PROFILE

河畑文哉

関西
(琵琶湖)

琵琶湖リブレのプロフェッショナルガイド。オールラウンドなフィッシングスタイルの中から、状況に合わせたルアーチョイスと確かなテクニックで多くのビッグバスを仕留める。経験に裏打ちされた理論は説得力抜群!

琵琶湖の春!

皆さんこんにちは!琵琶湖も春!スポーニングって感じで熱気ムンムン状態ですよ!
琵琶湖でのHPFクランク

今回は琵琶湖でのHPFクランクの使い方について触れてみましょう。
冬から10度を超えるくらいまでは、間違いなくルドラの独断場と言っても過言ではないでしょう。

しかし、10度を超えてくるとプリスポーニングと言う行動で一般的にはプラグでバホバホ入れ食いをイメージされると思うのですが、実際は朝の冷え込みや花冷え、ヒューマンプレッシャーなどで気難しい一面もあり一筋縄ではいかない状況なってしまいがち。

そこでHPFクランクを少し見直して欲しいのです。
フラットサイドと言う形状ゆえにラトルがボディを打つ振動波が非常に魅力!皆さんはコトコト音が良い、ジャラジャラ音が良いって聞かれたことはありませんか?

バイト数で言えば、間違いなくジャラジャラ音が良く、サイズと言う面では圧倒的にコトコト音が私の経験上有利なのです。

(写真:コトコトする振動派が非常に魅力的なHPFCRANK。)



音質以上に質量の軽いものが壁を打つ振動波と、質量の重いラトルが壁を打つ振動波ではバスに伝えられるアピール力が全く違うから、バスのサイズが違うのです。
それと琵琶湖ならではのフラットでウィードが多いレイクでは、広範囲に散ったバスを誘き寄せる効果の持ったラトル音は必要不可欠なのです。

もう一つ食性をついた狙い方では、圧倒的にルドラが有利なのですがそんな日和ばかりではなく、リアクションと言う観点ではバイブレーションやスピナーベイトも有効なのですが、どちらも両極でその中間的存在で、しっかりアクションして、派手すぎないラトル音でリアクションもアピール出来るHPFが気難しいシーズンのお助けルアーと言えるのです。

ルアーサイズ的にガンガンキッカーサイズが反応してくれる訳ではないのでお間違いなく!(50cmクラスまでは平気で釣れますよ!)

キャスト性能については、軽いので向かい風でもガンガンキャスト出来るとはお世辞にも言えません。
そこでタックルバランスでカバーしていくしかないのです。

ミディアムクラスまでの低弾性でトルクの有るロッドに、ラインは10ポンドか12ポンドでキャストもしっかりバットに重量を乗せてキャストすれば予想以上に飛距離を稼げると思いますよ!



最後にアクションですが、リトリーブの速度やポーズなど色々ありますが私が試した中で一番反応がよかったのは、スローにただ巻きがキモと言えるでしょう。
ゆっくりロッドティップにブルブルを感じながらリトリーブそれが一番です。

普通のキャストでは潜行深度は2mくらいなので、3m未満のウィードエリアではどこでも釣れてくれます。このお助けルアー是非試してみてください。
それと、超フラッシングのリアクションを好むバスにはタイフーンロングキャストモデルがお勧めですよ!

(写真:琵琶湖のトーナメントでもウィニングルアーになったりと、未知なるポテンシャルを秘めたTyphoon。)


関連商品