O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

ジャストサスペンドの優等生! ハイカットSPがもたらした3連勝!!

2014.08.12
7月13日に、NBC神奈川チャプター第4戦「テイルウォークCUP」が行われました。3連勝がかかるこの一戦。エリアの状況を瞬時に判断し、ラン&ガン。この作戦が奏功し、3連勝を果たすことができました!!

必ずボックスに常備する信頼のルアー
梅雨が明けきらない箱根芦ノ湖。
どんよりした曇り空の中スタート順が悪かったのでスタートエリア周辺をエレキでチェックしてみました。

1186_1

シャローブレイクを流してみると、ネストと思しきものを発見!
(芦ノ湖では例年7月中旬ぐらいまでプリを確認できます。あとの表彰式でわかったのですが、ネストパターンでかなり釣れていたみたいです…) しかしバスを発見できないまま箱根湾出口まできたので、エンジンで移動!
前回ビックバスが ストックされていた「龍宮殿」桟橋から入り直してみました。

ここではちょうど先行者がバスをバラシてしまった、とのこと。
アイウェーバーで桟橋沿いを誘ってみましたが、不発のため再び移動!!

「和田の角」手前から再スタート。
沖めから水中ストラクチャー(杭)をハイカットSPで誘ってみました……
水中杭の手前まで急潜行させ、ジャストサスペンド!
杭にブツけながら三角巻きをして、その先のブレイクに差し掛かった時、待望のバイト!!

スイープにアワセて、フッキング成功!
慎重にランディングしたバスは、約2kgのキッカーでした。

次に入ったのは「防ヶ沢」の右に広がるシャローフラット!
沖目まで伸びる桟橋跡の水中杭を、さらに沖からアイウェーバーSSSでチェック。
水面下10cmあたりを漂うようにゆっくり引いて来ると 下から上がってきてバイト!
重みを感じてからスイープに合わせフッキング成功!!
1100gのキレイなバスでした!

ここで風が出てきたので「キャンプ場」へ移動。
沖のウィードエッジをビックベイトで探ってみました。(1週間前まで2~5mで2kg超え連発)かなり時間を掛けましたが不発… 

雨が降り出したタイミングで、今度は「深良水門」へ。
大きく張り出した岬沿いにアイウェーバーをゆっくり棒引きしていると 数匹のバスがチェイスしてきました…
それでも止めることなく、ゆっくり巻き続けます。(こんな時は下手にアクションを加えるとUターンしてしまいます! ただただゆっくり巻くだけです!)

岬の先端に差し掛かったときに一匹がバイト!
しかしミス… 別のバスが再度バイト!!
フッキ ングも決まりランディングできたバスは1kg弱。
これでリミットメイクできました!

残り時間1時間で再び「防ヶ沢」へ。
今度は左側のオーバーハング付近のブレイクにあるゴロタ群をエビをイメージして、ハイカットSPのキビキビとした三角巻き。

深めのゴロタの影から「スゥ~」と一直線に近づく影が!
「カッ! カッ!」っと、強めに巻いた瞬間、縦になってバイト!!
重みを感じながらアワセて、ランディングしたバスは1.6kgのナイスバス!
入れ替えてストップフィッシング。

検量の結果、4710gで優勝することができましたぁ~!!
1186_2

今回はキレのいいダートと、ピタッっと止まるジャストサスペンド性能の優等生、ハイカットSPが大活躍してくれました!

扱いやすいシャッドは小魚にもエビにも化けるオールラウンダー。
必ずタックルボックスに常備しています! ぜひ、みなさんも!!

<タックル>
ルアー:O.S.P ハイカットSP(アバロンシャイナー)
ロッド:Tailwalk GEKIHA KR S631L
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー5lb

ルアー:O.S.Pアイ・ウェーバー74SSS(アバロンピンクレディー)
ロッド:Tailwalk ASOBEE S68UL
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:PE0.6号+FCスナイパー5lb

1186_3

神奈川チャプター第3戦、優勝!!

2014.06.23
梅雨の中休み! 超満水の箱根・芦ノ湖で、NBC神奈川チャプター第3戦「5150 CUP」が開催され、参戦してきました。

YAMATO O.S.Pのオーバーハング攻め!!
今回もネストのハイウエイト戦になるだろうと誰もが思っていた6月の今大会。
しかし予想以上にネストの数は少なく、バスの状態もプリ・ミッド・アフターが入り混じり、どこに焦点を合わせるかが勝敗を分けた一戦になったように思えます。

さて当日。スタートフィッシング後、まずは「龍宮殿」から入り、ルドラで様子を伺いつつシャローを流していきました。

やはりネストは少なく守っているオスも小型でパス… ふとオーバーハングの中を覗くと巨ゴイに混じっていいバスが!

すかさずルドラを入れるも浅すぎて底を打って引っ掛かってしまい、YAMATO O.S.Pにチェンジ!
「亀ヶ崎」先のワンドに差し掛かった小規模なオーバーハングにスキップさせてねじ込み、3回首を振らせると明確な捕食音とともにバイト!
重みを感じながらスイープに合わせ引きずり出しました。

スリーフックのYAMATO O.S.Pはフッキング率が高く、それでいて喉元の縦リップ効果で障害物回避が得意です。オーバーハング下へも迷わず送り込めます!

そうしてキャッチしたバスは2100gのキッカーフィッシュ。

その後、風が強くなったタイミングで湖尻の「ボートドック」へ。水深3~4mほどの岩場にネストを発見!
エコハンツ+ポークを何気なくフリーフォールさせ、着底後スイミングさせると一発目からバイト! 慌ててフッキングしたオスバスは1000g強でした。

同様に3~4mラインをサイトしながら南下していくと「神宮」の沈倒木下にバスを発見。
倒木の根元付近にエコハンツ+ポークをフォールさせ、なめるようにスイミングしてみました。
タングステン樹脂により超高感度化されたハンツのヘッドは、細い枝に当たった感覚も見逃しません!

