O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

春本番!今年の霞ヶ浦は釣れ釣れです!

2017.04.28
暖かい日が多くなりましたね~!

霞ヶ浦水系もプリ~アフターまで様々な状態のバスが釣れる状況です!

今回はそんな霞ヶ浦水系で行われたWBSトーナメント第二戦の模様をお伝えしようと思います!

今回の試合は二日間行われる試合でクラシックの行く先も大きく左右する試合でした。

目標は二日間で10キロ!まぁ~たいしてプラでは釣れておりませんでしたが(笑)

基本はシャローをメインとして攻めて、状況によって縦ストに付いて尚且つ浮いているプリのバスを狙うスタンスでした。

初日は春の訪れが早い古渡エリアに入りすぐさまキーパーをキャッチ!

リグはこの時期必須アイテム!ドライブクローラー4.5(グリパンピンク)のジグヘッドワッキー!前回のブログと同じリグですが(笑)

それだけこのリグへの自信の現れと思って下さい!

その後は流入河川に入り11時あたりでリミットメイク達成!全ての魚がこのリグにてキャッチです!

シャローを狙っていても岸から魚は離れていて誘いを長く誘うのがキーだった初日でした。

初日は4310グラムで10位スタート。

季節の進行が思った以上に早くオスが釣れる傾向でしたね。もう1本キロフィッシュ入れたいところでしたが残念。

ちなみにプラクティスでもドライブクローラーは無敵でした!

写真1 写真2 写真3

パートナーのコイケン君

二日目は朝一から景気良くファーストポイントでラッシュに出会えました!8時にはリミットメイクで8時半に入れ替え作業開始です!もちろん無敵のドライブクローラーです!

狙っていたエリアは縦ストでフォール中にバイトする事が多かった二日目でしたね。

ジグヘッドワッキーのアクションですが風などの抵抗が無い場合はロッドのさばきは縦アクションで行って下さい。そうすると比較的口の堅い良い場所にかかりやすいです!

横アクション(ロッドを下げてアクション)するとフッキングがまばらになり口の薄い部分にフッキングしてしまったりするので風の影響が無い限り縦アクションをオススメします!

フォールバイトも多くなってきた季節なのでラインもカラーラインなどがオススメです!自分はサンラインのBMSを多用していますね!

で、話は元に戻り二日目は朝一ラッシュがあったもののその後は入れ替えを出来ずに試合終了~。

写真4

今回の試合は並木さんが会場に来ていたのでゼロ申告出来ないなと気合も入っていましたよ!ゼロだとダイブの話もあがってましたからね(笑)

二日目は4985グラム。

やはり天候の影響か初日ほど釣れておらず二日目は上から二番目ほどのウエイトでした。

トータル結果は寸止めの6位と終わってしまいましたが二日間ほぼドライブクローラージグヘッドワッキーが大活躍でした!

写真5

ドライブクローラーのジグヘッドワッキーはフォールで誘えアクションで誘えるのでとっても万能君です!そして何よりもフッキングに優れています!

欠点と言えばカバーのすり抜けは悪いのでカバーの奥を狙う時期は厳しいですね!

逆を言えばそれ以外はOKなリグなので是非使って下さい!GWもドライブクローラー片手に霞にGOですね!!

ドライブクローラーが霞水系のシャローで炸裂中!

2017.04.20
春!やって来ましたね?!

水温も上がって霞ヶ浦水系シャローが炸裂してますよ!
4月16日 日曜日は自分が主催するB.B.Brotherカップを開催しました!

01

霞ヶ浦の日の出と共にスタート!

当日の天候は晴れで風は南西の風でした。始めは水深1mほどのエリアをドライブクローラー4.5及び5.5(ネコリグ)を使っていましたが、バイトは得られずポイントも移動

次なるポイントはドシャロー+ブレイクに狙いを定め攻めていきます!

とりあえずはシャローをメインでやっていこうと使ったリグはドライブクローラー4.5グリパンピンク。もうこれは神カラーですよ!!!!去年から多用していますが天候もハイライト、ローライトどちらでもいけるカラーだと思っています!

これをジグヘッドワッキーにてセット!刺し方は

02

の様にハチマキとリブの境目が自分が指している位置になります。

基本の使い方はピンクの部分を上にしてアクションを掛けていきます。そして、ラインさばきは強めにラインを叩くイメージでアクションしてみて下さい!

でないとジグヘッド自体が回転してくれないので良いアクションが生まれません。そういうアクションをかけると

03 04 05

の様にジグヘッドが360度グルッと回ります。ツートンカラーがジグヘッドワッキーにはとても合っていて明滅の効果などもありバスにしっかりとアピールしてくれます!

何よりもグリピンってカラーはO.S.Pだけでプレッシャーも低いかも!?

結果この日は10本以上の釣果に恵まれ全てがグリピンのジグヘッドワッキー!大会の結果自体は2位で終わってしまいましたが

06 07

来週のWBSトーナメントに向け良い結果なのかなと思います!

ちなみにビックの1600グラムを釣ってきた方もドライブクローラーのグリピンなのはここだけの話ですw

今年は去年と違い暖かくシャローが炸裂していますので皆さん是非是非ドライブクローラー片手にフィールドへ通ってみてください!!

WBS最終戦レポート!!

2016.09.23
WBS最終戦パートナーとなったのはOSPプロスタッフ松村プロ!

チームOSPが結成されました!

プラクティスの状況からいくと水温は24~26℃でエリアによってまちまち。

エビなどを意識して水門周辺をシンクロで探ると

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

日が出たタイミングでシャローをドライブスティック、バックスライドをやると

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

など秋めいているので様々なエリアで魚が釣れるのがこの時期の特長ともいえますね!

しかし日に日に減水傾向が進み、シャローが弱くなって来た事やベイトリンク系のバスのコンディションが良いということで

DAY1!

流入河川にさしてくるベイトを意識しながら釣っていく形で狙います。

松村プロがハイカットを投げ自分はライトリグをメインとして攻めて行きます。

朝一幸先の良く松村プロに数投目でキーパーキャッチ!

ここから松村プロの神がかり的釣果炸裂です!

ハイカット炸裂に加え松村プロの冴えっ冴えっなポイント戦略で5670グラム!初日トップウエイトでした

詳しくは松村プロのレポートをご覧ください!

DAY2

この日もスタート後、流入河川へ。

しかし前日とは水色も変わっていて松村劇場が炸裂しません。

前日とは明らかにパターンががらりと変わっています。

そんな中2日目の原動力!ドライブクローラー4.5(グリパンピンク)炸裂です!

カレントが効きだして流れが淀むアシ際でフォールでキャッチ。

1500g近いナイスフィッシュ!

この魚をヒントにジグヘッドワッキーのミドストがはまります。

ちなみに、フックセットはピンクの部分ががフックポイントに向くようにセット。

表層付近をピンクの部分が見えるか見えないかでシェイク。

明滅効果も大きく自分からも視認性が良い使い方です。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93

試合後半はハイカット劇場がお互いに訪れ入れ替えを行うもトータル4720グラム。

目標の5キロは届かなかったものの数は20本以上はキャッチしました。

結果は数グラムの差で2位となりました。残念!

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%94

そして、年間上位のみ参加の出来るクラッシック権利。

お互いクラシック圏外だったのですが見事にジャンプアップ!

松村プロ共々クラシック権獲得です。

10月15日16日も再び狙っていきますよ~!

W.B.S.北浦戦レポート!

2016.08.23
台風も多くなってきました8月!

