O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >天候や水温の変化が大きい時は、ハイピッチャーシリーズ!!

天候や水温の変化が大きい時は、ハイピッチャーシリーズ!!

2015.05.14
皆さん、こんにちは!いよいよ春本番を迎えましたね!

私のホームグランドでもある利根川・印旛沼水系もいよいよ春本番です。

CIMG8730 (2)_edited-1
水温も15度を越え、お魚さん達も元気に動き出してきました。

しかしながら、三寒四温を繰り返すこの時期は水温が安定ぜず、お魚さん達も気難しくなりがちです。

特に、この時期の利根川は日替わりで釣果に差が出てしまいます。

そうなると、安定した釣果が期待できるライトリグ系の釣りに走りがちですが、僕の経験上、ライトリグに頼った時ほど釣果に恵まれないことが多い気がしております。

天候の変化や水温変化が大きかった時ほど、僕が多用するのがスピナーベイト。

そう、ハイピッチャーシリーズの出番です!

CIMG8828 (2)_edited-1
従来のハイピッチャーでも十分ではありますが、ワンサイズ大きくなった ゛ハイピッチャーMAX ゛の登場はまさに、「待ってました!」でありました。

サイズアップによりアピール力の向上はもちろんのこと、フレアに優れるアッパースカートのみを巻いたことによるベイトフィッシュライクなシルエットは、ベイトフィッシュを強く意識する利根川の釣りにはベストマッチとなりました。

特に、ダブルウィローによるフラッシングはまさにベイトフィッシュを演出してくれますので、バイトも明確でフッキング率も向上している様に感じています。

ですので、皆さんも信じて投げ続けてみて下さいね~!春らしい体高のお魚さん達をプレゼントしてくれるはずです!

突然話は変わりますが・・・(笑)

そんな素敵なハイピッチャーMAXを持って、先日利根川で開催されたTBC(利根川バスクラブ)2015第1戦に参加してきました。

4月上旬の難しい時期の開催ですので、毎年苦労させられるのがこの初戦・・・年間のシリーズ戦で戦ううえで、この初戦をどう乗り切るかが重要になります。

試合前の練習も厳しい状況で、1日中釣りをしても1匹出会えるか出会えないかの状況でした。

そんな状況で迎えた試合当日の天気は朝から雨・・・しかし暖かい雨でしたので、プラス要素と考え試合に臨みました。

少しでも水温が安定しているエリアを第一に考え、本流ではなく支流をメインにハイピッチャーMAXを投げ始めました。すると答えは直ぐに返ってきました。

浅いレンジを引いているときどこからともなく黒い魚影がルアーの後ろに付いたかと思うと、ひったくる様なバイト!慎重にやり取りし無事ランディング・・・いきなりの1,500gフィッシュ・・・痺れました!

その後も同じストレッチを流していくと、同じように再びバイト!

しかしながら掛かり所が悪くランディング寸前のフックアウト・・・しばしの放心状態・・・(涙) この時のシーンは今でも夢に出てきます(笑)

気を取り直して投げ続けてはみますが、春の利根川水系はそんなに甘くはありません。

お昼頃までバイトすらない状態が続きました。

最後のチャンスが訪れたのは帰着一時間前、風が出てきたタイミングで引いてきたハイピッチャーMAXの後ろに黒い魚影がピッタリとついてきましたが、バイトまで至りません。

そこでタックルを持ち替え、ドライブシャッド3.5インチのテキサスリグを同じ様にスイミングさせると、気持ちの良い生命感が伝わってきました。しっかりとフッキングして無事ランディング!

こちらも1kgのコンディションの良いお魚さんでした。

CIMG8829 (2)_edited-1
その後もこの二つのルアーをローテーションして色々と試していきましたが、残念ながらタイムアップとなりました。

結果的にはお立ち台寸止めの6位・・・(涙)

しかしながら、シーズンを考えると次の試合には繋がる成績でしたので、次の試合に向けてまた準備を進めていきたいと思います。

次こそは・・・頑張ります!

CIMG8831 (2)_edited-1

profile

丸山高志
関東
(利根川)

TBC(利根川バスクラブ)優勝経験2回あり。利根川、印旛沼のスペシャリストで、ビッグフィッシュ捕獲率の高さには定評がある。09年には「O.S.P Namiki CUP」にて優勝する勝負強さを見せた。