枝に当たり、一瞬バランスを崩したハンツに木の下に潜んでいたバスがバイト! 瞬時にアワセて、エレキで倒木から離しながらランディング!
これまた1700gのナイスフィッシュ! 残り時間1時間を切り、各桟橋をアイ・ウェーバーでチェックして南下。
「龍宮殿」の浮き桟橋に差し掛かった所で数匹のチェイス! が、食わない……
空洞になっている桟橋の内奥にキャスト! 薄暗い場所でもNEWカラーのアバロンゴーストパールは艶やかにバスを誘います。

少し漂わせ、ラインスラッグを取りテンションを掛けると「ズンッ!」とバイトがあり、巻きアワセするとフッキングに成功!
PE+太フロロで強引に桟橋から離してランディング。
こちらも1350gのナイスな一匹で、入れ替えに成功! 残り時間15分でそのまま帰着しました。

結果的には今回の冠スポンサー5150様の社名どおりの5150gで優勝することができました。
アイ・ウェーバーとヤマトのアバロンインナーは日陰でも艶やかにアピールでき、かなり有効だと思えるカラーですね。助けられました。オススメです!

【使用タックル】
ルアー:YAMATO O.S.P(アバロンシャイナー)
ロッド:Tailwalk Bronzer C65M
リール:TD-Z 103ML
ライン:サンライン・FCスナイパー12lb

ルアー:Ecoハンツ(黒)14g+アンクルジョッシュ・ヒュージダディー(黒)
ロッド:Tailwalk PRIMAX KR C63MH
リール:TD-Z 103ML
ライン:サンライン・FCスナイパー13lb

ルアー:アイ・ウェーバー74SSS(アバロンゴーストパール)
ロッド:Tailwalk ASOBEE S68UL
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:PE 0.6号+FCスナイパー16lb

ルドラで手にした1870gがもたらした優勝

2014.06.10
毎年この時期になると、ビックウエイトが飛び出す芦ノ湖。しかし例年より、シャローに上がるバスの数が少ないように受けて取れます。そんな中、ルドラでビッグバスを手にすることができ、優勝を果たすことができました!

ハンドメイドビッグベイトでは3kgオーバーも!!
神奈川チャプター第2戦。いよいよスタートフィッシング!
まず「箱根園」から入り、シャローをルドラでチェックしていくと、ネストの数も予想より少なく、守っているオスも小型ばかり……
なので、パスして「九頭龍」までチェック! 思考を変え、沖側から水深のある(3~6m)大岩周辺に、アイウェーバー74SSSでアプローチしてみます。

PE+フロロ16lbという変則リグでラインの重さを利用し、水平姿勢で沈めていきました。すると大岩からバスがス~ッと近づいてきてバイト!
スイープにアワセ、ランディングしたバスは850g。ドシャローの小型よりはマシですが……

風が出てきて波立ち、サイトが困難になってきたので、3~6mのサイトできる箇所をラン&ガンすることにしました。
「深良水門」~「早川水門」を流して行くと、「七里ヶ浜」に沈む倒木付近に数匹のデカバスを発見!
ルドラSPを投入し、いつものように放置プレー。数回のアプローチでバイト! 重量感たっぷりだったので即アワセを入れたら「フッ」っと軽くなり、まさかのミス! 愕然としながらも、プレッシャーを掛けてしまったので移動することにしました。

その後、「九頭龍」に戻ると倒木の周辺にペアを発見。
沖から距離を取り、ルドラを放置すると明らかに小さい影が近づきバイト!
アワセずほったらかしにしていると、風のためうまくコントロールできず、狙った場所からルドラがズレて倒木に近づき過ぎたので、回収しようとした瞬間、別のバスがバイト!
 テンショをン掛けながら沖に出しつつフッキング!! 無事に手に収まったのは、約1870gのナイスバス!

時間は11:30過ぎ。もう一度「七里ヶ浜」へ。
倒木から少し離れた岩にハンドメイドビックベイトを寄せていくと、ペアリング中のバスが口を使ってきました。
十分な重量感を感じてからスイープにアワせ、沖に誘導し無事にネットイン! このサカナは3kg秤を振り切りましたぁ~~~!!

これで5kg半はいったはず。残り時間は1時間強! まだ倒木付近にはオスバスがついています!
そこでECOハンツ+ポークを、バスと同じ層にヘコヘコとスイミングさせてアプローチすると、魚体を反転させながらバイトしてきたので、即フッキング!
ランディングしたバスは約1800gで、850gとの入れ替えに成功!

これで6kg半ば。時間を気にしながらも、帰路につく前に「百貫の鼻」~「ムジナ」でも約1100gをECOハンツのスイミングで仕留めましたが入替えならず、ストップフィッシング。

結果、6790gで優勝できましたぁ~~

タングステン化されたECOハンツはとても感度がいいうえに、キビキビとメリハリのある動きを見せ、かなりの戦力アップになりました! これはオススメです!!

それにしても3匹で5kg超えが2名、4kg釣っても12位とは… 芦ノ湖のポテンシャルの高さが際立つ一戦となりました。そんな芦ノ湖へ、一度、お越しになってみてはいかがでしょう~~!?

■使用タックル
【ルアー】ハンドメイド ビックベイト
【ロッド】Tailwalk Bronzer C72XH
【リール】Tailwaik ELAN PG L
【ライン】サンライン FCスナイパー22lb

【ルアー】O.S.PルドラSP
【ロッド】Tailwalk Bronzer C65M
【リール】TD-Z 103ML
【ライン】サンライン FCスナイパー10lb

【ルアー】O.S.P ECOハンツ(黒)14g+アンクルジョッシュ・ヒュージダディ(黒)
【ロッド】Tailwalk PRIMAX KR C63MH
【リール】TD-Z 103ML
【ライン】サンライン FCスナイパー13lb

【ルアー】O.S.Pアイウェーバー74SSS
【ロッド】Tailwalk ASOBEE S68UL
【リール】コンプレックス2500HGS
【ライン】PE0.6号+FCスナイパー16lb

秋の芦ノ湖で鉄板のディープクランキング

2013.10.24
2013NBCチャプターCブロックチャンピオンシップが芦ノ湖で開催され、ブリッツMAX DRでいい魚をキャッチ出来ました。

復習釣行でも同じ様にキャッチ出来たのでレポートします。

ブリッツMAX DRで2,400gをキャッチ!