今回はWBS北浦戦のプラクティス~本番の状況をお伝えしたいと思います。

台風の影響で増水傾向にあった霞ヶ浦ですが水門開放により水位変動は毎日ありました。

朝と夕方では水量が変わり、場所によってはカレントも考えてエリアを釣る形でした。

基本カレントの効きはじめは釣れる事が多くやはり魚が動くタイミングだと思っています。

そんな中で活躍してくれるのはやはりドライブクローラー5.5のネコリグ。

フォールしてボトムについた時のボヨヨ~ンが好きです。笑

カレントが強いのと増水によりアシの冠水、台風の影響でアシが倒れこんだりしていたのでネイルシンカーは重めの3グラムが良かったですね。

写真1 写真2

霞水系ではブルーギルカラーは鉄板です!

最近は使われる方減っていますがジグヘッドワッキーもドライブクローラーは相性良いですよ。

写真3

ドライブクローラー4.5、ジグヘッドワッキーにて

日も高い日中などは定番中の定番ドライブスティック4.5バックスライドが大活躍してくれます!

この時期のシェード狙い必需品ですね!

写真4

天候も台風の影響か晴れたり、曇ったり、雨降ったりと大気が不安定な感じが多かったプラクティス。

数は釣れるもののサイズに悩まされましたね。

しかし、掴みどころのない天候でも、万能なクランク

食わせのハードプラグタイニーブリッツはやってくれますねぇ~

良く飛び、すぐ潜る、良く動く!

ショートキャストでアピールさせたい時など最高のクランクです!

写真5

ナイスな魚1600グラム!

試合当日は、台風の影響で南西の風。

ファーストスポットに入りすぐさまドライブクロー3inテキサス(ライムチャート)でキロフィッシュ!

プラと違い釣れるスポットが離れていると確信して伝家の宝刀ドライブシャッド3.5(ライムチャート)スプリット!

バタバタと釣れ2時間もしないうちに10本キャッチ!!!

もう超ノリノリです!!!笑

しかし、ここで悲劇到来・・・

まさかのエンジントラブルで走行不能。

仕方がないですがここで試合終了です。

ここまで悔しい試合は過去TOP3に入りますね。泣

結果で言うと4310g釣りペナルティーでそこからマイナス500gで3810g。

この悔しさをバネに次戦も頑張っていきます。

しかし、ドラシャスプリット釣れすぎです!

皆さんもお試しあれ!!!

5月の霞ヶ浦!ドライブシャッド釣れ釣れですよ!

2016.05.24
5月の霞ヶ浦!ドライブシャッド釣れ釣れですよ! 暑い日が多くなってきましたね!そんな中ですがこのところ霞ヶ浦で手放せなくなっているのはドライブシャッド3.5″です!

フォールさせても良し、スイミングさせても良し!素晴らしいワームですね!

以前まではライトテキサス(2~3g)で使ったりスプリット(1~3g)で使うことも多かったのですが、今の時期はローライトですとアシから離れていることも多く、ボトムをスローに水平に誘うチェリーリグ的な使い方がオススメです!!

s_写真1 ドラシャ3.5チェリー(ブルーギルカラー)

s_写真2 同じくドラシャチェリー

ドラシャ最強と思っている自分は

アシの隙間や奥を狙う→テキサス

アシの際や先端など何処にいるか広く探る→チェリーやショートスプリット

リップラップやハードボトムやブレイクなど→スプリット(リーダー20~30cm)

的な感じで使い分けています!

もちろんウエイトやリーダーの長さはエリアにとって変えるべしですね!結論から言うと万能君ってなわけなんですよ(笑)

s_写真3 ドラシャショートスプリット 5月ももうすぐ終わり初夏に突入していくと霞ヶ浦もシャローパラダイスに突入していきますね!

このところエビも少しながらアシ際などに見かけるようになりドライブスティックがハマるのは目の前です!

新しく発売されるドライブスティックFAT!!!ゴチャゴチャなカバーにグイグイバックスライドさせて釣ってみたいですね~!!

このブログを書いている今!WBSトーナメント第2戦が終わったばかりです。結果から言うと惨敗してしまい落ち込み中でございます(泣)

プラクティスでは様々なエリアでバスを触れたのですが試合当日はノンキー君に入れ替わっていたりと歯車が合わずでした。しばらくは落ち込みMAXです。

s_写真4 2キロFISH!シンクロ2.4gドライブシュリンプ3″(ブラックブルーF)
こんな魚も釣れていたんですけどね~(泣)

ハードベイト(+フォロー)で楽しむ、霞ヶ浦の巻き物の秋!!

2015.10.07
秋本番!!!

霞ヶ浦はスピナーベイト祭りです!

今回は特にハイピッチャーカラーブレードがドハマリでした。



霞ヶ浦は秋真っ盛り!!! 水温も22~24℃に落ち着き、巻きのシーズン到来です。

今回はそんな中ハイピッチャー祭りが霞ヶ浦で訪れました。

釣行当日は雨によって平水より20cmほど増水しており、濁りも強く、比較的本湖全体が悪い感じでしたね。

そんな中で、ボクが使用したのはハイピッチャー3/8オンス・DWで、カラーブレード搭載のチャートブルーバックです!

霞ヶ浦でのシャローゲームにおいて、3/8オンスの使用率は非常に高いですね。

立ち上がりのよさとアピール力は、言うまでもありません!!!



ここで秋の霞ヶ浦において必要不可欠な要素をお話しすると…

●風により水が動くエリア

●水通しのいいエリア

●ハードボトム

この3つは絶対ですね。

プラスαの要素として、杭や水門ブレイクなどストラクチャーは多いに越したことはありません。

今回、炸裂したエリアも「アシ+ハードボトム+風の当たる面」でした。



001

002

カメラの設定がセピア調になってしまっていたため、見づらくてすいません。

04

こちらはドライブシャッド4.5インチ、コスモブラックでキャッチした一匹です。

ハードボトムのストレッチだけで楽に2ケタ以上の釣果!!! 本当に、カラーブレードがドハマリでしたね!

ちなみにこの時は、自分が主催するキムショーカップの前プラでしたので、他の出場メンバーも霞ヶ浦に浮いていました。

そんな中、朝早々にメンバーの斉藤君から電話が来て

「ヤバいです!! デカいの、釣れちゃいました!!!」

近くにいたのでさっそく行ってみると……

11

10

見事な50cmアップ!!

2kgのハカリを、軽々振り切りました。斉藤君、やるねぇ~!!!

ちなみに斉藤君が使っていたのもハイピッチャー3/8オンス・DWのヴィヴィッドパールホワイトで、

エリアもやはり水通しのいいアシ+杭とのことでした。

残念ながら自分には50cmアップとの出会いはありませんでした…(泣)



そして迎えたキムショーカップ当日ですが

朝からの強い風により前日炸裂したエリアは崩壊……

さまざまなエリアをまわり、とりあえず4本のキーパーをキャッチ。

やる気のあるサカナを狙いにいって、すぐさまルドラSP黒金オレンジベリーでキロクラスゲット!(すいません、写真は取り忘れました…)

長く攻めると見切られるので、時間を置いて入り直し。

さっきとは状況が変わって風が止んでしまったので、

ドライブシャッド3.5インチのコスモブラック(2.5gのスプリットショット)を投入!!!

10投もしないうちに……

07

ドライブシャッドのスプリット、超釣れますよ!!

しばらくして風が吹いてきましたが味方にできず、試合終了~。

09

それでも結果は、優勝です!!!

