O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

オーバーライドの、極寒おかっぱり攻略法!!

2016.01.27
鹿児島の見上です。新年一発目のレポートとなりますが、本年もよろしくお願い致します。

さて、今期は暖冬でずっと暖かく、全然冬という感じではありませんでした。私の住んでいる南九州は特にです。

というわけで、今からようやく冬本番!冬といえばメタルバイブのオーバーライド!!な内容で旬な釣りを、最近行く頻度が高かったおかっぱりメインでお届けしたいと思います。

皆さんご存知の通り、メタルバイブはリアクション要素が高く、水温が下がって活性の低いバスを反射的に口を使わせることを得意とした特性のルアーです。例年寒い時期は、おかっぱり・ボートに限らずメタルバイブはだいたい11月くらいの晩秋から使い出し、真冬の2月くらいまでは多用し、良く釣れます。しかし先に述べたように今期は暖かくて水温もなかなか下がらず、メタルのリアクションの要素でハマりにくい感じでした。そして暖かさが逆に、冬前のクセのある難しい感じを引っ張って、基本的に釣行は何投げても苦戦が多かったです。

やっと年が明けてからだんだんと冬らしさを見せてきましたので、今期初メタルをオーバーライドで冬らしからぬプリプリしたグッドコンディションのバスを頂きました!

1

水温11℃前後の火山湖。ディープの反応が乏しかったため、比較的生命感のあるシャローのストラクチャー周りを軽めの1/4oz、カラーはパールピンクバック、丹念にリフト&フォールで探って歩きながら獲った1本です。

2

冬特有の、お口が赤いバスでした。

3

釣った場所で、防水カメラを水中に入れて撮ってみた画像ですが、岩やフサモ等のストラクチャーが点在していますね。フサモの様な濃くないウィードならハングオフのリアクションにも使えますし、大きめな岩なら存在感の明滅でのリアクションも狙えます。

オーバーライドはスライドフォールで広範囲多角的に攻められるのが特徴のメタルバイブです。それをストラクチャー周りで使うことによって、効率的に探ることが可能ですし、釣れるバイトチャンスの方向や角度の取りこぼしが少なくなります。

基本的に通常のメタルバイブだと「投げた点」と「着水点」間の単一方向のアプローチしか出来ません。いわゆる横方向から見た時のタテとヨコで2次元的になります。オーバーライドはこれに軸線からはみ出した奥行きのあるリフト&フォールアクションが加わりますので、3次元の「3Dなアプローチ」になります。

おかっぱりからはアプローチし辛いスポットにも入ったりするので、何かしらの変化とリンクさせることによって、オーバーライドだからこその相乗効果が生まれますよ。

以上が、先日1/4ozで釣った内容ですが、オーバーライドは最初に出た3/8ozに続き、最近1/4ozと1/2ozも加わったので、3種類のウェイトで攻めることが可能になりました。 おかっぱりだと根掛かりを考慮して軽い1/4ozを使いがちだと、獲れる魚も獲れないので少し重さの考え方についても触れたいと思います。

私は「フィールド的要素」と「バスの状態的要素」で考えます。

まず「フィールド的要素」ですが、フィールドが浅くてとか根掛かり考慮してとかで軽め、沖やディープにバスがいて遠投しなきゃいけないとかディープに早く落としたいとかで重め、という基本的な考え方。

そして「バスの状態的要素」ですが、バスが今どの程度のリアクションが効果的なのかという考え方です。

4

簡単な話ですが、フォール時の水を切って落ちる際とリフトや巻いた時のバイブレーションの波動の強さは1/2ozの質量とボディ面積の大きい方がアピール力は大です。そこから3/8、1/4と軽くなりサイズダウンすることでアピール力が小さくなります。

あくまで例えですが、今年のように暖かくてシャローからディープまでリアクション要素の低い1/4ozの反応が良いとか、急に冷え込んでシャローの魚はリアクション要素の高い1/2ozでしか釣れないだとか、良く分からないけど何故か3/8ozは口を使うとかがあります。

その時々のタイミングやフィールドでバスがハマって釣れるリアクションの大きさがまちまちなので、自分で仮説を立てつつローテーションをするというのは釣果に繋がってきますので、各ウェイトは絶対必要です。

やみくもに投げないで、いろんな要素を考えてゲームを組み立ててくださいね!