今年のNBCチャプターCブロックチャンピオンシップは、ホームレイクの芦ノ湖です。

大会当日の芦ノ湖はシャローにバスの姿が少なく、各チャプターを勝ち抜いてきた選手達を悩ましていました。

勿論、私もですが・・・ワカサギに付くディープバスを狙うか、数少ないシャローバスか。

シャロー~ディープも狙え、秋の芦ノ湖で実績のある物・・・となるとディープクランク!ブリッツMAX DR。

ブレイク(急深)・ゴロタ・ウィードの絡むエリアに絞り込みランガンする事にしました。

いつもの様に「ムジナ」からスタート。このエリアは年間を通してベイトのストック量が多く、先ずはご挨拶・・・。お留守・・・。

そのままエレキで流して行きます・・・「ポンプ前」に差し掛かったところでバイト!乗らない・・・。

「百貫の鼻」には先行者がいましたので、「立岩」の水深1~3mラインに点在するゴロタ群、いい具合にウィードがあります。

ブリッツMAX DRを急潜させ、岩にブツけてヒラを打たせた瞬間にバイトがあり、約1,300gをGET!!

ブリッツMAX DRは強い浮力でウィードをかわし、長いリップで急潜する為、とてもコントロールし易く誰でもテクニカルなリトリーブを楽しめます!

丸まったゴロタより角ばった(エグれた)ものの方が良かった気がしたので、同様なスポットと使い方で流していきます。

「逆さ杉」でも強烈にヒラを打たせ止めた瞬間、岩影から出て来てバイト!1kg弱GET!

「深良水門」周りの竹杭群では一本一本スローリトリーブでチェックしていきます。7本目の竹杭で強烈なバイト!

上がって来たのは約2,400gのキッカー!これで4.7kg位・・・思考を変え、同じタックルで「早川水門」沖のディープをショートドラッキング!

ワカサギの群れは思ってた以上に小さく速く、ワンバイトのみ・・・もっと大きければ・・・。

いま一度、シャローゴロタパターンにシフトし「深良岬」の大きめな岩でヒラ打たせると角ばったゴロタからバスが出て来てバイト、約1,300g!

入れ替えて5kg位かぁ~d(^o^)bその後、同様な場所を試すもタイムアップ!

結果的に5,090g/3本で優勝出来ました!

今回の大会では固定重心でとてもコントロールし易く、かっ飛んでくれるブリッツMAX DRの高い能力に助けられました!

今回の様に例えシャローでも急深なブレイク付近を攻めたり、長いリップ高浮力を活かし障害物回避能力、もうブリッツMAX DRを手放せません!!

<使用タックル>
ルアー:ブリッツMAX DR(リアルオイカワ)
ロッド:テイルウォーク ゲキハC661M
リール:TDZ103ML
ライン:FCスナイパー10lb.

1004_1
そして大会の1週間後となる10/13にも復習も兼ね、以前から考えていたブレードジグの新たな可能性を試しに芦ノ湖へ行って来ました。(笑)

Cブロックチャンピオンシップは西岸中心だったので今回は東岸です。「養殖場前」からブリッツMAX DRでスタートしました。

水深1~3mをチェックしながら北上・・・。「箱根園」付近の張出しに差し掛かった所でバイト!しかし乗らず!!喰い上げ??

狙うレンジを少し下げ、ゴロタ、杭、ウィードが絡む「和田の角」の3~5m付近の水中杭にぶつけ、ヒラ打ちさせた時にバイト!強烈な引き!体高のある綺麗な魚体は2,400gのナイスバス。

良いバスが獲れたところで深めのレンジを狙うため、市販の汎用スピナーベイト(スナップにジグヘッドを付けるとワンタッチでスピナーベイトになる)にブレードジグを付け(ブレードはO.S.Pブレードに変更)探っていきます

1004_2
ブレードジグ特有のプルプルとしたバイブレーションとスピナーベイトのアピール力で深めのレンジを攻略。

「胴切」の水中尾根に沿ってスローリトリーブ開始!答えはすぐに出ました。

プルプル感からゴンッ!と明確なバイトが伝わります。1,100gGET!

「防ヶ沢」の張出しも同様にスローリトリーブ・・・ゴンッ!1,200gGET!

「亀ヶ崎」が空いていたので移動。大きく張出した岬の2~6mを段々に落としながらスローリトリーブ。

プルプル感を消し去り、確かな重みが・・・スイープに合わせるとロッドティップが引き込まれました!

慎重なやり取りの末、上がって来たバスをランディング!2kgGET!

5,600g/3本を達成出来たところでエンドフィッシング!今回のブレードジグ(改)は簡単なチューンなので皆さんも一度お試しあれ・・・。

<使用タックル>
ルアー:ブリッツMAX DR(リアルオイカワ)
ロッド:テイルウォークゲキハC661M
リール:TDZ103ML
ライン:FCスナイパー10lb.

<使用タックル2>
ルアー:ブレードジグ+汎用スピナーベイト+ハイピッチャーブレード#2・#3.5
ロッド:テイルウォークブロンザーC65M
リール:TDZ103ML
ライン:マシンガンキャスト12lb.

1004_3

夏はオバハン!チャプター参戦記!

2013.08.02
箱根・芦ノ湖も夏に突入!!去る7/14(日)NBCチャプター神奈川第4戦が開催されました。

NBCチャプター神奈川第4戦

梅雨明け後の水温上昇!ゲリラ豪雨!成長し群れをなすベイト!

試合当日の湖から自然の情報から判断し「ムジナ窪」からスタート!

このポイントには左端に大小のオーバーハングがあり、ドシャロー~ブレイクが続く大好きな場所です!