ウエイト自体は大した成績ではなかったですが、 全体的に厳しい状況だったようで優勝することができました。

秋のハードベイトゲーム。

ベイトを味方につけて霞ヶ浦釣りまくりましょう!!!

(もちろん、フォローも大事ですよ)

霞ヶ浦水系では秋はすぐ目の前です!!横の動きに反応が良くなってきています。

2015.09.11
8/23(日)W.B.Sトーナメント第4戦が行われたので、プラクティスの模様からお伝えいたします。

多忙でしたので久しぶりの霞ヶ浦釣行になってしまったのですが、比較的本湖の水温は28℃前後を行ったり来たりで、流入河川は25℃前後と、夏から秋の移り変わりの傾向でしたね。

ただ天候によってはシェードの魚も多く、比較的フォールでガンガン食ってきていてプラクティス序盤はドライブスティックのバックスライドが大活躍していました。

2

1

上記はドライブスティック4.5インチバックスライドにて!!

ただし秋を感じさせる魚も多く、ベイトが絡みやすい岬エリアや石積みの先端などを横の動きで狙うと、これから食いだすのかな?的な魚が反応してくれていました。

使うハードルアーはハイピッチャーやハイピッチャーMAX、ラトリンブリッツ、アシュラでソフト系はHPシャッドテール3.1″、ドライブシャッド3.5″か4.5″がメインです。

(写真:ラトリンブリッツMAX)

6

ハード系は基本スローリトリーブでないとミスバイトなどが多発!!!追いきれてないんでしょうね。

ソフト系はHPシャッドテール3.1″はダウンショット、ドラシャ4.5″はノーシンカー、ドラシャ3.5″はスプリットです。

特に、ここ最近自分の中でメチャクチャ釣れているのがドラシャ3.5″のスプリット!!

ウエイトは基本は軽いのを使いボトムをしっかり取れるウエイトを使っています。

1グラム〜3グラムが多い感じです。そして、リーダーの長さは20cmをベースに使います。

シンカーはガン玉ですがラインを傷めない為にもゴム張りになっているのを使った方がよいですよ。

シンプルですがノーシンカーに近くボトムも取れて根掛かりの多いハードボトムも比較的根掛かりしにくく超オススメです!!

(写真:こちらはドラシャ3.5″スプリット!)
5

プラクティス中も日を追うごとに明らかにカバーの反応が弱くなり、ブレイクやハードボトム絡みの方が反応が良く横の動きで釣れる様になってきていました。

しかし、試合当日は悪天候でメインエリアは風によって潰れてしまいサブエリアで何とか釣って4本3,430グラムと不甲斐ない結果で終了。最終戦頑張ります!!!

水の中は秋めいてきているので、皆さんもO.S.Pルアー巻き巻きでガンガン釣りに行きましょう!!

(写真:HPシャッドテール3.1″ダウンショット)
7

5月の霞ヶ浦!ドライブスティックがよく釣れていますよ!

2015.05.26
プリ、ミッド、アフターと入り混じる季節を楽しく堪能してきました!

タイトル通り、5月の霞ヶ浦は様々な状態のバス達がいてどのようなバスを狙うのかによってエリアやルアーの選択が変わってきます。

プリスポーン狙いであれば、ベイトありきでベイトがいなければほぼ皆無と自分の中では感じております。

そんな中で使用頻度が高いのは、去年から爆発的な人気を誇るルドラ!!!

霞ヶ浦水系では1番重視なのは風とベイト。特にウィンディサイドゲームで炸裂しますね。

(写真1:今回も水深が約1メートルのハードボトムでグッドな48cm、1,700gのルドラフィッシュ!)
kimura_edited-1
このときも水深が浅いため最初はフローティングのテイスティシャッドを投入していましたが、風もそこそこ強くなりアピールが必要と感じ黒金に変更して数投目できました。

カラーローテーションも釣果に大きく響きますので、こまめなローテーションは必要ですね。

基本はナチュラルカラー(ワカサギやハス、プレミアムシャッドなど)をセレクトしていきますが、ローライトだったり風が強くなった場合など状況に応じて強いカラーを投入して下さい。

自分はここまでかって言う位カラーローテーションをします。

そして、季節が進行するとアフターの魚も多くなってきますね。

アフターの魚は基本スローで狙うのですが、今回はシャローにさしてきたタイミングでしたのでドライブスティック4.5インチが活躍しました!

(写真2:48cmのガリガリ君、いかにも春の大仕事を終えた魚ですね)
20150518_kimura2_edited-1
(写真3:ドライブスティック4.5インチ、新色のグリパンチャートも活躍してくれています)
20150518_kimura6_edited-1
(写真4:ゴーストシュリンプ、ノーマルセッティング)
20150518_kimura3_edited-1
(写真5:ブルーバックシナモン、ノーマルセッティング)
20150518_kimura4_edited-1
(写真6:濁りが強かったので、ブラックレッドフレークが効きました!)
20150518_kimura5_edited-1
【カバータイトに入れるためバックスライドセッティング】
基本的にフォールで釣る釣りが炸裂していました。

もしくはフォールしてから軽くロッドでワンアクション後にラインにバイトが出ていました。

フォール中は、ラインをフリーにすることが大事ですね。

ここ最近はドライブスティックに助けられてばかりですが、はまっているのはツートンカラーですね。

フォールの時など上下が違うカラーなので、単色よりも明暗がハッキリしていてよりフォールで見せることが出来ているのかなと感じています。

今回も新色でグリパン・チャートのツートンが新色で発売されましたが使ってみたら良く釣れました!

チャート単色だと強いかなぁ~でもアピールは欲しいなぁ~と思ったときなど使って見て下さい。

タイミングによってはガンガン釣れる霞ヶ浦!

O.S.Pルアーでガンガン釣ってくださいね!

秋! 定番の“横の釣り”をご紹介します!!

2014.10.16
秋ですねぇ!

ハイピッチャーに霞ヶ浦のメインベイト、ドライブスティック! 釣れてまっす!!

食欲の秋ですね。霞ヶ浦も食欲旺盛なバスが、たくさんいますよ!

そんなバスを釣りたいところですが、台風の影響で増水したり、濁ったり、風が吹いたりとさまざまな変化が起きる時期でもあります。

そんな状況でも変化に目を向けて霞ヶ浦と向き合うと楽しい釣りができますよ!

秋といえば横の釣りですが、ハイピッチャーを筆頭にドライブスティック4.5inも炸裂しています。

これからの時期、霞ヶ浦での基本的なエリアは石積みやハードボトムをメインとして、風が当たる、もしくは流れるエリアをセレクトするといいと思います。

そのようなエリアはベイトがよく動いたり、押し流されたりなど、バスのターゲットが活発に動くのでバスも活発に動きまくりです!

そんな時はコンパクトスピナーベイトの代名詞、ハイピッチャーがおすすめです!

風の影響も受けにくいのでキャストアキュラシーが高いのもおすすめの理由ですね。

もちろんウエイトやカラーのローテーションは重要です。

自分が多投するカラーは、ホワイト系のヴィヴィッドパールホワイトやスパークホワイトチャート、カラーブレードのチャートブルーバックにワイルドギルですね。

特に今年はワイルドギルでのキャッチ率は群を抜いています。



使う場面としては、自分は濁りが強い場合はチャート系で透明度が高い場合はホワイト系です。

そして、「どっちかなぁ~?」って時はぜひ、ワイルドギルを使ってみてください!

視認性も高いですがアピールが強すぎず、弱すぎず絶妙なカラーです。

OSP1



OSP2

ハイライトでもローライトでも活躍してくれます!



