後あり、数が出にくいネイティブメインで行って揃わないと放流3本に負ける傾向がありました。
そこで朝イチは放流バスをポークで3本揃えて3㎏手前ぐらいのスコアをメイク。その後はネイティブで入れ替えを狙って行きます。例年の傾向で10月に入ると水温が低下しワカサギが表層・中層・ボトムといろいろな場所にいることでワカサギに依存するバスが増えてきます。私がアイウェーバー74SSSを多用する時季の一つです。風の当たるブレイク沿いにある大岩やブッシュ手前などを狙ってアイウェーバーを遠投して行きます。風があるのでドリフト的にラインをU字にたるませ風に引っ張らせて狙っているラインを通します。いつも以上の風でかなりスラックが出ているのでバイトしてもアワセのタイミングがズレやすくネイティブを3本出して1本キャッチでしたが1,200~1,300gの入れ替えサイズ。しかしこのウエイトでは勝てないと思い帰着しましたが、放流バスもネイティブもタフな一日だったようで検量すると3本3,150gで優勝できました。年間ラインキングも4位にアップ(昨年は年間優勝)。
アイウェーバー74SSSは今回のような風の強い中でも飛距離がでる点が良く、あと風でラインを持っていかれても水に張り付くように水をつかんでくれます。なので風で流され過ぎず、狙ったコースを通せる点が気に入っています。多分ジョイントだからなのだと思います。ラインは年間で見るとPEとフロロを両方使っていますが、今回はフロロ5lbにし波や風の影響でルアーが動きすぎないようジワーッと流せるようなセッティングにしました。岩やブッシュに入られないようギリギリのセッティングが必要なのでドラグ性能が高いスピニングリールを使っています。


[使用タックル]
・ロッド:フルレンジ64Ⅼ(テイルウォーク)
・リール:スピーキー2000HGX(テイルウォーク)
・ライン:フロロカーボン5lb
・ルアー:アイウェーバー74SSS(リアルワカサギVer.2)


NBCチャプター神奈川最終戦表彰台 大会結果


NBCチャプター神奈川年間表彰台  年間成績

item list

O.S.P

ハードルアー

ソフトルアー

ワイヤーベイト

ジグ

メタル

フロッグ