PROFILE

河畑文哉

関西
(琵琶湖)

琵琶湖リブレのプロフェッショナルガイド。オールラウンドなフィッシングスタイルの中から、状況に合わせたルアーチョイスと確かなテクニックで多くのビッグバスを仕留める。経験に裏打ちされた理論は説得力抜群!

これからの低水温期に活躍するルアー

パワーダンクSPは琵琶湖のこれからのシーズンに!

水温も10度を割って一桁になってくると・・・
こんにちは河畑です。
これから水温が落ちてバスの反応が悪くなってくると、パワーダンクSPが良く効いてくれます。

水温も10度を割って一桁になってくると、バスのルアーを追う動作が極めて悪くなってくるので、ルアーはサスペンドタイプでしっかりポーズを与えられ、バスにアピール出来るものが有効となってきます。

一般的なサスペンドミノーとパワーダンクとで大きく違うのは、クラス最大の潜行深度のパワーダンクは同クラスのシャッドとはレンジが大きく違うので、晩秋から春先のシャローに上がるまでのバスを狙える点で有利と言えるところです。

また、パワーダンクは小ぶりなシャッドタイプと言うところも、この低水温期はアングラーに有利なゲーム運びになること間違いないでしょう。

晩秋や真冬の低水温期にいえることなのですが、朝の著しい冷え込みがあれば水面で冷やされた水は対流してボトム付近に落ちて行くので、冷水を嫌ったバスはサスペンド状態になります。

このポジションのバスを狙うにはパワーダンクは特効薬と言っても良いでしょう。
ただ、誤解してもらいたくないのは一撃のサイズを狙うルアーではなく、バイト数の著しい少ない中で一匹のバスを手にしていくには有利と思い使って、数の中にサイズが混ざれば良しって感じで使っていただきたいのです。
その期待には十分応えてくれること間違いないでしょう。

アクション的には、リトリーブ&3~10秒程度のポーズを組み合わせるか、ボトムのウィードにコンタクトさせ、ライトリグを操るかのようにパワーダンクをウィードからほぐすように外してあげればバイトは必ず出るでしょう。

パワーダンクの性能を100%出すには、
第一に、サスペンド性能を安定させることで、水質や水温などでサスペンド性能が変わってくるので現地で調整すること。
第二に、パワーダンクはタイトな動きなので、必ず自分のタックルセレクトでアイチューンをしてほしい、きっちりリップに水を受けないと潜行深度に影響が出るので十分留意してほしいところです。

琵琶湖ではクランクのフォローとして使ってもらえれば新たな発見をしてもらえるハズですよ!
ライトリグでネッチリ狙うより状況によっては好結果をもたらすので、タフな状況に備えて使いこんでいただきたい。

晩秋から越冬ポジションに居るバスは狙えるので是非使ってみてください。

関連商品