そして、霞ヶ浦では定番! なドライブスティックですが…

OSP3



OSP4



OSP5



OSP6



写真を見ていただくとおわかりになると思いますが、バックスライドではなくノーマルセッティングで使っています。

秋めいてきたこの時期になるとバスもカバーの奥というより、アシの先端やハードストラクチャーなどカバー最奥から少し離れたポジションにいることが多くなってきました。

ですので、ボクはノーマルセッティングで、キャストしてからはフォールをさせて軽いトゥイッチで横の動きで使っています。

ロッドワークは竿のティップをなるべく下げて、ドライブスティックが水面まで出きらないように心掛けています。

ここぞという場所ではラインを軽く叩く程度でOKです。

水中では左右に軽くダートしているので、その動きをイメージして使ってみてください!

風が強いときや飛距離が欲しい場合、ドライブスティックの下腹部に水平にネイルシンカーを入れるとキャストしやすくなります。

横の動きのハイピッチャーとドライブスティック。この2つはこの時期、霞ヶ浦では絶対に使う武器になりますよ!

ぜひ、使ってみてください。



あっ!

並木カップに自分も参戦してきましたよ! ラトリンブリッツが活躍してくれました。

スピナーベイトよりスローに引きたい時や風が強かったり、濁ったりなどアピールがほしい時は、“ラトブリ”の出番です!

OSP7



霞ヶ浦も最近は台風などで状況変化が激しいですが、毎日違う顔を見せて楽しませてくれます。状況に合わせルアーをセレクトしてください!

先日、O.S.Pサイトで公開されました動画では、ラトリンブリッツおよびラトリンブリッツMAXの解説をしています。

こちらも合わせてご覧ください!!



目標のウエイトは達成したものの…

2014.07.25
いよいよはじまりましたスーパー3デイズ。悪戦苦闘しましたが、2位という結果を残せました! 活躍したのは霞水系ではド定番のハイピッチャーとドライブスティック。その模様をお伝えいたします!

目標は3日間で15kg!
事前にO.S.Pの草深さんと電話にてお話をしていたときに、このくらい釣ってこないと勝てないとのこと…

W.B.S.プロは怖いですねぇ~。
確かに今年は特にハイウエイトですから、これぐらい釣れてもおかしくはありませんね。

プラクティスからドンドン水位が落ちていたため、シャローのプランがあったのですが試合当日は水位が下がりつつも水深のあるアシや杭、小規模流入河川などのスポットを回る戦略で狙っていきました。

朝イチ、東浦の流入河川に行くも減水のためか、まったくサカナの反応が得られません。
すぐに見切りをつけて、古渡エリアに向かいました。

到着してすぐハイピッチャーにてキーパーキャッチ! あっ! パートナーの前島さんにです…
ちなみにこのとき、自分はハイピッチャー9g(スパークホワイトチャート)、パートナーは11g(ワイルドギル)でしたが、圧倒的にワイルドギルへの反応がよかったです。
初日はラン&ガンで走りまわりながら何とか揃え、3910g(5匹)。初日は9位で終了です。

2日目。
プランとしては初日は減水にもかかわらず意外にもシャローで釣れていたので、本湖シャロー+風の当たる側にエリアをセレクトしました。
プラクティスでもそうでしたが基本ベイトが絡まないと釣れていませんでした。
なので、風が当たる側をセレクトして、ベイトが岸に寄ってくる。そのベイトにバスがリンクしていると考えました。

もちろん回復傾向のバスなので風がバンバン当たって水が動きすぎるスポットもNGです。
かならず風をプロテクトするストラクチャーも必要となります。

この日はローライトコンディションでしたし風向きに合わせエリアをランガンして風が弱い場合は小規模流入河川をセレクトしました。
釣り方としては本湖はハイピッチャー9gおよび11gのDW(ワイルドギル)で広く探りました。

8時にはリミットを揃えることができて、風も弱くなってきたので小規模流入河川で入れ替えのバス狙いにスイッチ。
日も差してきていたので、ここでドライブスティック4.5inの出番。

今やドライブスティックのバックスライドは定番となっておりますが、今回は減水傾向にあることやカバーも奥が深いカバーで釣れるのではなくアシの先端などで釣れていたので、ノーマルセッティングで使いました。

そしてカラーはやはりブルーギル!! プラクティスから釣れていたカラーでもあり、事前にたくさん送ってもらっていたので、安心して試合に臨めました。

ひとつの川でキロフィッシュが1匹釣れれば、と思い、小規模流入河川もラン&ガンで攻めました。
この日は20匹ほど釣れに釣れて、終わって見ればこの日のトップウエイトとなる5900gを記録。
総合順位も一気に2位まで押し上げることに成功しました!

こうなってくると最終日は緊張しまくりです。
夜は緊張でなかなか寝付けず、またまた草深さんに電話をしてアドバイスや励ましの言葉をいただきました。

そして迎えた最終日。
この日は朝から雨が強く、試合中も雨が続きました。

朝イチ、前日に釣れたスポットに入り、この天気ならと02ビートをチョイス。
強い雨だったので音に反応してくれるだろうとキャストを繰り返しましたが……
不穏な空気が流れ、さらに前日どおりハイピッチャーで釣れはするものの、エリアのポテンシャルが低く感じました。

小規模流入河川に移動してドライブスティック4.5in(ブルーギル)で2匹キャッチ、そのうち1匹がキロフィッシュ!
パートナーの前島さんが、雨の影響で水が濁っているのでハイピッチャー9g・DWカラーブレード(チャートブルーバック)に変えた直後、すぐに釣り上げました。
ローライトで濁りが入った中でのナイスローテーションでしたね!

その後、流入河川を見切りベイトが絡むスポットをラン&ガン。
ドライブスティック4.5in(ブルーギル)とハイピッチャー9g・DWカラーブレード(チャートブルーバック)でリミットメイク!
その他にもバスを手にしましたが、700gクラスの魚を入れ替えることができずタイムアップ……

予想では5kgを少し超えた程度で、よくも悪くもないウエイト。
やはり天候のせいか、5kgクラスが3日目にもかかわらず釣れていました。

ドキドキしながらウエイインを待っている間、先に蛯原・星チームのウエイトがなんと6350g!! 
3日間トータルで16kg超え… 
これを聞いて、落胆しちゃいました(泣)

結果、自分は最終日5210g、3日間のトータルウエイトは15020gで2位。
1位との差は約1kg…… 
悔しいですがこれが試合ですから仕方ありませんね。

今回は3日間ハイピッチャーとドライブスティック4.5inで、楽しい釣りができました!
ドライブスティック4.5inはすべてブルーギルカラーで、ブルーフレークが効いているのか、ブルーギルを意識しているのか答えは定かではありませんが、この色が爆発的に釣れたのは言うまでもありません!

ハイピッチャーも濁り時以外はワイルドギルオンリーでしたね。
みなさん普段はあまり使われていないと思いますが、ぜひ一度、使ってみてください!
これからの時期、霞水系やブルーギルの多い野池などで活躍すること間違いなしですね!

最後に、応援していただいたみなさん、スポンサーの方々、3日間一緒に戦っていただいた前島さん、ありがとうございました!

