O.S.P,Inc.

Hottopics最新情報

トップページ最新情報 > ドライブSSギルが海で大活躍!?東京湾の高級魚ヒラメ・マゴチゲーム!

ドライブSSギルが海で大活躍!?東京湾の高級魚ヒラメ・マゴチゲーム!

2021.03.22
あのワームがソルトカラーに!?
バスでは定番となったあのワーム3種類が完全ソルト仕様になって誕生します。

ドライブシャッド4″・4.5″SW
ヒラメ・マゴチといったフラットフィッシュ、シーバスやハタ等、多くのソルトターゲットが好むシャッドテールワーム。ドライブシャッドSWは、早巻きでもスローリトリーブでもハイピッチかつロール主体のテールアクションでスレた魚でさえもバイトに持ち込みます。バス用のものとは違い、ノンソルト&セミハードマテリアルを使用。針持ちを良くしながらもドライブシャッド特有のアクションの質は変えない適度な硬さを追求しました。
各サイズ4色展開。

ドライブSSギル3.6″SW
海でギル型ワーム?と思われる方も多いかもしれません。
ヒラメ・マゴチといったフラットフィッシュゲームにおいて定番となっているのはシャッドテールワームですが、ギル型ワームでしか得られないバイトがあるとの現場の声から誕生したのがドライブSSギル3.6″SW。
扁平ボディーの大きなシルエット、強い水押しがドライブSSギル3.6″SWの利点。30g程のジグヘッドを使用してのフルキャスト&瞬間的なシャクリを想定し、ドライブシャッドSWと同じく、ノンソルト&セミハードマテリアルを使用。フラットフィッシュ以外のソルトターゲットに対しても多くの可能性を秘めるアイテムです。
全4色展開。

ドライブビーバー3.5″SW
ロックフィッシュ・チヌ・フラットフィッシュ等、多くのターゲットで多用されるホグ系ワーム。こちらは微量ソルトイン&セミハードマテリアル仕様。針持の良さとフッキングの良さの両立を実現した仕様。5g~30g程の幅広い重さのリグでも、2本のパドルを上下に大きく揺らすバサロアクションを損なわずバイトを誘発します。
全5色展開。



これら新・ソルト対応ワームを手に、OSP社員が東京湾に挑んだ釣行の様子をお届けいたします!!

3月某日、第6弾となる「素人ソルト部」の撮影の為OSP社員は東京湾に繰り出しました。お世話になるのは神奈川県横浜市にあります、OSPプロスタッフ遠藤正明船長率いる「アイランドクルーズ」さん。
今回狙う魚種は超高級魚ヒラメ・マゴチ!社員みんな初体験となる釣りで、釣り方も何も分からない素人たち。果たして超高級魚に出会うことはできるのでしょうか!?


今回も使うタックルは、普段から使用しているバスタックル。とは言ってもどんなタックルを使えばいいの?
遠藤船長に事前にお伺いすると、
ロッド:スピニングorベイトML~M(竿先がなるべく柔らかい方が良い)
メインライン:PE0.8号~1号
リーダー:フロロorナイロン16lb~20lb
とのこと。
上記タックルに、釣行当日は5m~10m程の水深だった為25gスイミングジグヘッドを使用しました。

ポイントは千葉県富津沖。午前中は風も少し強い中での釣行開始。ルアーをキャストしボトムまで着底させます。基本アクションはボトムでのリフト&フォール。リフト方法は、ハンドルを2~3回転させるかロッドを大きく上に煽ります。リフト時の速さや距離は各々その時に合ったものを探っていきます。フォール時はラインテンションを軽くかけてのカーブフォール。ドライブSSギルSW・ドライブシャッドSWのテールはカーブフォール時にもハイピッチかつ力強く動き魚を誘ってくれます。

開始早々、城島社員のドライブSSギル3.6″SW(ピンクバックグロウ(夜光))にHIT!
フォール時に「コンッ」という小さいバイトがあった後、リフト時に強烈なバイト!
本命のヒラメ・コチか!?…
上がってきたのはなんとナイスサイズなキビレ!本命ではないもののこの日のファーストフィッシュに船上は大盛り上がり。



そんな中、曽我社員の操るドライブシャッド4″SW(アカキン)にも強烈なバイトが!ドラグが船中に鳴り響く死闘の末上がってきたのは1mほどのホシザメ…
獰猛なサメをも狂わすドライブシャッドSW恐るべし…


これに続いてHITしたのはレジェンド釣りガール・アミさん。
またしてもドライブSSギル3.6″SW!カラーはアカキン。
上がってきたのはついに本命!良型のヒラメです!