<タックルデータ>
・ルアー:オーバーライド
・ロッド:MHスピニング7ft
・リール:ルビアス2506
・ライン:サンライン PEエギULT 0.6~1号にフロロリーダー

おかっぱりオススメのタックルですが、M~MHの硬めスピニングにPEラインのセッティングです。

飛距離が出て沖のディープ越冬からシャローまでをカバーでき、尚且つPEで伸びが少ないのでフッキングも決まります。

おかっぱりだと、木や草でオーバーヘッドキャストやサイドキャストがしにくい状況下でも、ピッチングでかなり飛んでいくのでアドバンテージになります。

※耳まで覆うことが出来るO.S.Pニットワークキャップや、内側がボアのO.S.Pパーカーモデル6など、暖かくておしゃれなウェアも冬の釣りには最適ですので是非!

寒いですが、今が旬の釣りなのでオーバーライドを持って是非フィールドに出向いてみて下さい。

5

※おかっぱりしていると、よくラインゴミを見つけます。野鳥にラインが絡んで死んでしまうこともありますので、見かけたら拾うようにしましょう!

全日本バスプロ選手権西日本大会、HPシャッドテールのシューティング!

2015.12.21
鹿児島の見上です。前回のレポートで少し触れていましたが、今年の最後の公式戦「全日本バスプロ選手権西日本大会」が開催される、兵庫県の生野銀山湖へ行ってきました。

生野銀山湖は初のフィールドでプラクティスも前日の一日のみ、駄目で元々自分の経験地を思いっきりぶつけるように勢いだけの遠征です。

1ok

前日プラは、私の家から余裕で片道10時間オーバーの移動と、レンタルボートで参戦の為のバッテリーやエレキ等レンタルタックル搬入でまずクタクタに疲れたのが正直なところ(笑)時間もさほど無かったので、湖を回って雰囲気の把握と魚探掛けでほぼ終わりました。ベイトが多く水もキレイで、雰囲気は良い感じでした。

・大会一日目
少し上流のベイトの濃かったエリアのアウトサイドを重点的に釣りましたが、まったく反応なし。他の人も釣っている素振りはなしでした。雰囲気は良くても、やはり1本獲るのがウワサ通り厳しいフィールドです。少し上流にはものすごい数の船団でしたが、考えもなしに船団で釣るのは嫌なので一度下流へ下りました。結局そのままタイムアップで一日目はゼロに終わってしまいましたが、明日に向けて少し気づいたところもありました。

・大会二日目
一日目に釣ってきたのは15人。まだまだ上位は狙えると思いモチベーションはさほど下がりませんでした。二日目はスタートエリアから下流、岬のディープを狙うことにして、魚探に映るバスらしき影やベイト、ボトムの変化に、ダウンショットのシューティングで釣ることにしました。あれこれ試行錯誤しながら開始1時間半、ふと思い立ち、リーダーを短くしてシンカーを重めに、そしてHPシャッドテールのカラーをブラックにして、待望の1本目!アクション的にはボトムにてリグを上げてストンと落とすの繰り返し。ヘビダンのリアクションのイメージです。そこから別の岬めぐりや、別のリアクション系の釣り(フットボールやメタル系)に変えたりもしましたがまったく釣れず。そのままタイムアップ1本512gでウェイン。二日目単日だと3位でした。