スーパー3デイズ プラクティスレポート

2014.07.02
皆様どうもキムショーです。すっかり夏日で暑い季節になりましたね。今回はW.B.S.が主催するスーパー3デイズにボーターとして参加してきました。

まずはプラクティス編です!
まずはプラクティスですが、そもそもスーパー3デイズとは? ですが、言わなくともわかりますが3日間釣って釣って釣りまくる! のべ28時間? ぐらい釣りまくる大会です。

そして、エリアは霞ヶ浦水系から北浦までと全域に広がります。
そんな中から霞通のプロ達がボコボコ魚を持ってくるわけです。
正直言ってなかなかハードな大会です。

経験値がまだまだな自分は、とにかくプラクティスを徹底的にする必要があり、大会前5日間で霞及び北浦をプラしました。
最初の3日間は北浦をメインに、残り2日は霞ヶ浦をメインで行いました。

今年の北浦はとにかく釣れる状況でした。
スポーニングの時期も沢山の魚を釣らせて頂きました。
そう! 春のルドラが炸裂していました!
それ以来、北浦では釣りが出来ていなかったので、状況の把握とエリアの開拓がメインです。

北浦は大雨の影響で超増水の状況でした。
ドシャローだった所はシャローになり、普段はいないだろうと思われるスポットが釣れそうな雰囲気です。

シャローをハイピッチャー9gのDW(ワイルドギル)で広く探っていきます。
すぐに反応が返ってきて、回復傾向のバスが釣れました。
カラーセレクトについてですが、バスのスポニングが終わるとブルーギルのスポニングが始まり、ギルがシャローを意識してきます。

なので、この時期からはシャローの釣りをしているとギルバイトが多発してきます。
そこでワイルドギルの出番的な感じです。

朝一はハイピッチャーですぐ釣れたのですが、その後はピタッと反応がなくなります。
日の照りも強くなってきたからでしょう。
良さそうなスポットをスピンテールフロッグ(もちろんブルーギル)で狙っていきます。

すると、食いつばむようなバイト! すかさずドライブスティック4.5インチノーシンカーを投入するとラインが走りキャッチ! ガリガリ君!キャッチです。

まだガッチリ食べる体力がないのかフロッグバイトからのローテーション成功です!
ドライブスティックのカラーは、ワカサギも多いことやシャローの水質もよかったのでネオンワカサギを使いました。
濁りが中~強はブルーギルカラーが反応が多発しました!

しかしながら、この日釣れたエリアは増水限定であり、その日だけ釣れるエリアとなってしまいました。
ですが、今の霞ヶ浦水系北浦水系はその日を釣っていかないと釣れないのも正直な所です。
魚の状態を知るキッカケになったのは間違いないですね。

別の日、プラクティスを行っていくと案の定どんどん水位が落ちていきます。
天候も良く水温も上昇傾向に。

ローライトではハイピッチャーの9gもしくは11gDW(ワイルドギル)を水深に合わせて使いわけ、ハイライトではシェードやアシをドライブスティック4.5インチ(ブルーギル)を使い釣りをしていくと、、、
という感じで釣れます。
ただし回復傾向の魚なので、注意点があります。

ハイピッチャーの使い方としては、釣れているバスはほとんどのバスが口はボロボロだったりが多いのでトレーラーフックは絶対に装着です。
そして、フッキングはガッチリあわせるのではなくスイープなフッキングで行います。
フッキングが強すぎるとあわせた瞬間バレてしまったり、やり取り中に外れたりしてしまいます。

そしてドライブスティックですが、やはりフォールがキーとなりました。
魚のいるスポットがカバーの奥まで入れる必要がなかったのでノーマルセッティングです。
アシの先端に入れて、フォールさせてボトムに付いたら軽くワンアクション。
それで反応がなければピックアップ。これの繰り返しです。

基本的にフォールで食ってきていたので、ノーシンカーが有効でした。
まさにドライブスティックの真骨頂であります!

ただし、風が強くなった場合などは、お腹部分にネイルシンカーを入れたりなどもしました。
キャストもアキュラシー性が高まり腹部へのネイルシンカーでしたら若干フォールは早くなりますが動きは損なわず使用出来ます。
ネイルシンカーは1.3gを投入しました。

エリアの選択ですが、基本的には霞も北浦もベイトがいる所がキーとなります。
ベイトが絡まないエリアは魚が薄く釣りずらい状況です。

その他のスポットは小規模流入河川が良く、体力のある回復バスが良く釣れていました!
この条件は本戦でもいけると確信しシャローのランガンと小規模流入河川でプランを組み立てていきました。

プラクティスは順調に釣れていき魚のコンディションも広い範囲で探ることが出来ました。
とは言っても見れていないエリアも沢山ありますが。
これだけ広いエリアですので仕方ないですね。

次回予告
いよいよ始まった3デイズ初日からローウエイトで始まったキムショー残りの2日に賭ける思い、悪戦苦闘する中で彼がみたものは・・・
次回、まくるぜキムショー。この次もサービス♪サービス♪

キムショーより皆様へご挨拶

2014.05.22
O.S.Pに強力な新たなフィールドスタッフが加わりました!!霞ヶ浦水系を中心に活動中のキムショーこと木村翔太氏より皆様へご挨拶となります。

O.S.Pに強力な新たなフィールドスタッフが加わりました
霞ヶ浦水系を中心にトーナメントを開催しているW.B.S.のAプロに参戦のキムショーこと木村翔太氏が新たなフィールドスタッフに加わりました。

トーナメント以外でも、関東近郊のフィールドにてオカッパリからアルミボートと、様々なスタイルでバスフィッシングを楽しみながら、バスフィッシングシーンをO.S.Pとともに盛り上げて参ります。

キムショーより皆様へご挨拶となります。

【木村氏戦歴】
2006年 W.B.S.スーパー3DAYS・・・優勝
2006年 W.B.S.第4戦・・・2位

キムショーより皆様へご挨拶
皆さん始めましてキムショーこと木村翔太です。以前もO.S.P様にはお世話になっていました。
ですが諸事情により一時トーナメント休戦していました。
今年よりW.B.S.トーナメントに復帰しまして霞ヶ浦の旬な情報を提供出来ればとおもいます。
トーナメントネームもキムショーですので、以後宜しくお願いいたします。

さて、ご挨拶がてら、釣行レポートを書かせて頂きます。
4月13日(日)W.B.S.トーナメント第1戦が開催されました。プラクティスでは北浦をメインとしてエリアを絞りました。
まず北浦ですが魚のコンディションがとてもよく春を感じさせる釣りでとても反応がよかったですね。

メインはハイピッチャーと阿修羅とルドラです。特にルドラは魚を引き寄せる力は絶大です。
プラクティスではほぼハードルアーでの反応がよかったですね。

エリアの選定ですが、基本ですが水温が温まりやすくボトムが硬い地形です。主にワンド形状の場所やドック周りなどですね。
エリアの選定が決まれば今度はルアーの選び方です。自分ははじめに必ずハイピッチャーを投入します。

そして、この時期の魚は動き出したばかりの魚も混じるのでバイトしてきてもジャンプ1発でバラシてしまう事もあるので、必ずと言っていいほどトレーラーフックは着用します。

ウエイトは基本は3/8oz.を使いリーリングスピードも初めはファストリトリーブで使い、以降スローに切り替えていきます。
よりスローに使いたい場合やシャローの場合は5/16oz.や1/4oz.を使います。

ハイピッチャーでの反応がない場合は、阿修羅やルドラでの反応をチェックしていきます。
やはりこの春の時期はバスは捕食を行いますので甲殻類よりはベイトを意識した釣りがメインです。

ですので基本中の基本ですがミノーは絶対不可欠ですね。
そこで阿修羅の出番です。

このサイズでトリプルフックが3フックですのでバイトしてきても、とてもばれにくいです。
自分はストップ&ゴーで使い、次に高速のストップ&ゴーで行います。
次にデッドスローに巻いたりなどもします。

