O.S.P,Inc.

Movie動画

トップページ > 動画

寺沢庸二が徹底解説!! ドライブクローラーのカバーネコリグテクニックat千葉県三島ダム

2018.05.09
神奈川県相模湖・津久井湖をメインに活躍するスーパーロコ、寺沢庸二。NBCチャプター東京にて通算7回の優勝を獲得し、計4回も年間総合優勝している超実力派の寺沢が、千葉県三島ダムに挑みます。

この動画では、いま注目されているカバーネコリグ(ドライブクローラー4.5インチ使用)をメインに、浮きゴミやストレクチャーがからむカバーを攻略し、複数の魚をキャッチしています。

寺沢のカバーへのアプローチは、季節を選ばず通年で役に立つテクニックです。ぜひこの動画をご参考にしてください!

■ドライブクローラー
https://www.o-s-p.net/products/dolivecrawler/

関連商品

ドライブビーバー4”水中アクションムービー

2018.05.08
ドライブビーバー4インチの自重は約12.2g。先行リリースされたドライブビーバー3.5インチは約8.2gで約4gアップ。0.5インチ差でありながら自重は150%アップしており、キャスタビリティのみならず、キャストアキュラシーをも向上。また、フォールやスイミング時にバサロパドルが大きく水を掻くことで圧倒的な存在感を放ちます。この動画では、ドライブビーバー4インチで有効となる様々なリグの水中アクションシーンをご紹介しています。ぜひご参考にしてください!

■ドライブビーバー3.5インチ水中アクションムービー
https://youtu.be/d1Mcn6290Ug

■ドライブビーバー
https://www.o-s-p.net/products/dolivebeaver/

関連商品

ハードベイトの強弱を理解し、ワンモアキャッチを狙え!〜晩春の旧吉野川水系おかっぱり by浦川正則〜

2018.05.07
旧吉野川水系をメインに活躍するO.S.Pプロスタッフ浦川正則がハードベイトだけを手におかっぱりに挑戦!

ロケが実施されたのは4月下旬。天気予報に反し晴天無風のコンディションのなか、ハイピッチャーMAXをはじめ、ラトリンブリッツやラウダー70などハードベイトで次々と魚をキャッチする浦川。

師範代と呼ばれる浦川の状況に応じたルアーセレクトやアプローチをはじめ、スピナーベイトのウエイト別使い分けなどすぐに役立つ解説も満載のムービーになっています。ぜひご覧ください!

■ハイピッチャーMAX
https://www.o-s-p.net/products/high-pitcher-max/

■ラトリンブリッツ
https://www.o-s-p.net/products/rattlinblitz/

■ラウダー70
https://www.o-s-p.net/products/louder70/

並木vsオリキン 亀山ダムで実釣対決!! ドライブシュリンプ6インチをはじめ様々なO.S.Pルアーが大活躍!!

2018.04.26
4月上旬の千葉県亀山ダム。ロッド&リール誌の企画で並木とO.S.Pプロスタッフ・オリキンの同船ロケが行われました。連日25℃の夏日を記録していたにも関わらず、ロケ当日は最高気温11℃前後という冷え込み・・・

この状況で最初に並木が手にしたルアーはドライブシュリンプ6インチ。2016年、亀山ダムのビッグバスレコード(61cm 5,264g)もこのルアーでキャッチされている。亀山ダムでは一般的な小中サイズのルアーを使用するオリキンに対し、このスペシャルウェポンが炸裂!!

またHPミノー、ジグ05タッガー、ドライブビーバーなど様々なO.S.Pルアーで釣果をあげていく二人は必見。とくにHPミノーは、並木が特徴や使い方を詳しく紹介。ぜひ参考にして頂きたい。

オリキンの超絶テクニカルなスピニングキャストシーンから、並木とオリキンの愉快?な掛け合いまで、見どころ満載のムービーです。ぜひご覧ください!

関連商品

北田朋也のカロリーセッシュでフィッシュ!! 春の霞・利根川水系 ともっちvsヒタチノ編

2018.04.24
O.S.Pプロスタッフ随一のヘビー級アングラー、北田朋也。カスミ・利根川水系をホームフィールドに、季節に関係なく汗をかきながら釣り歩いている。

昨年12月に公開したこのシリーズは、前回はいわばエキシビジョンマッチ。釣ったバスのウエイトはあくまでも目測でした。したがって今回からはきっちり計測しようということでハカリを導入。果たして春のビッグバスをキャッチして、ハイカロリー摂取となるのか?

