O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >寒い時期でも全国で活躍するハイカットDR-SPの琵琶湖での使い方を解説!

寒い時期でも全国で活躍するハイカットDR-SPの琵琶湖での使い方を解説!

2020.12.24
皆さんこんにちは。バカイチ三村です。

今回はバカイチ大好きなシャッド、ハイカットDR-SPの使用方法など紹介させて下さい。



まずは、このハイカットDRですが琵琶湖はもちろん、関西では津風呂湖や生野銀山湖などのトーナメントフィールドでも度々話題になるルアーです。もちろん、サイズが60mmってことで野池・リザーバー等どこでもイケてるルアーです。

つまりどこでも使えるってことですね。バカイチ的に1番の好きな所はこのルアーの持つ直進性能力です。

この直進性能力について使用方法ですが、よく使うのがドラッキングです。

このドラッキング。まずはボート斜め後方にフルキャストしその後、7,8回普通の速度でリーリングします。

この時点でハイカットDR-SPの深度が2mチョイ?ぐらいのイメージです。ここからロッド2本分くらいのラインをリールから出します。

ロッドの先にルアーのブルブル感を感じ取れるくらいのスピードでエレキを操船します。

このブルブル感はラインをPEラインに変えると、より分かりやすくなり集中力も上がります。

このブルブル感を感じながらボートのスピードにルアーの動きがついてこないなら自分のロッド操作で{ヘビーキャロライナリグ}を使用しているイメージで操作して最後にロッドで2回ジャーク。このジャーク時に綺麗にジャークします。

これが大きく右、左と崩れて動くと最大深度まで到達しません。ここで崩れないところがハイカットの1番の魅力、性能と思います。

しっかりと動かして、しっかりとステイを入れる。メリハリあるアクションを常に頭にイメージして下さいね!

そこでこのハイカットDR-SPのカラー選びですがバカイチ的独断偏見で、絶対的なお魚カラー。
ゴーストアユ、アイスシャッド、HFワカサギ、リアルワカサギVer.2。魚探にガンガン、ベイトの反応があれば期待大です。





そして、水が濁り気味な時、春先などは黒金オレンジベリー、シャンパンゴールドブラック、チャートブルーバック、チャートテールタイガーなどを選びます。

お魚チックなカラーと派手派手なカラー2択の選び方です。でも、ピンクレディーやクリア公魚、テイスティシャッドも大好きなカラーです。

これから冬場の琵琶湖でも活躍しますんで是非1度使ってみて下さい!

【タックル】
ロッド:スピニング 6.5ft ML
リール:2500番
ライン:フロロカーボンライン4lb~5lb、PEなら0.6号~1号にフロロリーダー1号をヒトヒロ。

profile

三村和弘
関西
(琵琶湖、津風呂湖)

琵琶湖リブレガイド10年以上。BRUSH「スピナベ馬鹿一代」でもおなじみ。05年JB津風呂湖第2戦優勝、08年JB津風呂湖第2戦優勝、09年JB津風呂湖第3戦優勝、12年JB津風呂湖第2戦優勝&年間2位など、勝負強さは抜群!