そして最終にトゥイッチで使います。今回のプラクティスもストップ&ゴーで食わなかった魚もトゥイッチだど口を使ったなどありました。
やはり魚にいかに食べやすいかが重要でしたね。
トゥイッチだと移動距離も抑えられ食べるタイミングも魚に与えられるからだとおもいます。

このようにどんな使い方をしてもしっかり泳ぎ食わせられるのが阿修羅です。
今回は止める事と広大なエリアから探し出すが基本でしたので阿修羅のSPタイプがメインでした。

ピンポイントでの釣りやカバー近くのスポットでしたらスペック2をお勧めします。
次にルドラですが今年は大変お世話になってます。
一見大型のミノーですが魚を寄せる力は絶大です。

特に霞ヶ浦や北浦など強風が吹くことは度々あります。
阿修羅だと風によってキャストしずらいですがルドラですと風の影響がありながらもしっかりと飛ばすことが出来ます。
飛距離が出るので広範囲に攻めれて更にフラットなボディなのでアピール抜群です。ルドラも自分は阿修羅と同様の使い方で使います。

今回自分の中では止めるがキーでしたのでルドラもSPを使用しました。
阿修羅もルドラもトゥイッチやジャーク、ストップ&ゴー、デッドスローと色々な使い方が出来ますが、どんな使い方をしてもしっかり泳ぎしっかり掛けれる。素敵すぎます!!!

話はそれて、W.B.S.トーナメント第一戦の結果ですが・・・
3,370gで10位でした。

状況変化に付いていけず、ふがいない結果でしたが内2本はルドラフィッシュでとても楽しめました。
春のプリプリバス、阿修羅フィッシュ、ルドラフィッシュ是非是非皆さんもお試しあれ。

霞ヶ浦K-1トーナメント

2008.04.02
3月23日(日)第1戦K-1トーナメントが開催されました。

連日強風続きでしたが、大会当日は、さほど強い風が吹くことも無く、普段は良き父であり、時にはW.B.S.トーナメントでライバルでもある父親と親子タッグで参加してきました!

ハイピッチャーでキッカーフィッシュをキャッチ!!

W.B.S.第1戦が始まる1週間前に行われたのがこの、K-1トーナメントです。連日プラクティスを行い、なかなか良い釣果に恵まれない中の参加で、正直難しい状況でした。

大会が始まり、スタート!単発ですが前日まで釣れていた、小野川へ船首を向け向かいました・・・が釣れたのは11時頃になり、ようやく1本。やはり霞ヶ浦は甘くないですね。

風が多少吹き始め、西浦本湖に作戦変更をし様々なスポットを探るものの反応を得られず終了20分前に向かった先が、石田です。

ドッグ周辺のシャローで水温も1番高く(13℃)これは!と思い、多少風当たりもあったので、セレクトしたのがハイピッチャー3/8ozDWスパークホワイトチャート。

キムショーコラムでも多く登場しているアイテムですが、霞ヶ浦での信頼度は抜群でして・・・。

普通でしたら、水深30cmに近いシャローなので1/4ozや5/16ozを使うのですがやはり風が強いのと、シャローなのでボートのプレッシャーを掛けないようキャスタビリティー重視で3/8ozをセレクトしました。

アシ際に遠投し底を取りすぎないようなイメージでリーリングを行い、アシから5メートルほど離れた所で「ズシッ」とバイト!最後の最後に来た45cm1730gでした!!

(写真:1730gのバスをハイピッチャーでキャッチ!最後まであきらめてはダメですよね!)
205_1
結果2本のみでしたが、最後の1匹が功を奏したのか、3位入賞。ハイピッチャーさまさまですね!それでは皆さんまたまたコラムでお会いしましょう!

(写真:惜しくも3位。次回はさらに結果を残せるよう、頑張ります!)
205_2
開催日:2008年3月23日
大会名:K-1トーナメント
場所:霞ヶ浦
天候:晴れ
風向:南東
タックル
ルアー/HighPitcher3/8ozDWスパークホワイトチャート
ロッド/スティーズトップガン
リール/ピクシーシルバーL
ライン/サンラインマシンガンキャスト14lb
(写真:今回はW.B.S.トーナメントではライバルにもなる、父とのタッグで参加でした。)
205_3

この時期のマストアイテムDUNKシリーズ

2008.03.14
今回はこの時期に絶対手放せないダンクシリーズのチューニングを紹介したいと思います。これをやれば釣果UPも期待大ですよ!

大活躍中のダンクシリーズ!

今年は去年に比べ暖冬ではなく、まだまだ寒さが身にしみる季節ですよね。こんな時期に活躍するのがダンクシリーズ!

シャッドプラグは、一般的にライトタックルで使う繊細なイメージが多いと思いますが、こんな中でもパワーダンクなら、ベイトタックルを使用した他のシャッドプラグには無い、独擅場的な釣りを展開することができると思います。

特にクランクやスピナーベイトなど、同じファーストムービング系でも強いな動きに反応しきれないバスに対し、パワーダンクは非常に有効。

飛距離が出るうえに急潜行することで、他のプラグ類の中ではズバ抜けてストライクゾーンが長くとれ、またピッチ(振幅)が多いのでゆっくり誘う事が出来、質の高いアピールをしてくれます。

まさに今の時期にピッタリのルアーですね。この利点を活かし、効果を発揮してくれるのが・・・

・規模の広い(霞水系など)レイクで、バスの場所が絞れていない時

・ダンクよりもっと存在感が欲しい時

のような時です。

そして、この時期に自分が良く使うチューニングなのですが、例えば皆さんは「1日釣りをしてバイトが一回しか無かった」「ショートバイトで終わっちゃったよ」などありませんか?

タフレイク代表の霞水系で釣果を伸ばすチューニングです。

下の写真は、水槽でのポーズの瞬間です。

写真1:(チューニング後)テールをついばむようなも取れる!
198_1
写真2:(チューニング前)
198_2
チューニングをしない場合でも釣れないと言うわけではありませんが、本当にタフで喰いが渋い時には、チューニングすると効果ありますよ!ちなみにロッド&リール4月号、41ページにも載せてありますのでチェックしてみては・・・?

このやり方としては、リアフックをセンターに合わせ固定させているのですが、固定させるのにフロッグなどの穴埋めに使うフロッグシーラーなどが良いでしょう。

パワーダンクはベイトタックルでの使用がメインなので、細軸フックなどにはせず、ノーマルのまま使用します。

ダンク48では細軸フックを使い、キスバイト対応「カツッ」とフッキング出来る仕様がこの時期にとても有効と感じています。

また、タックルとしては、自分はスティーズを使用しているのですが、粘りと乗りのよさ、弾きにくさをかねそろえているLow Modulusのブランク、スピニングは「スティーズ ストームシャドウ」とベイトは「スティーズ ブリッツ」を愛用しています。

この時期は、フッキングの乗りの良さを最優先したいので特に重宝しています。ダンク48はストームシャドウが付いていますが、ブリッツで使う事も多々有ります。その理由としてダンク48の特性を活かした使い方です。

例えば近距離で使う護岸沿いのテクトロ。ダンクは、小型シャッドプラグの中で、とても飛距離を飛ばすことができ、振幅(ピッチ)が多いためユックリ誘い、急角度で潜ってくれる為、近距離でのスペースでもジックリとバスにアピールできます。

他にもベイトタックルの利点として、キャストの手返しのよさ(キャスト回数が多い)、テクトロなど、ラインを出したい時に出せて、スピニングには出来ない素早い対応が出来る事があげられます。

ラインポンド数は今の時期は8LBを使用しますが、ハイシーズンなどは10LBや12LBを使います。そして、これからの時期は風が強くなる事も多々あり、濁る事も出てくるので、カラーセレクトとしては、アピールカラーで、アメザリ、マットタイガー、ゴーストライムチャートなどが必需品ですね!