また今回は霞ヶ浦水系を拠点に活動しているYouTuber「ヒタチノ釣りチャンネル」のおふたりをゲストに迎えてロケを実施。ゲストである「ヒタチノ釣りチャンネル」にも容赦なく、釣ったサカナのウエイト分のカロリー摂取というお題が課せられます。

にぎやかなメンツで行われた今回のロケ。果たして、結果はどうでたのでしょうか…?なお、「ヒタチノ釣りチャンネル」では今回の撮影の裏側が前編・後編で公開されています。そちらも合わせてお楽しみください!!

ヒタチノ釣りチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCR6NfdQFQ50Xe55TSI7BoCg

Seasonal Tips Files_012~竹内一浩が解説する春の長門川・将監川~

2018.04.11
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナーSeasonal Tips。

今回はTBCトーナメントで活躍中のO.S.Pプロスタッフ竹内一浩が、長門川および将監川をご紹介。

利根川へとつながる支流で、レンタルボート店もいくつかあり、休日ともなると多くのアングラーで賑わうフィールド。見た目に釣れそうなカバーも多く、さまざまなスタイルの釣りが楽しめる。

今回はそんな魅力いっぱいのフィールドを、春のビッグバスを手にするためのオススメエリアもまじえながら徹底的に解説します!!

関連商品

オリキンinKOREA ドライブビーバーで初コリアンバスをゲット!?

2018.03.31
3月下旬、韓国で開催されたO.S.Pイベントに出演するため初めて韓国を訪れたオリキン。イベント終了後、帰国までのわずかな時間で韓国のフィールド・ゴサン湖に挑戦!

前情報ほぼゼロの状態で訪れたところは大規模なリザーバー。低水温&広大な冠水エリアが広がり、ロコアングラーも苦戦するコンディションのなか、韓国でも威力を発揮しているドライブビーバーを手にコリアンバスに挑むオリキン!

見事キャッチできるのか? それともそれともオリキンならではのオチで終わるのか?ぜひ本編をご覧ください!

■ドライブビーバー
https://www.o-s-p.net/products/dolivebeaver/

関連商品

並木が春のニゴリを徹底攻略!! カバークランキングの王道ブリッツMRが炸裂!!

2018.03.16
舞台は早春の神奈川県・相模湖。いつもアングラーで賑わい、常にプレッシャーにさらされているメジャーフィールドだが、当日上流部は想定外の激ニゴリ・・・。多くのアングラーがあきらめて水の状態がよい下流部へ移動するなか、並木はあえてニゴリに挑んでいく。そして並木がセレクトしたカバークランキングの王道ルアー「ブリッツMR」が炸裂!

この動画では、並木があえてニゴリに挑む理由と、なぜブリッツMRがカバーに強いのかを徹底解説。春から秋にかけて頻発するニゴリ対策の参考になること間違いなしです。また、並木監修により誕生したダイワNewリール「SVライト」の優れた特徴も紹介。

悪条件を逆手にとり、ブリッツMRで引きずり出した2本のビッグフィッシュは圧巻!見どころ満載の実釣ムービーです!ぜひご覧ください。

■ブリッツMR
https://www.o-s-p.net/products/blitz-mr/

関連商品

iウェーバー74 SW-F&ドライブホッグでメバル&カサゴナイトゲーム

2018.03.09
O.S.Pプロスタッフの遠藤正明が、これから旬を迎える海のナイトゲームについて解説!まずはi-Waver74 SW-Fを使った表層のメバルゲーム。バチ抜け(イソメ類が表層を漂い、それをメバルなどが補食すること)を強く意識したメバルを攻略するために、遠藤正明が手掛けたi-Waver74 SW-Fで興奮のトップウォーターゲームをご紹介。またドライブホッグのテキサスリグでは、良型のカサゴが!水深3m前後のかけ上がりを流していく釣りは、バスフィッシングでのテクニックを応用できます。またバスタックルでも何ら問題なくチャレンジできるので、この動画を参考に、ぜひチャレンジしてください!!

■i-Waver74 SW-F
https://www.o-s-p.net/products/iwaverswf/

■ドライブホッグ
https://www.o-s-p.net/products/dolivehog/

並木敏成がはじめてのフィールドを解析!The三島湖チャレンジ!!

