• トップ  ページ
  • STAFF
  • 巻物の秋にオススメなハイピッチャー!琵琶湖での効果的な使い方を紹介します!!

巻物の秋にオススメなハイピッチャー!琵琶湖での効果的な使い方を紹介します!!

皆さんこんにちは。スピナベ馬鹿一代三村和弘です。

暑い毎日が続きますがお盆を過ぎるころから少しづつ涼しくなるのがいつもの琵琶湖です。

この夏場も実際に少ないながらもウィードの隙間、トンネルでのバイトが多かったようです。
お日様カンカン照りなタイミングよりも曇り、雨降りそして風、といわゆる"ローライト時"にバイトが集中しました。
つまり、この夏場は朝一が特に大事なチャンスタイムとなりました。

これが秋に近づくに従い、湖の水温もほぼ同じという方向に進みチャンスタイムがより長くなります。

しかし、水温がほぼ同じとなれば魚もシャローからディープ、岸寄り、湖ド真ん中とどこにいても普通となります。

と、そこでオススメしたいのがやはりスピナベ馬鹿一代、スピナーベイト"ハイピッチャー"を押してまう(笑)。


なぜ?と言うと、広い湖をテンポよく探れるし、スピナーベイトの形状からも根がかりは少ないし、ウィードもある程度交わしてくれます。が、スピナーベイトもいろんなタイプがある中なぜハイピッチャーを勧めるのか?その理由はコンパクトサイズのミディアムタイプ。

広い湖をテンポよく探るにはデカいスピナーベイトでは体力的にもしんどいし魚にもインパクトありすぎ(笑)。

今までも何度もお伝えしているバカイチのハイピッチャーですが、ガイド時に3人でのキャスト時に1人目がミスバイトしても2人目、3人目のアングラーがバイトなんてことは何度も体験してますし、時間を空けてからおそらく同じ魚?を狙っても普通に釣れます。

これはハイピッチャーがコンパクトでスレにくいスピナーベイトであるからです。が、コンパクトサイズなんてことになれば「デカいの出ーへんやろ?」と思うかもですが「いえいえ」間違いです。デカいのも本気バイトで丸飲みバイトやら、もちろん60cmオーバーも実際にゲスト様がキャッチされています。

そして、サイズ感からのキャストのしやすさはスピナーベイトの中でもNO,1やと思うくらいキャストがしやすく、巻き感的にも1日中巻けるのもハイピッチャーの強みだと感じています。女性の方でも楽々で巻けるんでおすすめですよ。

狙い方もシンプルに考えて「目で見える」ガンガンのエビ藻周りもええし、取水等などのマンメイドもええ感じです。


釣り方はズバリ!水面直下を高速で引きます。

ここで、やってはいけないのがバジング!
これはブレードを水面上にキラリと出して魚がジャンプ?したかのような場面を作り出すテクニックですが、これ禁止!
なぜか?と言うと、ズバリ!釣れにくいからです。

バカイチの狙いは水面直下の一定のレンジを逃げる魚にリアクション的にバイトさせる釣り方で、特にデカいのが釣れるタイミングがキャストからのリール回転10回くらいまでで、「ドン」と強烈なバイトが味わえます。
ミスバイトを少しでもなくすためにトレーラーフックはお忘れなく!と、いくつか大事なことをつづらせて頂きましたが、やはり、現場での実釣での体験が1番です。

是非!秋のスピナベ馬鹿一代を体験にお越しくださいませ!

参考タックル
ルアー:ハイピッチャー3/8oz・1/2oz
ロッド:ベイトロッド 610MH+
リール:ベイトリール ギア比6.3:1
ライン:ナイロンライン 20~25lb
トレーラーフック:#1/0

関連商品