ナチュラルカラーとしては、ここ最近ワカサギがとても多くなってきている霞水系なので、クリア公魚、テイスティーシャッド、アイスシャッドなど、ベイトを意識したカラー選択が良いですね!

3月に入り冷たい風はまだまだ身にしみますが暖かい日差しも続いています。春を感じつつ皆さんも釣りに行って頑張って下さい!自分も3月30日からW.B.S.第1戦が始まるので頑張らなくちゃ!

写真3:スティーズシリーズで一番好きなモデルです!
198_3

季節に併せた釣り

2007.12.06
皆さんこんにちは。12月に入りめっきり寒くなりましたね。

寒い中ですが、キムショーはバリバリ釣りに行ってます!

冬バス攻略の為のエリア選択

季節も秋から冬へ変わり、水温、体感温度共にグッと変わりましたね。

この時期に思う事ですが、活性は低いながらもなんとか釣れていたバス君達ですが、まるで姿をかき消すように急に釣れなくなる傾向が多いと感じています。

意外と1月、2月のピンスポットを狙った、真冬の方が比較的釣りやすいかもしれませんね。

このように釣りにくくなる状況として、1つは水温低下によりバスの活性が下がり、動きもスローになりルアーを食わせるのが難しくなる事。

それと、もう一つの原因は、基本的な事ですが、朝夕と日中のバスのエリアが移動する事により難しくなる事。

釣れている時期は、魚がどんなコンディションか?レンジは?活性は?など分かりやすいですが、この季節に入ってくると地形の変化やボトムマテリアルの状態、バスの動きなどを考え、先回りをして釣っていく事がとても重要になってくると思っています。

今まで釣れていたエリアを見切り新たなエリアを開拓する気持ちが大事かもしれませんね!

(写真:朝一、ハイピッチャー1/2ozDW チャートバックアユで岬の先端沖の最深部3mレンジでのバス君!この時期トレーラフック大事ですね!)
174_1
では、このような時期にどんな状況でどのように釣って行くのか、キムショー流に解説してみたいと思います。

まずエリア選択として必要な事は、少しでも水温が上がりやすいエリアを探す事、いわゆる風裏になるシャローがBESTと言えます。

もうひとつの要因としては、ディープも隣接したシャローが良いでしょう。

例えば、目に見えるエリア選択!岬の先端部分付近や、橋脚周り、漁港周り、川であればチャンネルとシャローの最も隣接する場所など。次に目に見えないエリア選択!

言わば、オダや杭、捨て網やゴロタと言った沈み物の見えないストラクチャーが何処にどのようにあるのかを把握する。

この2つの項目を併せ持つエリアがバスにとってのハニースポットと言えますね!

(写真:この時も9時ぐらいから陽が高くなりシャローと最深部の隣接するエリア※へら台!?から沖に2m程離れると水深3.5mにもなります。)
174_2
この時期にシャローに入って来るバスは、高水温を求めたり、エサを求めたりと、コンディションは悪くないはずです。

そして、今回はハイピッチャーを使用しましたが、他にもこのような状況であれば、パタパタとアピールの強いHPFや、軽いアクションでしっかりダートしてくれ、なおかつショートバイトでもフッキングしてくれる阿修羅、細かい誘いも出来るブリッツなどのハードプラグでも釣果は期待できると思いますよ!

寒い中ですが、しっかり防寒対策をしてビシバシ釣りに行きましょう!でわでわ皆さん良い釣果、良いクリスマス、良い年を!!!

(写真:上記の写真のへら台!?横でハイピッチャーにバイト!!)
174_3

秋の霞ヶ浦流入河川「桜川」を攻める!

2007.10.10
皆さんこんにちは!もうすっかり体で秋を感じますね!

今回は秋の霞水系、桜川!キムショーの釣りを展開してみます!

さあ、どうなるやら・・・ご覧あれ!!!

霞ヶ浦の桜川攻略!

さて、やってきました霞ヶ浦!釣れない、難しいと言われている霞ヶ浦ですが、今年はとても魚達も豊富で30センチ級だとかなりの本数が上がっています。

しかし、逆に本数は上がるが、求めているBIGBASSが釣れない。など多いようですが、そんな中、デッカイバスを求めて来ました桜川!

今年の桜川はとても不調な日が多く、7月8月ぐらいだと、カバーゲームでO.S.PJIG炸裂!な状況でしたが、霞ヶ浦本湖の方が水温、水質、ベイトなど安定しているせいか、川でのカバーゲームがいまいちでした。

しかし秋めいてきた最近、下流付近では、ポンポンと釣れるかわいいサイズ!しかし狙いはデッカイバス!桜川上流域を目指しリベンジに行きました。

いかにもと目に付くカバーが多い桜川ですが、人的プレッシャーによりブッシュ、アシなど目に見えるカバーでは釣りずらく、今回の狙う場所は流れの絡む所!

本来、秋をイメージしていくと阿修羅やハイピッチャーがメインで攻略していくのですが、今回活躍したのはO.S.PJIGです。

川の湖底には多くの枝や、木、堆積物などがあり、そんな中をヒョロリとスリ抜け、バスがくわえた瞬間深くガッチリフッキング出来る最強のJIGです!

見えるカバーから水中のカバーまで攻略出来る信頼度の高いJIGです。

(写真:O.S.PJIG01でキャッチした47cmのビッグバス!このサイズが釣れると気持ちいいですね!)
158_1
今回使ったメインウエイトとしては、流れの強さによっても変わりますが5g、7gを使いました。

その理由として一概には言えませんが、なるべくウエイトを軽くして流れの中でも底をギリギリ取れる状態を保ちたかったからです。

というのも、水中のストラクチャーに引っ掛け外れた瞬間!「ゴンッ」とバイト多かったからです。

重すぎるとフワッと外れなかったり、軽すぎると流れに負けて流されてしまうので最適なウエイトを流れの強さによって変えていくのが良いでしょう!

自分の経験上フワッと外れた時にバイトがある事が多いですね!そして01JIGの何よりも良い所は、豊富なカラー、ウエイト、そしてフッキング!

これがとにかくバスの口の奥にガッチリ掛かります。何故こんなにフッキングが良いの!?と思うぐらい良いんです!

(写真:奥までガッチリフッキングしてますね!)
158_2
ブラシガードの本数やガードの横長の形、横アイ、フックポイント、ウエイト表示など、他にも沢山のこだわりが語りきれないほど多くのアイディアが集結している完成形のJIGですね!!!

この日は、47センチを筆頭に数々のGOODバスを釣り気持ちの良い釣りでした。今日はこんな所で、皆さんも良い釣りを楽しんで下さい!!!

(写真:こんなシチュエーションは最高ですね!!)
158_3

W.B.S.北浦戦のプラクティス!!

2007.08.29
とても暑い日が続く毎日ですね。こうも暑いと人間がバテる所もありますが、自分は真っ黒になりすぎているくらい、黒いかも・・・。

何故って?今の霞ヶ浦、北浦、もちろん爆釣だからです!