2017.12.28
これまで、レンタルボートはヘラブナ釣り師のみに解放されていた千葉県・三島湖。

この秋、バスフィッシングのアングラーにも開放されたということもあり、非常に注目を集めているフィールドである。

今回、このはじめてのフィールドに並木敏成がチャレンジ。まずはフィールド全体を見て回り、魚探をかけ、このタイミングでバスがどこにいるのかを絞り込んでいく。

そしていよいよロッドを手にして挑む実釣編では、状況に応じてさまざまなルアーを駆使し、次々と三島湖のバスをキャッチしていく。

並木敏成が独自の視点でフィールドを斬り、絞り込んでいくその過程は必見。この動画を参考にはじめてのフィールドだけでなくホームグラウンドを見直してみれば、また新たな発見があるかもしれません!

関連商品

並木&TAK三宅が七色ダムのディープ最強メソッド「ドライブクローラーのネコリグ」を徹底解説!!

2017.12.25
この撮影の前日に開催された「下北山村キッズバススクールin七色ダム」のトーナメントにて、沈黙する船団のなかで唯1人、次々と魚をキャッチしたTAK三宅。この動画では、ディープの最強メソッド「ドライブクローラーのネコリグ」のテクニックを並木&TAK三宅が徹底解説します!!ぜひご覧ください。

■ドライブクローラー
https://www.o-s-p.net/products/dolivecrawler/

関連商品

冬のカスミ水系 今井新の「オススメ」を紹介!!

2017.12.22
W.B.S.をはじめとする霞ヶ浦でのトーナメントに参戦し、これまで数々のビッグタイトルを手中に収めてきた実力派アングラー、今井新がO.S.P動画に初登場!

今回は冬の霞ヶ浦水系を舞台に、寒くなるシーズンならではの釣りを今井新の「オススメ」と題してご紹介していく。

とはいえ、こういった動画に出演するのははじめてというだけあって、緊張が画面を通して伝わってきますが、そこは温かい目で見てやってください。コメントも一部、カミカミなところもありますが、これもまたご愛敬、ということで… この動画を参考に、冬のシャローゲームをご堪能ください!!

関連商品

北田朋也のカロリーセッシュでフィッシュ!! 冬の霞水系おかっぱり編

2017.12.20
O.S.Pプロスタッフ随一のヘビー級アングラー、北田朋也。カスミ・利根川水系をホームフィールドに、季節に関係なく汗をかきながら釣り歩いている。

そんな北田に課されたお題は「釣ったバスのウエイト分のカロリーを摂取することができる」というもの。例えば800gのバスを釣った場合、800kcalを摂取することが許されるのだ。

今回は冬のカスミ水系を舞台に、ハイカットシリーズとオーバーライドという、いわばこの時期の定番アイテムを手に、カロリー、いや、バスを求めてラン&ガン! 果たして、ヘビー級アングラー北田朋也の空腹を満たすバスをキャッチすることはできたのか!?

初回ということで甘めの目測計上にしていますことをご了承ください。また釣り場で北田を見かけても、むやみに食品を与えないでください……

関連商品

ハシタク、どうしよう。第3回「カズ山岡ガイドで七色ダムを堪能」の巻

2017.12.13
前回、はじめての七色ダム釣行を半日ながら楽しんだハシタク。

下北山村でのキッズバスフィッシングスクールで講師を務めたその翌日は、同じO.S.Pプロスタッフの山岡計文を招集し、ガイドフィッシングを堪能しよう、という目論見だった…

朝のうちは小雨混じりのローライトコンディションという絶好の釣り日和。表層でいくつか反応を得たものの、HPシャッドテール3.1インチの表層i字引きという不慣れな釣りに戸惑いを隠せない様子。

しかし、そこはハシタク。ひとたびコツを掴めば「楽しい~」という声が思わず漏れるほどの上達ぶりを見せる!

一方のガイドさんこと、カズ山岡はというと… ハシタクを前にいつもの調子が出ず、こちらは思わず口をついた言葉が、あのひと言……

さてさて、今回もいろいろと見どころ盛りだくさんに仕上がっておりますので、ぜひご覧ください!!

関連商品

ハシタクどうしよう。第2回「ハシタク、はじめての七色ダム」の巻

2017.11.24
たいへん長らくお待たせしました! 各方面で絶賛されている(と願いたい…)、「ハシタク、どうしよう。」の第2回目がいよいよ公開!