3ok

そして総合成績では8位に入賞でした。

正直一日目のノーフィッシュが悔しいです。また次はもっと上を獲れるよう精進です。

なかなか難しいフィールドでしたが、またひとつ勉強をさせてもらいました。

<タックルデータ>
ルアー:エコHPシャッドテール2.5(ブラックブルーフレーク)
ロッド:スティーズ621ULXS-SP「GRAIL」
リール:イグニスtypeR2505H
ライン:サンラインシューターFCスナイパーBMS[AZAYAKA]3LB
フック:フィナFINESSEWACKY#6
シンカー:3.5g

4ok

タフなクリアレイクでも、ディープでシルエットのハッキリするブラックブルーフレークは重宝しますよ。

今年の公式戦は、以前より臨機応変に対応して釣ることができるようになってきたので、また来年は一皮も二皮も剥けるようにしていきたいですね!

ハイカットDRSPで、中層早巻き攻略!

2015.10.30
鹿児島の見上です。今年の公式戦トーナメントも残りあと一戦、「全日本バスプロ選手権西日本」を残すのみとなりました。
※レポートの執筆時は大会前となっております

私はJB九州カテゴリーなので、西日本大会の「兵庫県生野銀山湖」という初めて釣りをするフィールドに行くことになります。

スピニングタックルが生きてくるフィールド&今回はレンタルボートということで、予行練習に大隅湖のレンタルボートに行くことにしました。

3

フィールドとしては全然違いますが、レンタルボートアイテムの確認、タックルバランスやドラグ調整その他諸々の確認の為、シャッドとライトリグに絞ってスピニングタックルの釣りをしっかりやり込んできました。

そんな中、ハイカットDRが絶好調でしたので、ご紹介致します。

1

釣行日は9月20日、晴天微風の水温は23℃。

もう季節は秋ということで、横方向の動きに対しての反応を伺うために、「ハイカットDR」を朝一から巻いていきました。

浅いところやバンク沿いはギルや小バスばかりなので、巻くのは水深4~5mのフラット。

ベイトの小アユやオイカワを追っているバスを狙います。

水深によってロッドティップの位置(高さ)を調整してボトムコンタクトしないように気をつけ、ボトムの上0.5~1mくらいを「早巻き」で巻き続けるイメージです。

「ハイカットDR」は速いピッチとタイトアクションから、頭の回っているバスに対してすごく有効です。

バスの適水温、クリア寄りのステインな水質というバスを騙しにくい状況下でしたが、「高機動なルアーの性能+高速巻き」という使い方で、「高速で逃げていく餌らしき物」を演出し、頭の回っているバスに対してリアクションで釣り続けることが可能でした。

このような状況下の釣りでは、途中でシャッドを止めたりするのはバスにルアーだということがバレてしまいますので、とにかく動かし続けることがキモですよ。

一緒に同船したSさんも、別ルアーから「ハイカットDR」に持ち替えてもらって、ハマリ出しました。
※服で隠れて少ししか見えていませんが、腰巻のライフジャケットを付けています。

2 ここで「シャッドの性能の違いが、釣果の決定的差であるということを・・・教えてやる!」というやりとりがあったとか無かったとか(笑)秋の巻物シーズン、「ハイカットDR」を使ったシャッドの釣りも、是非ローテーションの一つとして加えてみて下さいね!

4 <タックルデータ>
・ルアー:ハイカットDR
・ロッド:スティーズ621LFS-SPLUGAR
・リール:イグニス2000
・ライン:サンラインシューターFCスナイパー4LB

~ 大隅湖のレンタルボート利用にあたっての注意! ~
1.5月~10月の土日祝日の8:00~16:00の営業(ボート管理棟連絡先:0994-45-3005)
※天候やその他条件により営業不可能な場合もありますので、事前にご確認下さい。
2.手漕ぎ12ftローボートが10艇(エレキ持込可※要船舶免許)
3.レガッタやカヌー競技の選手が練習や大会を行ってますので、航行の邪魔になったり衝突等のトラブルにならないよう距離を置いて気をつけましょう。
4.ボート管理者に釣りエリアの範囲や禁止エリア等しっかり聞いて把握してから、出船しましょう。
5.ライフジャケットは必ず付けましょう。