北浦の釣行記

北浦は去年程から多数釣れていると情報が多々あり、オカッパリアングラー、ボートアングラーはウハウハとの話を耳にしてきました。

北浦は全体的に浅く、ボトムもゴロタや砂地などが多く、この時期はオカッパリからのアプローチでも狙いやすい岸際のアシ、流入河川、水門、水路、などで、サマーパターンが炸裂している状態です。

今回はそんな、北浦の釣行記を紹介していきます!!!

8月22日(水)この日の天気は朝からカラッと晴れて、セミも元気にミ~ンミ~ンと鳴いて、夏を実感させてくれる瞬間ですね!

そんな余韻もつかの間、一路北浦へ向かいました!霞ヶ浦、及び北浦の全体的な水温はナント30度!水がぬるいですね~。

そんな中、今回のメインタックルとしてセレクトしたのは、釣り分けて説明すると、、、

■縦の釣り

O.S.PJIG ZEROTWO SHOCKER & O.S.PJIHG ZEROONEです!

ウエイトとして使うのが、北浦のような全体的に浅い所では02ショッカーは1.2グラムと一番軽いタイプを多用します。

その理由としては、シャローな場所程、いかにスローにフォールさせバスにアピールするかが重要なキーとなります。

02ショッカーは他社に比べゆっくりとフォーリングし、スカートがブルブルと振るえながらアピールしてくれます。

このアピール力が他にはないO.S.P独自のこだわりといえるでしょう!

次に01ジグですが、これも主に今回は5グラムを使いました。

北浦の場合、狙うカバーポイントとしてはアシや杭などがほとんどですが、水深も浅く、濃いアシが少ない為です。

北浦で使用するのであれば殆どが5グラムや7グラムで攻略可能といえます。

■横の釣り

これは前回のコラムでも説明しました、BLITZ MAX!

良く飛び、高浮力でスナッグレス性能が高くサーチベイトとしての使用がメインでした。

北浦は比較的岸沿いに捨て網や、ロープ、オダ、など根掛かりし易い物が多いので、このような場所にはスナッグレス性能の高いBLITZ MAXがグッドです。

そして必要不可欠な物として欠かせないのがハイピッチャーです!今回北浦で一番活躍してくれたと言っても過言ではないくらいに、ビシバシとバスを掛けてくれました!

ウエイトはやはり一番ライトウエイトの7グラムを使いトレーラーフックを付けての使用です。

(写真1:ハイピッチャー7グラム DW チャートバックアユ。ライトウエイトを生かしスローリトリーブにて!)
147_1
(写真2:地形は魚探で見るとこんな感じです!)
147_2
写真1を見ると殆どがオカッパリからのアプローチが出来る所であり、今回O.S.Pルアーズがとても活躍してくれました!

縦の釣り、横の釣りとありましたが、今回は横の釣りが勝り、ハードプラグでガンガン攻めガンガンアタックして来るという気持ちの良い釣行記になりました!

そしてなによりも、午前中だけの釣りでしたがナント二桁以上の釣果!!小さいのもいますけど・・・笑。

暑さが体にジンジン響くこの季節ですが皆さんも良い釣りを楽しんでください!!!

P.S. このコラムを書き終わり、現時刻は朝の4時・・・雨が多少降っていますが、この後再び北浦に出動してきます!笑

台風直後の霞ヶ浦

2007.07.31
台風4号のおかげでフレッシュな雨が降ったのは良い事ですが霞ヶ浦の水位は超満水!久しぶりの霞ヶ浦でしたが、中々手ごわいです・・・。

W.B.S.トーナメントのプラクティスを兼ねて

台風の影響もあり霞ヶ浦は全域満水状態!全体的に白濁りが・・・やはり風の影響や雨、流入河川の影響を受けているみたいです。

曇り模様の天気で、水温も急激に下がり、このような状況だとサマーパターンと言うよりも水深1メートル~2メートル前後のクイやブレイク、水門前などに魚はいるのかな、と思いセレクトしたルアーはBLITZ MAX!

濁りが入ってしまった時や、魚のいる場所が分からない時などに良く多用します。

理由として挙げると・・・・。

●12.5グラムならではの遠投性。言わばアキュラシーキャストに繋がります。
●高い浮力によるスナッグレス性能(飛距離がでる分、スナッグレス性能は重要です)。
●リトリーブスピードによるレンジの調節が可能。
●リーリング時、手元への振動がしっかり伝わる(感度も高いと言う事です)。

総合的にまとめると、サーチベイトとしての有効性が高いルアーといえます。これだけ一つのクランクで様々な要素が含まれているのはO.S.Pならではと言えるでしょう!

写真上:この瞬間が嬉しいです!(笑)
写真中:最初はリアフックのみのフッキングでしたが、フロントフックも掛かったので抜き上げ!
写真下:う~ん・・・ガリガリ(泣)・・・でも嬉しい一匹ですね! 136_1

オカッパリやボートでも、初めての釣り場、野池など、ファーストキャストに使うルアーとして、とても重宝するはずなのでルアーの大きさにとらわれずガンガンキャストしてみましょう!

きっと、手放せないルアーになる事間違い無しでしょう!!

春の霞ヶ浦攻略!

2007.05.18
W.B.S.第3戦ももう目前。今回はプラクティスも兼ねて春の霞ヶ浦攻略に行ってきました!

霞ヶ浦近況報告!

暖かい日が続いている霞ヶ浦!釣りに行くのもとっても気持ちが良いもんですね!

暖かい中でも雨がまばらに降ったり、冷え込んだりとしているせいかあまり水質に恵まれない霞ヶ浦ですが、今回は僕の霞ヶ浦のシャローの釣りについてお話したいと思います。

シャローといっても、様々な条件のシャローがありますが、今回セレクトしたのは広大なシャローフラットで風裏になる場所、それとワンド状になるエリアです。

この時期プリスポーンとアフターが入り混じる中、なかなか大きい固体のみを狙って釣るのは難しい状況になっています。

小さいながらもプリプリのバスが釣れる所に的を絞りセレクトをした結果がこのようになりました。

(写真:High Pitcher 5/16oz TW スパークホワイトチャートでキャッチ!!この時期に的を絞って釣るのはなかなか難しいのですが、頑張った甲斐がありました!)
115_1
そしてこんな中、この時期自分が多様するのがハイピッチャー5/16oz(9g)や1/4oz(7g)です。

この時期のシャローを狙うには最もBESTなルアーと感じています。特にオカッパリからのシャローには良いと思いますよ。

基本の使い方ですが、引き方としては、底を感じつつも極力ゆっくりリトリーブ出来ると良いと思います。レンジによりウエイトを使い分けをしてスローリトリーブして下さい。

小さい固体ながらもプリがまだまだ釣れている霞ヶ浦!皆さんも是非トライしてガンガン釣りましょう!

追加で一言! 

最近暖かいせいかGWあたりから嫌なくらい良く耳にする水難事故。楽しいバス釣りもちょっとした事で、思わぬ事故に繋がります。

これからも安全で楽しいバス釣りを楽しみましょう!

1 / 11

profile

キムショー
関東
(霞ヶ浦水系)

霞ヶ浦水系をトーナメントフィールドとするW.B.S.所属の若手アングラー。06年にはW.B.S.スーパー3デイズにボーターとして初参戦し、鮮烈な優勝を果たす。14年からはAプロ登録し本格的な参戦を決める一方、トーナメント以外では、関東近郊のフィールドにてオカッパリからアルミボートと、様々なスタイルでバスフィッシングを楽しむ。