ドシャローにはオイカワの大群!条件が揃いました・・・少し手前でエンジンを止めエレキで静かにアプローチ・・・水深30~50cmのオーバーハング下には数匹のバスが入っています・・・。

アイウェバー74F(リアルオイカワ)をオバハン(オーバーハング)下にねじ込み、微波紋を出し続けると吸い込む様なバイトでルアーが消えました!

スイープに合わせると強烈な引きで砂浜側に走り出し、追走して4,5匹のバスが・・・シャローの浜なので難なくネットイン出来、2,300gの黒い魚体!

丸飲みされたアイウェバー!時間を空け再びオバハン!今度はバスが水深1~2mに付きだしました!

パワーダンク57F(リアルオイカワ)を投入!

962_1
着水後、チョンチョンッっと震わせるイメージで動かすと(長いリップ効果で移動距離を抑えられるのでオススメ!)バイト!!

しかしノンキー??28cm(神奈チャプター特別ルールで、キーパーサイズ30cm適用だと思ってましたぁ~)

リリース・・・。再投入・・・バイト!今度は重い・・・フッ・・・バレたぁ~。

キャスト!ツンツン・・バイト!またまた30弱・・・リリース・・・。

他のアングラーやカヤック軍団に囲まれたので、あきらめて湖尻方面へ移動!

水通しの良い岬周りや流れ込み周辺をルドラスペック2で探るもノーバイト・・・。

「七里」~「椿」の間に沈んでいるブレイクに沿って横たわる沈木(水深5~6m)に巨大な黒い影が・・・。

ここはルドラシンキングの出番・・・あれっ??・・・ガチャガチャガチャ・・・アレッ??有りません・・・。

前試合時に貸したままでしたぁ~・・・。仕方なくジグを投入。スイミングで誘うもノーリアクション・・・。

さざなみでバスが見づらくなってきたので、ハンドメイドビックベイト(20cm)を投入!

ズルズル、トントントンっと引いて来ると「ゴンッ!」と明確な当たり!スイープに合わせると沖へと走り出しましたぁ~。

慎重なやり取りでようやく浮いて来ましたぁ~「デカイ・・・」フッキング箇所を確認し一気に寄せてネットイン!!

2,600gのナイスコンディションをGET!!

残り時間は箱根湾内に掛けましたが何も起こらず検量へ・・・、2本ながらジャスト4,900gで優勝する事が出来ました!

キーパーサイズさえ間違わなければ5kg超えたのにぃ~(泣)

リップの長いダンクシリーズも使い方次第で強力な武器に成りますねぇ~(ストライクゾーン内での移動距離が明確に違います!)

さらにリアルカラーが追加され絶対オススメです!(エビパターンも有りですねぇ~)

962_2
使用タックル
ルアー:アイウェバー74F(リアルオイカワ)
ロッド:Asobee!68UL
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー6lb.

ルアー:パワーダンク57F(リアルオイカワ)
ロッド:バイツS661MLK
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー4.5lb

ルアー:ハンドメイドビックベイト20cm
ロッド:4ozクラスロッド
リール:メタニウムDC7
ライン:FCスナイパー25lb.

(写真提供:NBCチャプター神奈川)
962_3

芦ノ湖パラダイス

2013.06.11
新緑の箱根・芦ノ湖にてNBCチャプター神奈川第2戦「5150CUP」が行われました!

ルドラをメインとするミノーの釣りでプリバスを狙う

5月最終週の大潮ということで参加者の多くはアレ関係のバスに的を絞っていましたが・・・。

スタートしてみればアレを守っているのは小型のバスばかり・・・当然パスしてプリバスを探し周りました。

(写真:プリのビッグバス狙いでメインとなったルアー。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「ムジナ窪」の浜に50アップが3匹ほどウロついていましたがウェーディングのフライマンがトラウト(まだまだトラウトもパラダイス)を狙っていたので泣々パス(ToT)

大きく移動して湖尻方面へ・・・

いつもの「椿~深良水門」もやはり小型バスばかりで11時過ぎまで完全試合!!お手上げ状態・・・。

前回良かった「防ヶ沢」へ!!目印の水中スタンプ沖に沈む倒木付近にルドラスペック2(リアルオイカワ)を放置!!

近くのゴロタからスゥ~と近づき、一気にバイト!スイープに合わせフッキング成功です!

ランディングネットの納まったバスはナイスコンディションの約2.3kg!(アレではありませんよ)

ウェーディングアングラーを回避し「九頭龍」へ・・・

水中杭にキロクラスのアレがありエレキを止め、ふと沖の水中ブッシュを見ると巨大な影が・・・すかさずルドラを放置!

2、3度近づくもバイトまで持ち込めず・・・時間が・・・。(残り1時間強)

タックルをハンドメイドビックベイトに替え再びアクセス・・・2投目の放置に待望のバイト!!

ブッシュに巻かれぬ様、沖側へスイープに合わせフッキング!!

ランディングされたプリバスは3kgオーバー(3kgバカリしか持って来ませんでしたぁ)(^^)/~~~~

場が荒れたので「防ヶ沢」へ戻り、水中杭沖からアイウェバー74Fを漂わせ数回のギルバイトを無視していると真下からバスがバイト!

十分に重さを感じてから軽く合わせるとフッキングも決まりランディング!約1.5kgでリミットメイクだぁ~(^^)~

その後時間一杯までO.S.Pジグ04シンクロエコ(新ウエイトの3.5g)にて1.1kg、0.8kgを釣るも入替え出来ずストップフィッシング。

検量に持ち込んだウェイトは7,300g(神奈川チャプターレコード)

本人が一番ビックリしてましたぁ~。

後でプリバスを量ってもらうと3,460gありました!やはり、この時期は大きめのミノー(ルドラ)やビックベイトへの反応が急激に高まる気がします!

魅せて良し、ハイスピード引きでも高反応!ルドラだけは外せません(^^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
使用タックル
ルアー:ルドラスペック2(リアルオイカワ)
ロッド:テイルウォークブロンザーC65M
リール:TDZ103ML
ライン:FCスナイパー10lb.

ルアー:アイウェバー74F(改)
ロッド:テイルウォークバイツ661ML
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー4.5lb.