この時合いに続けと太田社員・城島社員がダブルHIT。
使用ルアーは2人ともドライブSSギル3.6″SW。カラーはオレンジ/チャートとアカキン。
上がってきたのは2人とも本命マゴチ!



フラットフィッシュゲームの王道はシャッドッテールワーム。撮影前はドライブシャッドSWがメインになるだろうとの予想もありましたが、まずバイトが多発したのはドライブSSギル3.6″SW。
遠藤船長曰く、ここ数年でギル型ワームはフラットフィッシュに非常に有効になっているとの事。扁平ボディの大きなシルエットと強い水押しにより、フォール時の魚へのアピール力は抜群。実際この日もファーストフォール時のバイト含め、フォールの着底寸前でのバイトが非常に目立ちました。
ドライブSSギル3.6″SWの扁平ボディと独自のオクトゴナルテールのハイピッチかつナチュラルに魚を誘うアクションは、フラットフィッシュを始めとする多くのソルトターゲットへの可能性を感じさせます。

更に、麻生社員のドライブSSギル3.6″SW(ライムチャート)にはこの日の最大サイズとなる56cmのマゴチもHIT。

アタリはカーブフォール時、ボトム着底寸前の「コンッ」と言った小さなバイト。遠藤船長曰く、このような着底寸前のアタリが多いとの事。50cmを超えるマゴチは他にも混ざり、引きも強烈!

また、カラーローテーションもこの釣りの重要な要素。橋本社員は、ドライブシャッド4.5″SWからドライブSSギル3.6″SWにチェンジし、カラーもアカキンからライムチャートに変更すると一気にバイトラッシュ!30分程の間でマゴチ2本とヒラメ1本。怒涛の連続!
橋本社員は全てリフト時のバイト。強い水押しとテールのハイピッチアクションが確実に効いているとの事!



ルアータイプ・カラーでここまで差が出るフラットフィッシュゲームのゲーム性に徐々にハマりだしていく一同。
その後も、釣れる時間帯釣れない時間帯の差はあるもののバイトは続きます。
雨の後の濁りもあり、ライムチャート・アカキンといった特に水中で目立ちやすいカラーが好調。
次々にヒラメ・マゴチを手にしていきます。





一日を通してみるとドライブSSギル3.6″SWが優勢だったものの、昼を過ぎた時間帯になると、ドライブシャッド4.5″SW(ライムチャート)にもアタリが連発。やはり一日の中でも時間帯で効くルアーのタイプは変わる模様。頻繁にルアーローテーション・カラーローテーションしていくことが重要になる釣りです



結果、ヒラメ・マゴチ・キビレが合計20本弱と時期的にはこれからが旬の釣りで、ちょっと早いかな?と思っていましたが、大満足な釣果。
一日の内でドライブシャッドSWにアタリが集中する時間帯もあったものの、この日一番反応が良かったのはドライブSSギル3.6″SW!
海でギル型ワーム!?と少し信じがたい方もいると思われますが、ソルトターゲットに有効であることは確かだと実証できた釣行になりました。
フラットフィッシュの扁平な口の形にドライブSSギル3.6″SWの扁平ボディは食べやすく、フッキングが決まりやすいことも利点であると遠藤船長は語ります。

これからがフラットフィッシュゲームのベストシーズン!
王道のシャッドッテールであるドライブシャッド4″・4.5″SWのロールをともなったハイピッチアクション。ドライブSSギル3.6″SWの強い水押しとテールのハイピッチなパタパタアクション。また、今回は釣果が無かったもののドライブビーバー3.5″SWの強く水をかき回すギュンギュンバサロアクションもフラットフィッシュに効果絶大です!
皆様も是非、高級魚ヒラメ・マゴチを狙いに海へ出かけてみてはいかがでしょうか。

この日の釣行の模様は後日YOUTUBE OSPチャンネルにて公開予定です!
お楽しみに♪

撮影協力
船宿:アイランドクルーズ
〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下3丁目6-19
お問い合わせ・ご予約:090-1120-110