サイコロで行き先を決める、はずが今回はいきなり奈良県七色ダムへ。そう、2回目にしてすでに本筋がブレブレのこの企画。まぁ、ときにゆるく、ときにストイックにというコンセプトを考えれば、これもまたヨシ、ってことで。

さて、ハシタクにとってはじめての七色ダム。ホームレイクの霞ヶ浦とはほど遠い、真逆の超クリアレイクに戸惑いを隠せない様子。ですが、そこは百戦錬磨のハシタク。開始早々に七色アベレージを連発。さらにビッグバスとの遭遇もあり、今回も笑いありの一本に仕上がっております。

そして七色ダム釣行後編では、あの「リビングレジェンド」も登場!?こちらの公開は、しばしお待ちを……

では、ハシタクがはじめて挑む七色ダム編をお楽しみください。

関連商品

オリキンぱんでみっく 第2回 オーバーライドでディープ攻略の巻

2017.11.21
独特の感性を持つオリキンこと折金一樹が、独自の視点でO.S.Pの各種ルアーを解説する新シリーズ。

好評を博している第一回に続き、今回のテーマはオーバーライド。オリキンのホームレイク、亀山湖での実釣はまたしても雨… しかし撮影ができないほどの降雨量ではないので敢行。すると開始早々にアベレージサイズをキャッチ。さらに……!?

今回もオーバーライドの特徴やオリキンが実戦している使い方まで、じっくり解説しています。日に日に寒さが増してくるこの時期。オーバーライドなしでは釣果もあり得ない!? この動画を参考にぜひ、ディープ攻略にチャレンジしてみてください!!

■オーバーライド
https://www.o-s-p.net/products/over-ride/

関連商品

並木敏成 バスマスター2017ノーザンオープン第3戦ムービー

2017.11.13
2017年、バスマスターノーザンオープンにて並木敏成が7位に入賞した、第3戦ダグラスレイクでの活躍をまとめたムービーです。ステージ上でのウェイインの様子や、最終戦で活躍したルアーなどをご紹介しています!ぜひご覧ください!

関連商品

Seasonal Tips Files_011~金井俊介が解説する秋の津久井湖~

2017.10.19
そのフィールドのバスやベイトの動き、さらにはフィールド特有の癖なども把握しているO.S.Pプロスタッフ達が、シーズナルな攻略法を実釣を交え解説するコーナーSeasonal Tips。

今回はO.S.Pプロスタッフの金井俊介が、ホームグラウンドの津久井湖をご紹介。レンタルボート店「津久井観光」のスタッフを務めながらガイドも行っており、ほぼ毎日フィールドを見ているからこそのエリアガイドは必見です。

首都圏から近いこともあって多くのアングラーで賑わい、プレッシャーは言わずもがな高い。しかしここでご紹介するエリアおよび釣り方を実践すれば、バスを手にすることはそう難くないでしょう。

迫り来る冬を前に、バスは捕食を繰り返します。そんな秋の津久井湖を攻略するカギは、この動画にあるといっても過言ではありません!!

関連商品

カバー攻略専用スモラバ O.S.Pジグ05タッガー徹底解説ムービー

2017.10.02
オカッパリでのメジャースポット攻略や、プレッシャーを無視できないトーナメントシーンで大きなアドバンテージとなるスモールラバージグによるカバー攻略。

O.S.Pジグ05タッガーは、カバー攻略専用のスモールラバージグとして開発されました。

この動画では、カバー専用として徹底的にこだわったタッガーの特徴を余すところなくご紹介するとともに、実際のフィールドにおける様々なシチュエーションごとの使い方を解説しています。

解説中に思わぬビッグフィッシュも飛び出すシーンは必見!ぜひご覧ください!

■O.S.Pジグ05タッガー
http://www.o-s-p.net/products/tugger/

カスミ水系のグッドサイズを攻略!!O.S.Pジグ05タッガーを大塚高志が実釣&解説

2017.09.26
この秋、O.S.Pジグのラインナップに新たに加わる「O.S.Pジグ05タッガー」。驚異の根掛かり回避能力を見せ、あらゆるカバーを攻略するスモールラバージグです。

ハイプレッシャー化が著しく進む近年。カバーにバスは潜んでいるものの、その攻略は一筋縄ではいきません。カバーへのアプローチもフィネスな攻めが要求されるシーンが多くなってきました。そんな攻めのニーズに応えるために誕生したのが、O.S.Pジグ05タッガーです。

今回は、この05ジグタッガーをひっさげて、O.S.Pプロスタッフの大塚高志がカスミ水系のおかっぱりに挑戦。実践的な解説だけでなく、パワーフィネスとベイトフィネスや、トレーラーの使い分けについても言及しています。

そして最後には、05タッガーのポテンシャルをフルに引き出し、グッドサイズをキャッチ!この動画を参考に、この秋、O.S.Pジグ05タッガーで、カバーに潜む老獪なバスを攻略してください。

■O.S.Pジグ05タッガー
http://www.o-s-p.net/products/tugger/
1 / 1012345...10...最後 »