ルアー:04シンクロECO3.5g
ロッド:テイルウォークゲキハ631L
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー3.5lb.

ルアー:リアルハンドメイドビックベイト
ロッド:テイルウォークゲキハC661M
リール:TDZ103ML
ライン:FCスナイパー16lb.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 925_3.jpg

ハイランドレイク芦ノ湖はトラウト天国!

2013.05.07
4/28(日)、NBC神奈川チャプター第一戦「スタジオ・コンポジットCUP」に参戦して来ました。

ジグ04シンクロエコモデル2.7gで準優勝!!

4月開催となった、今年のNBC神奈川チャプター第一戦。

水温もようやく10度に届いた状態で、鱒族が泳ぎ捲る、まさにトラウト天国!

早朝は放射冷却から桟橋に霜が降り、凍えた手でタックル準備をしているとトラウトアングラー達が各々のポイントに散って行きました。

そして受付を済ませた39人の選手達も、早春定番ポイントに散って行きます・・・。

(写真提供:JBNBC)
904_1
定番の「白鳥」の混雑を避け、一路「湖尻ボートドック」を目指しました。

大型観光船桟橋に入りたかったところ先行者が居たため「ボート係留所」のシャローからスタート!

水中を観察していると、数匹のバスが同じ所を徘徊しています・・・勝負を挑みましたが見事に敗退・・・仕方なくエレキで南下して行きます。 

入りたい所にはトラウトアングラーがアンカーを降ろし陣取っていたので暫らくスルーして、「防ヶ沢」のブレイク沿いからハイカットをキャスト!

先ずはストレートリトリーブ・・・次にトゥイッチを入れながらゆっくり引いてみました!すると待望のバイトが・・・。

「グネグネ・・・」身を捩って抵抗する綺麗なブラウントラウトが今日のファーストフィッシュでしたぁ~(^^)/

次に「九頭龍」に入り、アイウェバーFをシャローにキャスト!すると追走してきたブラウントラウトが躊躇いなくバイト!二匹目もトラウト・・・。

リリース後、ふと水中を見ると沈みブッシュにバスを発見!

ジグ04シンクロエコ2.7gを投入し、水中の枝にラインを掛けテンションシェイク・・・。

5分毎にキャストを繰り返し、リフトアップ寸前にポトンッと底に落とした瞬間、勢いよくバイト!

スイープにフッキングさせブッシュから離して行きます!痩せてはいましたがキロアップフィッシュ!

904_2
だいぶ時間を掛けてしまい、残り時間は周辺のブレイク沿いをハイカットで攻めるも、ブラウントラウトを追加しただけでタイムアップ!

しかし、他の選手達も大苦戦していた様で、ウエイイン出来たのは3名!

1250gで準優勝出来ましたぁ~(^o^)/

今回はバスにジグを十分見せつけて“フッ”っと消えさせたのが良かったみたいです!

また、ハイカットの「リアルプリントカラー」も目の肥えたトラウト類でさえ迷わず口にしてしまうリアルさ!

きっと皆さんの強力な武器になる事でしょう!

進化し続ける10年品質OSPルアーズ・・・いつ手に入れるか?・・・今でしょう(笑)

■使用タックル

ルアー:ハイカットSP(リアルオイカワ)&アイウェバー74F

ロッド:テイルウォーク バイツ661ML

リール:コンプレックス2500HGS

ライン:FCスナイパー4.5lb

ルアー:ジグ04シンクロエコ 2.7g

ロッド:ゼナック60UL

リール:コンプレックス2500HGS

ライン:FCスナイパー3.5lb

904_3

NBCチャプター神奈川最終戦の報告

2012.11.16
NBCチャプター神奈川最終戦(第5戦)の概要をレポート致します。

秋の芦ノ湖より、NBCチャプター神奈川最終戦

まとまった雨が少なかった今年の芦ノ湖。

例年に比べかなり水位が落ちており、桟橋下やオーバーハングはあらわになり誰でも撃ち放題!!

しかし超プレッシャーからかバスの姿も少なく、居ても口を使ってくれません・・・。

ワカサギに付くディープのバスか、オイカワ&エビ等を狙うシャローバスか・・・特に秋の芦ノ湖ということもありまして迷っていましたが、シャロー狙いでスタート!(シャローの方がウエイト◎)

実績のあるエリアを周ってみるも11時過ぎまで2バイトノーフィッシュ・・・風の出始めた昼前に待望のファーストフィッシュが!

「胴切」の岬沖をBLITZ MAX-DRで底を取りながら尾根に沿ってのスロー引きです!

ここの尾根は水中で南東に細長く続き、湖流による水の変化があり、バスに限らずトラウトにも有望なポイントです!(芦ノ湖解禁時のトラウト狙いに是非!)

心地良いプルプル感が「ふっ」と消えた次の瞬間、「グググゥ~」と引込むバスの生命感へとオートマチックに変化してくれましたぁ~(とても楽チン!優秀なクランクです!)

上がって来たのは1,100g位のナイスバス!

そのまま「樹木園」に続く浜をi-Waver74Fの超超スロー引きで流して行くと、ウィードエッジから浮いて来て一気にパクッ!

スイープに合わせてフッキング出来成功!700gの綺麗なバスGET!

「樹木園」桟橋先端から内奥に向かってO.S.Pジグ01エコ&ポークをスキップさせ、着底後ワンアクションでバイトがあり瞬時に合わせてフッキング!

出て来たバスは1,300gのナイスコンディション!!リミット揃ったぁ~。

「仏ヶ崎」付近の沈木を含めた複雑な構成ではスナッグレス性能が高い、エコハイピッチャー1/2o.をオーバーハング最奥へねじ込みフォール中にバイト!

沈木に巻かれながらも何とか獲り込み1,100gを追加出来ました!入替え成功!

その後は何も起こらずタイムアップ!

トータル3,570gで準優勝する事が出来ましたぁ~。

833_1
これにより、12年度の神奈川チャプター年間優勝が決定しましたぁ~(昨年は悔しい思いをしたので・・・うれしさ倍増でぇ~す!)

