O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >日替わりの春の琵琶湖で高確率でビッグバスを呼ぶドライブスティックSPEC2 4.5″ジグヘッドリグをご紹介!

日替わりの春の琵琶湖で高確率でビッグバスを呼ぶドライブスティックSPEC2 4.5″ジグヘッドリグをご紹介!

2021.04.12
皆さんこんにちは。スピナベ馬鹿一代三村和弘です。

そろそろGWですが、今年の琵琶湖はどんな感じになるでしょうか?

爆釣の方もいれば厳しい結果の方もいる。それが琵琶湖(笑)それが春ですね。

そこで、ハズさない釣り、そしてビックバスも呼んでくれる毎年の黄金パターンのジグヘッドリグでの釣りを紹介したいと思います。

使用ワームはドライブスティックSPEC2の4.5″。これを1.4g、1.8gのジグヘッドリグで使用。

4.5″は、ややボリューム感がありますが30cmクラスでも問題なく釣れますんでご安心下さい!

そこで、なぜ?ドライブスティックSPEC2なのか?実はホンマの答えはワタクシにはわかりません。(笑)

オリジナルのドライブスティックも、SPEC2ノンソルトも、もちろん実釣にてテストしましたが、答えは塩の含有量を最小限に抑えた低比重素材のドライブスティックSPEC2。

素材の耐久性向上と水面~表層での演出力、中層での水平姿勢アクションによる食わせ能力に特化させたモデルです。

これが1番バカイチガイドが進めているジグヘッドリグでの釣りの中で実績があります。実際にバカイチガイドゲスト様もええバス釣ってもらっていますよ。

狙いは2mから4mくらいの南湖のウィードフラットはもちろん、浚渫、マンメイドとこだわりなく釣って下さい。

ウィードの種類はカナダ藻系、そして、GWくらいからそろそろエビ藻が目視できるようになります。このエビ藻を遠目からフォールで食わせる釣りで良い釣果が出ています。

アクションはまずは基本のシェイク。しかし、ずっとシェイクばかりもバイトチャンスがありません。

シェイクしながらウイードを探し、ウィードに当たればまず1回止める。ほんの2秒でも3秒でも構いません。とにかく止める。

そこから竿先のパワーを利用してウィードからスタックしているジグヘッドリグを外します。

そして、再び止める。とにかく動かした後必ずステイ。これが基本です。

あと、バカイチガイドではスラッキングって言うてます。言うても誰も知りませんが(笑)

ほんの少しの風を利用して何もしない(笑)
ボートが風で流されてただただドライブスティックSPEC2がウィードをなめるように移動しているだけ。

風が強いようならリールからラインを出して1度止めてそこから再び何もしない。これ、メスのデカい奴が反応します!

1度お試し下さい!


あと、やはり釣れ過ぎ注意なんで最近では流行りのワームリペア剤も並行して使用することをオススメしますよ。そして、バカイチガイドで実績抜群の神カラー「ゴーストシュリンプ」そして「ライブリーワカサギ」。この2色は釣れ過ぎ(笑)

ドライブスティックSPEC2のジグヘッドリグの釣りをマスターとお考えなあなた是非バカイチガイドへ遊びに来てください!

参考タックル

〈ウィードが濃いエリア〉
ロッド:スピニングロッド 6.5ft Mクラス
ライン:フロロカーボンライン5lb~7lb
フック:ジグヘッド1.4g~1.8g

〈ウィードが薄いエリア〉
ロッド:スピニングロッド 6.5ft MLクラス
ライン:フロロカーボンライン5lb~7lb
フック:ジグヘッド1.4g~1.8g

profile

三村和弘
関西
(琵琶湖、津風呂湖)

琵琶湖リブレガイド10年以上。BRUSH「スピナベ馬鹿一代」でもおなじみ。05年JB津風呂湖第2戦優勝、08年JB津風呂湖第2戦優勝、09年JB津風呂湖第3戦優勝、12年JB津風呂湖第2戦優勝&年間2位など、勝負強さは抜群!