O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ > 最新情報

【O.S.P動画】琵琶湖「ギル喰い」一日中バイトを得る究極法:ドライブSSギル by 三宅貴浩

2020.07.09


琵琶湖で活躍するO.S.Pプロスタッフ三宅貴浩が、ドライブSSギルで次々とキャッチ!「ギル喰い」の魚が凄まじく反応するギル系ワーム「ドライブSSギル」のサイズ別使い分けやテクニックを詳しく解説。ぜひご覧ください!

■ドライブSSギル
https://www.o-s-p.net/products/dolivessgill/

7/5(日)愛知県入鹿池で開催されたJB入鹿池第1戦にてラウダー50を駆使しプロスタッフ阿部貴樹が2本3,265gで3位入賞を果たしました!!

2020.07.07
7/5(日)愛知県入鹿池で開催されたJB入鹿池第1戦にてラウダー50を駆使しプロスタッフ阿部貴樹が2本3,265gで3位入賞を果たしました!!



使用ルアー
ラウダー50(GSジェードシャッドチャートベリー/HFワカサギ)
大会結果

【本人コメント】
7月5日(日)に開催された、JB入鹿池・開幕戦に出場して参りました。
最近入鹿池で圧倒的に釣れていたラウダー50を使用して、2本3,265gで3位に入賞する事ができました!
いつも応援してくださる皆様、ありがとうございました。

今の入鹿池は表層にいるワカサギを捕食していて、練習ではラウダー50やアイウェーバー60SSS、発売前のピクロ68Fと言った表層系ルアーが好調でした!
試合当日はプレッシャーもあり、魚のレンジが深かった事から、ポップ音でバスをコールアップできるラウダー50を使用しました。

入鹿池もですが、全国的に魚が浮いている季節ですので、今回活躍したラウダー50を始め、バジンクランクやヤマト等。トップウォータールアーを持って是非釣りに出かけてみてくださいね!

【O.S.P動画】沈むムシはこう使う!HPバグで50upを釣るテクニック【ルアテク道場その十】浦川師範代 in 倉敷川

2020.07.06


ルアテク道場10回目となる今回は初夏の倉敷川。師範代の選んだルアーは沈むムシ系ワーム「HPバグ」。沈むムシは釣れる、と言われているがどのように使えばいいのか?魚への様々なアプローチは必見です。魚がまるみえ状態なのでバイトシーンは迫力!ぜひご覧ください!

■HPバグ
https://www.o-s-p.net/products/hpbug/

アメリカのFLWトーナメントで活躍するなべさんこと渡辺裕之選手に、アメリカのフィールドで活躍するドライブスティックFATを紹介していただきました。

2020.07.03
皆様厳しいコロナの規制の中いかがでしょうか?
渡辺裕之です。
私は今日(6/6)はアメリカヴァージニア州のジェームズリバーに来てみました。



ここはタイダルリバーで潮の満ち引きがありまして今日入った場所は、下げいっぱいの一般的にいい条件と言われる状況。

桟橋やリリーパッド、サイプレスツリーなどをフリッピングで釣り始めたのですが、どうも魚のバイトは渋く2本キャッチしても、サイズも小さく重苦しいファイト。
そこでふとドライブスティックFATをノーシンカーで試すとリリーパッドからすぐに激しいアタリで3ポンドクラスがヒット!



どうもこの時間帯は底で食わせるよりもバックスライドのフォーリングの方がいい感じ
そして桟橋関係も試すとアフターですが コンディションが回復傾向へ行っている2ポンド半クラスがヒット!



改めてドライブスティックFATの威力を目の当たりにしました。
魚はどの動きに反応するのか日本同様アメリカでも瞬時に対応できなければ、バイトに持ち込むことは出来ません。
表層なのか、横に動いている方がいいのか、ボトムで食わせるのか フォーリングがいいのか? 
今日はこの時水深2~3フィートの障害物でしたが、明らかに表層やボトムよりもバックスライドに反応しました。 



残念ながらこの後水位がどんどん上昇し、バイトはボトムルアーに集中して行ってしまいましたが、有効なタイミングで貴重な2本をゲット出来た日でした。 
是非日本でもべジテーションに桟橋にと、再度このワームの威力を実感してみてください!! 

それでは皆様 Good Fishing!!


渡辺裕之 タックルデータ

Rod:7.3feet ヘビーアクション
Reel:ギア比7.3 レフトハンドル
Line:フロロカーボンライン18lb
Lure:ドライブスティックFat(グリーンパンプキンペッパー)
Hook:オフセットフック5/0

7/3(金)21:00~釣りビジョンの製品紹介番組「ギアウェーブ」にてO.S.P新製品をご紹介!!