いつもながら10年品質!独創的なO.S.Pルアーズに助けてもらいましたぁ~。

来季もがんばりまぁ~す!!

(写真:年間の表彰)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
使用タックル

ルアー:BLITZ MAX DR(TGサンフィッシュ)とECOハイピッチャー1/2oz.TW(ブラックシャイナー)
ロッド:ブロンザーC65M
リール:TD-Z103ML
ライン:FCスナイパー12lb.

ルアー:i-Waver74F(ホタル)
ロッド:ゼナック63L
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー3.5lb.

ルアー:O.S.Pジグ01エコの7gにトレーラーがポーク
ロッド:プリマックスC63MH
リール:TD-Z103ML
ライン:FCスナイパー10lb.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NBC史上初の2DAY「NBCチャプター神奈川第3&4戦」

2012.10.17
こんにちは、高原です。

NBC神奈川チャプター3、4戦(NBC史上初の2DAY)に参加して来ました!

NBC史上初の2DAY「NBCチャプター神奈川第3&4戦」

今年は悪天候の影響から試合の順延、中止が相次ぎ、第3、4戦はNBC初となる2DAYで行われる事となり、戸惑いつつも参加して来ました!

■第3戦5150CUP

例年より雨の少ない、初秋の箱根・芦ノ湖!

その影響からか水位が落ち込み、各桟橋やオーバーハングも露わにされ、誰もが攻めまくっているので、当然ハイプレッシャー化している状態でした。

まずはベイトフィッシュのストック量が豊富で両サイドに大きく張り出すオーバーハングのある「ムジナ」の浜からスタート!

ウィード上には10cm程のオイカワに交じり、15cm以上のハスが水面下を泳ぎ回っていました!

そこでベントミノ-130F(潤るワカサギカラー)にて広範囲に探っていき、浜の左端まで行き着いた時でした。

“スリートゥイッチ・ワンポーズ”を2回繰り返し、長めにポーズしていると、オーバーハングから3匹のバスが飛び出してきてそのままバイト!

スイープに合わせるとフッキング成功(^o^)b

テールフック1本掛かりだったので慎重にランディング!

1,300gほどのナイスフィッシュ!

ベントミノー130Fはウエイトが20g有るので、ベイトのサイズが大きい場合や、芦ノ湖の様なクリアレイクではプレッシャーを与えずに遠くからアプローチ出来、かなり有望な水面下トリッキーミノーです!

ベイトタックルでも「ズキューン」と飛んで行きますヨォ~!!

ランディングに時間を掛けたせいで場を荒らしてしまい、移動・・・。

似たようなシチュエーションを探し周りましたがバスの姿は見れませんでしたぁ・・・。

期待の桟橋周辺も、超ハイプレッシャー化されたバスが着水と共に逃げ出す始末・・・。

「困った時の”i-Waver”頼り!!」と、水通しの良い岬まわりをロングキャストで超スローにi字引きする作戦に変更!!

「椿」岬を「潤るワカサギカラー」で引いてみると数匹のバスが追走して来ました!

しかし、あと一息の所でウェイクボードの引き波でUターン・・・(泣)。

場所を移動して「小杉の鼻」岬でもスローにi字引きすると、やはり下からバスが湧いて出てバイト!

しかしフッキングには至らず(泣)

次に、「箒の鼻」に移動して同様に引いてみると、やはり下からバスが湧いて出ましたぁ~そしてバイト!!

今度は十分重みを感じてからスイープに合わせると上手くフッキングしてくれましたぁ~!約600g追加!

終了時間が迫り、会場周辺の「三ツ石」へ移動しましたが、バスは追走してくるもののバイトには至らず・・・初日終了!

1,950gで5位入賞!

4位のMさんもi-Waverのi字引きで2本獲ったみたいです!しかし1位との差は約2kgも開けられてしまいましたぁ~。

初日終了の夕刻からは盛大にBBQで盛り上がり、「箱根の猛者」達の色々な話が聞けました。

キーワードは「エビパターン」・「フットボール」・「3~6m」。

明日へのヒントにして就寝・・・(飲み過ぎましたぁ)

■第4戦明邦バーサスCUP

無風状態でスタート!

会場周辺をi-Waverで探りましたが追走止まり・・・風待ちです・・・。

箱根湾を後にして、良さ気な岬を探しましたが先行者が入っており、ようやく入れたのが「立岩」!

i-Waverで周辺を探ったのち、シャローを流して行くと、点在する岩周りを暴れ回るバスを発見!

観察していると、バスがエビを追い回している様子(エビパターンかぁ~)・・・

空かさずエコ04シンクロ(2.7gピンクレディーカラー)を岸際にキャストし、ズル引きして岩の前で「ふわっ」と煽ると、バスが一直線に寄ってきてそのままバイト!

巻き合わせでフッキングしてランディングしたバスは約700g!

風が出るまではシャローを流して行く事に・・・。

「立石」岬周辺にある沈み木と岩が絡む4~6mでは根掛り回避性能の高いエコ01ジグ7g(モエビカラー)+ポークでスローにスイミング(沈み物に当てながら)して行くと、「ズンッ」と明確なバイトが有り、煽りながらフッキング!

上がって来たのは約1,300g!

「3~6mかぁ」と湖尻湾に移動し、シャローと3~6mを交互に探り周りましたが、後が続かず再び南下・・・。。。。

「黒岩」岬周辺(浜へ繋がるオープンな岬)では自作フットボールジグ(1/2oz.スモークコパーフレーク)+ポークのズル引きで4~6mを探っていくと、「ズンッ」と重くなるバイトが!!

煽りながらフッキングし、大きく首を振りながら上がって来たバスは2kgオーバー!!

「フットボールかぁ~」残り時間も6mまでを探りながら会場へ戻りましたが、追加出来ずストップフィッシング・・・4,140gで優勝出来ました!

また特別に2DAY表彰があり、トータル6,090gでこちらも優勝出来ましたぁ~d(^o^)b

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回も10年品質O.S.Pルアーズに助けられましたぁ~、最終戦もがんばりまぁ~す!!

