O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >梅雨時期の琵琶湖で活躍するO.S.Pプラグを徹底解説!

梅雨時期の琵琶湖で活躍するO.S.Pプラグを徹底解説!

2021.05.21
梅雨時期のO.S.Pプラグは何が良い?この時期に活躍するラウダー70やルドラF&ヴァルナFなどは、昨年のような梅雨らしくない雨の降り方(シトシトと1時間当たり1、2mmで降る様な雨が1日、2日続くような梅雨らしい雨でなく、短時間で10~20mmの雨が降り水温低下や急激な水位の上下動、濁りを生んでしまう、集中豪雨型の雨の降り方)ではミドルレンジの釣果が安定しなかったのが正直な結果でした。それでも要所要所で活躍してくれました。

ラウダー70は大きな岬の流れの裏側や内湖や奥行きのある湾内など流れの影響を受けないシャローレンジで活躍しました。着水後3秒ほどポーズを入れてから移動距離を抑えた1アクション後2秒のポーズの繰り返しで、シャローのブルーギルを捕食しているような個体をキャッチ出来ました。ロッドは7ft前後のMHクラス+フロロカーボンライン16lbを使用します。







ルドラF&ヴァルナFも同様のエリアや浚渫エリアのハンプ上のエビモ周りなどで、ウキウキパターンなどで釣れました。
ウキウキパターンはフローティングジャークベイトである事を利用した使い方でトゥイッチ後の浮上中のバイトや完全に水面まで浮上させてからのポーズでバイトを誘う使い方です。
ラウダーにミスバイトや出きらない時に有効です。個人的にはフローティングジャークベイトではなくデッドスローにユラユラと浮上するダイビングペンシルと仮定して使用しています。水面に浮かべた状態から2トゥイッチ、3トゥイッチして潜らせてから水面まで浮上させる。の繰り返しです。6.3~6.8ftのMHクラスロッド+フロロカーボンライン14lbを使用します。







逆に濁りや放水量アップで出番が増えるルアーも。
その存在感のあるボディーで高活性のバスを狂わせるブリッツマグナムMRです。濁りの入ったボディーウォーターに面したカナダモアウトサイド3.5~4.5mで有効です。
ウィードに達するまではグリグリ巻いてウィードタッチしたらリーリングストップしその後の2、3秒の浮上アクションや、スタックした時は1発でウィードから切るようにショートに強くハングオフし一瞬ポーズを入れる使用方法で反応があります。
ロッドは7ft前後のMHクラス+フロロカーボンライン16lbを使用します。

 





琵琶湖バスフィッシングガイド 森田哲広BLOG

profile

森田哲広
関西
(琵琶湖)

琵琶湖アークロイヤルボートクラブで、フルタイムガイドを営むプロガイド。年間釣行日数は200日を超え、通称「ルドラで日本一釣る男」だが、11年にはブレードジグブレイクのムーブメントを巻き起こす。的確な状況判断にも定評があり、刻々と変化するコンディションに柔軟に対応する真の実力派。