2020.07.02
7/3(金)21:00~釣りビジョンの製品紹介番組「ギアウェーブ」が放送予定となります。

20周年記念アイテムを始め、7月中旬発売のドリッピー、8月上旬発売のピクロ68Fをプロスタッフ本田と営業曽我が詳しく解説!!



また、7/6(月)以降には釣りビジョンホームページギアウェーブコーナーにて動画が配信スタートとなります。

是非ご覧ください。

※放送予定
7/3(金)21:00~
7/4(土)25:00~
7/5(日)14:00~
7/6(月)17:00~
7/7(火)12:00~

8月上旬発売予定の新製品・新色をご紹介します

2020.07.01

O.S.Pプロスタッフの登場メディアをご紹介します

2020.06.30
≪並木敏成≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン8月号」
特集「沈黙を破るi字系」に登場。バスの攻撃本能を刺激するi字系ルアー。警戒心を抱くバスに口を使わせる魔力があるi字系ルアー「iウェーバー」に新たに追加された60mmサイズ。このモデルの特徴をくわしく解説しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪折金一樹≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン8月号」
特集「エキスパート20人のベイトパターン100」に登場。亀山ダムをホームとするオリキンが選ぶベイトパターンの必釣ルアーを紹介。ぜひご覧ください!

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス8月号」
連載「諸国漫遊 釣り行脚」に登場。今回の特集はムシ系ワーム。HPバグをはじめオリカネ虫の特徴を紹介しています。この時期必須となるムシパターンのテクニックをぜひご覧ください!

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「つきぬけろ!オリキン もばいる」・・・2016年のH-1グランプリA.O.Yを獲得し、いまや名実ともに関東屈指のロコトーナメンターとなったオリキン。「つきぬけろ!もばいる」ではそんな彼が十代のころより出場し続けている“トーナメント”をメインテーマに、試合のメインパターン、各地のフィールド解説、お得意のルアー改造ネタなどを紹介中!毎週金曜日更新!

≪山岡計文≫

■メディア名/釣り人社「バサー8月号」
特集「全国人気フィールド・ボイルパターン」に登場。山岡がホームとする七色貯水池のベイトパターンを紹介。季節に準じたベイトの動きや狙いどころを紹介。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン8月号」
特集「エキスパート20人のベイトパターン100」に登場。池原・七色ダムをホームとする山岡が選ぶベイトパターンの必釣ルアーを紹介。ぜひご覧ください!

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス8月号」
「Angling Bass Closeup 中層爆釣テク・ホバストフック大解剖」に登場。ホバーストローリング、略してホバストの火付け役、山岡計文が独自のセッティング方法を紹介。ぜひご覧ください!

≪北田朋也≫

■メディア名/釣り人社「バサー8月号」
特集「梅雨どきバスの食リポ」に登場。霞水系のおかっぱりで活躍する北田が、梅雨どきのベイトパターンを紹介。魚のコンディションと捕食するベイトの種類を深く掘り下げています。オススメルアーやタックルセッティングなどすぐに参考になる記事満載です。ぜひご覧ください!

≪浦川正則≫

■メディア名/釣り人社「バサー8月号」
特集「全国人気フィールド・ボイルパターン」に登場。浦川がホームとする旧吉野川のベイトパターンを紹介。ぜひ本誌をご覧ください!

≪林晃大≫

■メディア名/内外出版「ルアーマガジン8月号」
特集「沈黙を破るi字系」に登場。バスの攻撃本能を刺激するi字系ルアー。警戒心を抱くバスに口を使わせる魔力があるi字系ルアー「iウェーバー」に新たに追加された60mmサイズ。このモデルの特徴をくわしく解説しています。ぜひ本誌をご覧ください!

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス8月号」
連載「ビギナーの弱点を強さに変える特別補習講座 ブレイクスルー#12」に登場。野尻湖ガイドを営む林晃大が、スモールマウスバスの攻略テクニックを紹介。基本的なルアーのチョイスやパターンを解説しています。ぜひ本誌をご覧ください!

≪茂手木祥吾≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス8月号」
「ステイホーム期間中の行動が釣果を左右する!? 再び釣り場へ立つ前のチェックリスト」に登場。ステイホーム中に必須の小物のチェック、ストックの補充などをくわしく解説。ぜひ本誌をご覧ください!