それとこの2DAY中、i-Waverを使われている方が非常に多く、皆さん良い結果が出ていたみたいですねぇ~。

使い方は皆それぞれ!私はラインの種類や太さで浮き姿勢を変えていますヨォ~!自分なりのこだわりで爆釣i-Waverを実感して下さい!

817_2
使用タックルその1
ルアー:ベントミノー130F
ロッド:テイルウォークブロンザーC65M
リール:TD-Z103ML
ライン:マシンガンキャスト10lb.

使用タックルその2
ルアー:i-Waver74F
ロッド:ゼナック63L
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー3.5lb.

使用タックルその3
ルアー:ジグ04シンクロ2.7g (エコモデル)
ロッド:ゼナック60UL
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー3.5lb.

使用タックルその4
ルアー:ジグ01の7g(エコモデル)
ロッド:ミディアム6.3ft.
リール:TD-Z103ML
ライン:FCスナイパー10lb.

使用タックルその5
ルアー:自作フットボール14g
ロッド:ミディアムヘビー6.6ft.
リール:TD-Z103HL
ライン:FCスナイパー12lb.

817_3

箱根・芦ノ湖のプリスポーンバスはルドラがお好き!

2012.06.13
NBCチャプター神奈川第1戦「スタジオ・コンポジットCUP」に参戦して来ました。

NBCチャプター神奈川第1戦で自己レコードを更新できました

昨年は仕事の影響で全戦出場出来ず、不完全燃焼でシーズンオフしてしまった事もあり、「今年こそは・・・」の思いからプラをキチンと行うつもりが・・・いろんな事情からノープラになってしまい・・・焦りながらも2012年度の開幕戦を迎えました。

私がいつもお世話になっている、芦ノ湖のレンタルボート屋さん「くろさわボート」で出船準備をしていると桟橋付近に数ヶ所”アレ”(つまりネスト)が見受けられ、「これならルドラだ!」と心に決め受付に向かいました。

エンジンではなくエレキで近場から流して行くも、箱根湾内~三石間のドシャローエリアに点在する”アレ”には1キロ以下のオスバスが付き、「これでは勝てない・・・」と全てスルーし、サイトラインを少し深める(3~5mライン)と、ペアリング中の2kgクラスを発見!!

暫らく観察してメスバスの行動範囲を把握し、目標物を定め(この場合3mラインの茶緑色の岩)、岩を確認出来る最長位置まで離れて、ルドラSPEC2改(アイスシャッドにアワビシート貼り)にてブラインドでキャスティング!

目標の岩付近に放置(サスペンド??)させ様子を伺います。

ラインテンションのON/OFFの調整でルドラの位置を確認しつつ、目標から離れたら再びキャストを繰り返し、少しづつメスバスの行動範囲を狭めていきます。

そして何度も現れる邪魔者にイラ立ち、アタック(バイト)して来ました!!

スイープに合わせを入れフックアップを確認し場を荒らさない為に沖へと誘導しながらランディング!!

2,100gのメスバスをキャッチ出来ましたぁ~!

更に同ライン沿いにボートを進めるとトリカブト岬でも2kgクラスのペアリングを見つけましたぁ~。

やはり観察し、メスバスの行動範囲を確認。

目標物(沈み木と平たい小岩)を定めてルドラF改(ゴーストライムチャートにアワビシート等貼り)を同じ方法で攻めます。

3通目にバイトがありスイープに合わせフッキング・・・無事ランディングしたメスバスは2,500gのナイスフィッシュ。

“アレ”から離れていたのでフォローの04シンクロECO(2.7gインパクトシュリンプ)を投入。

小刻みなリフト&フォールでオスバスの上を流すと一通目から強烈にバイトして来ました!

縦方向に軽く合わせフッキングも決まりランディング出来たオスバスは1,500g有りましたぁ。

白浜からムジナ窪までルドラSPEC2(TGサンフィッシュ)でマシンガンキャスト?しながら流して行き700g、900g、1200gをキャッチ出来ましたが入れ替えには至らず・・・。

時刻も12時近く成りそろそろ大移動か?と思いつつ、ふと通って来た「箒の鼻」岬を見ると先端でウェーディングしていたトラウトアングラーが移動している事に気付きUターン!

やはり3~5mラインをサイトして行くと、丁度ウェーディングしていた正面でペアリングしているバスを発見!

一度離れてルドラSPEC2(TGサンフィッシュ)をブラインドでキャスト。

岬に沿って速巻きし、「この辺りか?」と思った所で急停止させたところ、ラインが沖へ走出し、スイープに合わせを入れると見事フッキング!

リヤフックの一本掛りだったので慎重にやり取りし、ネットに無事ランディングされた魚は2,300gのメスバスでしたぁ~(^o^)/

(写真上:ルドラSPEC2のアイスシャッド改でキャッチした2,100gのビッグバス)
(写真下:ルドラFのゴーストライムチャート改でキャッチした2,500gのビッグバス)
753_1
入替え成功~~~~

この後、各所をランガンしましたが更なる入替えは出来ず・・・帰着し検量すると6,930g(3本)の自己記録更新で優勝する事が出来ましたぁ~!

使用タックル
ルアー:ルドラシリーズ
ロッド:テイルウォークブロンザーC65M
リール:TD-Z103ML
ライン:FCスナイパー10lb.
ルアー:04シンクロ
ロッド:ゼナック60UL
リール:コンプレックス2500HGS
ライン:FCスナイパー3.5lb.

(写真提供:黒沢ボート様)
753_2
高原チューンドルドラ

ここで今回のルドラのチューニングを紹介します!

この時期に”アレ”で有効なのが周辺でのロングポーズ(仲間内では放置と言いますが・・・)。

ブラインドで深めを放置させるには位置確認が重要になってきます。

そこでルドラSPEC2にキラキラ鮑シートを貼り、微かな動きでもギラつかせ、しかも底をツイばむ敵を演出する為に「超スローシンキング」に。

テールフックを外しリップ立ち!(比較的オープンな場所用)

もう一つはフローティングにギラギラ鮑シートを貼り、超スローフローティング仕様にした物!

