O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >夏から秋への移行期。プロスタッフ大塚高志が様々なO.S.Pルアーで関東フィールドを攻略!

夏から秋への移行期。プロスタッフ大塚高志が様々なO.S.Pルアーで関東フィールドを攻略!

2021.10.11
O.S.Pレポートをご覧の皆様こんにちは。

千葉県の大塚高志です。

もう秋ですね!!
フォールが主体だった縦の釣りから横の釣りへと、徐々に水中の中は夏から秋に動いていますね。
楽しい巻き物の釣りの季節が到来しますね。楽しみでワクワクしています!!

ここ最近の私の釣行は「亀山湖⇒高滝湖⇒新利根川⇒北浦」と色々な水系でバスフィッシングを楽しんでいます。

亀山湖では、最近巷で話題となっているブリッツマグナムSRを使った「マグスト」でガッツリ楽しめたりと横の動きに反応が良くなって来ていますね。
亀山湖のアベレージサイズもガンガンアタックしてくるので投げていて楽しいですね~。



高滝湖では、秋と言えばのヘビキャロの釣りが定番ですね。
私は高滝湖のヘビキャロでは絶対にドライブホッグ2.5″を使用します。
理由は簡単です。良く釣れるからです。本当に良く釣れます!!
これからが本格的なヘビキャロの季節ですので、高滝湖へ釣行の際は是非、試して下さいね!!
個人的にオススメのカラーは「シナモン・ブルーフレーク」です。


新利根川では、ドライブビーバー3.5″とタッガーのカーブフォールが好調ですね。
今回の新利根川の釣行では、ドライブビーバー3.5″の5gテキサスと05タッガー3.3gにHPシャッドテール3.1″の組み合わせで楽しめました。
アシの奥にはテキサスリグ。ブッシュの中には05タッガーと使い分けます。
イメージ的には、キャストしてロッドを立ててカーブフォールする。そんな感じです。




北浦では、水面を割る激しいバイトを楽しめました!!
夏のイメージが強いトップの釣りですが、これからのターン時期にもアピールが強く良いんですよね。
今回の釣行では02ビートでナイスなコンディションのバスをキャッチする事が出来ました。
これからは本格的にスイムジグパターンも良くなりますので、霞水系へ釣行の際は是非06スリッパーを試して下さいね!!

profile

大塚高志
関東
(高滝湖、亀山湖)

亀山湖をホームフィールドとし13年NBCチャプター房総で年間1位を獲得。パワーフィネスを得意なスタイルとしながらも、そのスタイルに縛られること無く日々研究しスキルUPし続ける、情熱と行動力を備えた努力家。2018年チャプター房総第3戦にて6,660gというレコードで優勝。あらにチャプター新利根第2戦、チャプター房総第4戦、第5戦でも優勝し、チャプター房総の年間優勝を勝ち取るという偉業を達成した。