≪本田賢一郎≫

■メディア名/コスミック出版「アングリングバス8月号」
連載「諸国漫遊 釣り行脚」に登場。今回の特集はムシ系ワーム。HPバグをはじめオリカネ虫の特徴を、折金一樹と共に紹介しています。この時期必須となるムシパターンのテクニックをぜひご覧ください!

≪寺沢庸二≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
今月から相模湖の情報発信を担当することとなった寺沢庸二が登場。NBCチャプター東京相模湖・津久井湖戦で通算7回優勝、2016年の年間総合優勝を含め計4度ものAOYを獲得している寺沢が、シーズナルな情報をルアマガモバイルでお届けしております。

≪鈴木隆之≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「T’s 裏磐梯ノート。」・・・2012、2014年とJB桧原湖年間チャンピオンを獲得! 現在はJBトップ50、JBマスターズシリーズで活躍中。無類の勝負好きで、豊富なトーナメント参戦経験を持つ鈴木プロが、毎週桧原湖スモールの攻略法を紹介!毎週火曜日更新!

≪山添大介≫

■メディア名/内外出版社『Lure Magazine Mobile』
コーナー名/「沼人生活のススメ」…印旛沼に誰よりも多く船を出し、その努力の甲斐あってNAB21やNBCなどの印旛沼トーナメントで数多くの優勝や年間タイトルを獲得してきた真の沼人。低水温期でも足繁くフィールドに通い、多数のビッグバスをキャッチするなどシーズンを問わない実力派ロコアングラーだ。そんな沼人、山添大介さんによる最新の印旛沼攻略情報を毎週金曜日にお届けしております!!

7月上旬出荷情報

2020.06.30
ユーザー様及び販売店様各位

7月上旬出荷の新色・新製品が、ただいま全国の販売店様へ出荷中でございます!




新色:i-Waver60sss(12色)



新製品:O.S.P×bassmania handlure BUZZIN Tシャツ(3色4サイズ)
     O.S.P×bassmania 総柄ハイブリットショーツ(3色4サイズ)
新色:O.S.Pロゴメッシュキャップ(5色)

店頭に並びますタイミングにつきましては、各販売店様へお問い合わせいただきますようお願いいたします。


※7月上旬に発売予定となっておりましたドリッピーですが、生産工場からの入荷遅延による影響で、発売が7月中旬へ延期となりましたことをご報告させて頂きます。
発売を楽しみにされてましたユーザー様、ならびにご注文を頂いております販売店様には延期となりましたこと深くお詫び申し上げます。

6/28(日)千葉県印旛沼で開催されたABCオープントーナメントにてプロスタッフ山添大介が3本4,160gで見事優勝!!

2020.06.30
6/28(日)千葉県印旛沼のアサヒナボートさんで開催されましたABCオープントーナメントにてプロスタッフ山添大介が3本4,160gで見事優勝を果たしました!!

天候:雨
水質:濁りあり
水温:24℃



使用ルアー:ドライブビーバー3.5″(グリパン/チャート、ワイルドテナガ)5、7gテキサスリグ
          ドライブショット4.5″(グリパン/チャート)ノーシンカーリグ バックスライドセッティング

【本人コメント】
アサヒナボートさんで開催されたオープントーナメントに参加してきました。

コロナ禍の影響に加えて、未明から本降りの雨で悪天候での開催となりましたが、参加者は33名とまずまずでした。

試合中に、水位が15cm程増水してしまう大雨の中でしたが、ドライブビーバー3.5″とドライブショット4.5″で大会最大魚1,960gを含む4,160g/3本で優勝することができました。

ドライブビーバーは相変わらず抜群の安定感。
バスの口からテナガエビの髭や手が出ていることが多いこの時期は、バックスライド系が非常に効果的で、アシやガマの中を、ノーシンカーでしっかりと送り込む事が出来るドライブショット4.5″も早速活躍してくれました。

まだ使ったことのない方は是非試してみて下さい。

【O.S.P動画】カスミでケロケロ10連発!!ドリッピー実釣&使い方解説 by 山岡計文 50upを筆頭にグッドサイズを次々とキャッチ!

2020.06.30


ワームフロッグだからこその柔らか素材フロッグ「ドリッピー」。テッケル共同開発のドリルテールはただ巻きでグルグルと回転して引き波を発生。トゥイッチすると水を捉えてネチネチと首振りアクションを披露します。この動画ではドリッピーの生みの親「山岡計文」が霞水系で大暴れ!なんと50upを含むグッドサイズを10連発!またドリッピーのアクションテクニックを詳しく解説!迫力ある動画をぜひ御覧ください!

■ドリッピー
https://www.o-s-p.net/products/drippy/