こちらは放置させる場所に障害物が多い場合、回避目的で使用します。

どちらも深めを長く放置させる為だけにチューンしました。

プリスポーン・アフタースポーン時は水平姿勢のジャストサスペンドの方が効率的に思えます。

あとは絶妙なラインテンションを掛ければオートマチックで口を使ってくれる筈です(^o^)

今回は深めを狙う事になったのでフロロラインのタックルが主体になりました。

バリエーション豊富なルドラシリーズ!

さらにオリジナリティー溢れるあなただけのチューニングを加えればビックミノールドラは最強!無敵に!是非お試しを!d(^o^)b

(写真:高原チューンドのルドラ達)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箱根・芦ノ湖も夏パタ-ン!!

2011.08.25
7/31(日)に開催されましたNBCチャプタ-神奈川第3戦に参戦して来ました!

NBCチャプタ-神奈川第3戦

当日は朝から濃霧の為、岸沿いをスロ-走行で流していました。

するとエンジン音にベイトが反応したのか四方八方にボイルが始まり、慌ててエンジンを止めエレキを降ろす間も無く、リグっていたヤマト(アバロンシャイナ-)をキャスト!

そして1投目からキロフィッシュをキャッチ!

幸先良いスタ-トを切れましたぁ~(^o^)

エレキを降ろし流しているとドシャロ-(水深30~50cm)で次のボイルが・・・ボイルの先に再びヤマトをキャスト!

強烈なバイトと同時に確かな重量感がロッドを通して伝わりスイ-プにフッキング!

リアフック一本掛かりだったので慎重にランディングすると1.8kgのグッドコンディション!!

霧が晴れてきたタイミングで他のアングラ-船も入って来たので移動!

養殖場前の流れ込み付近に入り、O.S.Pジグ04シンクロのエコの2.7g(インパクトシュリンプ)をキャスト!

ズル引きしていると「コツッ」とバイトがあり、合わせる前に横走り!!

クネクネした手応えで上がって来たのは50cm程のブラウントラウトで、苦笑いでリリ-ス!!

そして移動。

次にムジナ窪へ・・・砂浜と岩場の境目に大きくオ-バ-ハングしてる最奥にヤマトをスキップ!

着水と共にバイトが有り、浜側に誘導しフックも2本掛かり!

難なくランディング出来たこのバスも1.8kg超えの黒々とした魚体でしたぁ~(^o^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オカッパリアングラ-がウェ-ディングして来たので移動!

七里ヶ浜ではオイカワの群れにハイカット(アバロンハニ-ピンク)を速巻きし、「ズンッ」としたバイトが・・・

上がって来たのは30cm超えのハス。

バス持ちしたら噛まれましたぁ~(ToT)移動!

防ヶ沢では沖まで続く沈み杭と平行にエコシンクロをズル引き・・・「コンッ」と明確な当たり!

スイ-プに合わせ途中、杭に巻かれながらも何とかランディング!

1.5kgの茶色い背中の魚体!!

1kgと入れ替え成功!!

終盤700g~1kgをエコシンクロのズル引きで釣りながらタイムアップ!!

トータル5,210g/3本で検量しましたが惜しくも準優勝~。

次回もサマ-パタ-ンで頑張ります!

616_2
ヤマトのみで6kg超え

また、プラクティスの時から好調だったヤマトですが私なりの使い方を少し紹介します・・・。

ご存じの通りヤマトは、ほぼ水平に近い姿勢で浮き、トリプルフックが3本とバイトが有れば高確率でフッキングしてくれます。

そして、フロント下部のセンタ-ボ-ドにより障害物を上手く乗越えてくれるため、オ-バ-ハング下やブッシュにも戸惑わず入れられます!

通常はハイアピ-ルアイでのドッグウォ-ク!

センタ-ボ-ド効果で誰でも容易に強烈なスプラッシュ&ポップ音を醸し出せます。

注目すべきは上部のダイビングアイ!

始めに強めに引きダイブさせ、水面下を小刻みにドックウォ-クする事が出来、水面に出きれないバスもバイトに持ち込む事ができます。

その他プラクティス(ヤマトのみで6kg超え/3本)では着水後、波紋が消えてから超スロ-にI字引きし(首を振る手前のスピ-ド)2kg超えバスを上げています。

アイデア次第で様々な釣りに対応出来るヤマトは一年を通して私のタックルボックスでも超一軍ルア-になっています。

使用タックルはプラクティス&本戦共に

・04エコシンクロ2.7gには、スピニングロッドUL+シマノ2500番+FCスナイパ-3.5lb.

・ハイカットSPには、スピニングロッドML+シマノ2500番+マシンガンキャスト5lb. 

  ・ヤマトには、ベイトロッドM+TD-Z103ML+マシンガンキャスト14lb.

(写真:バスの状況に応じアイの位置やアクションを使い分け、ビッグバスのバイトを誘えるのがヤマト。)
616_3

NBCチャプター神奈川第1戦に参戦してました

2011.07.13
今年のNBC神奈川チャプターは予定していた5/22が悪天候(濃霧、強風)の為、順延になり、第1戦は6/19に開催となりました!

NBCチャプター神奈川第1戦

当日の芦ノ湖は「5月半ばから続くスポーニング絡みの釣り」という情報から、私もメスバスに焦点を絞り、大会に臨みました。

(写真:圧倒的な強さを誇る高原氏。2011チャプター神奈川第1戦でも6kgオーバーで優勝。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
前週からの大雨の影響からか、クリアレイクの芦ノ湖としてはかなり濁りが強く、サイトフィッシングには厳しい状態でした・・・

スタート時、まずは観光船横のスポーニングエリアからチェックして行くと、単独でウロつく60クラスを発見!

ルドラSPにてスローに引いて来ると別のバスがバイト!

「君じゃないよぉ~」と思わず口にしてしまい、周りで釣りをしていたアングラ-達に注目され、焦っているとフックアウトしてしまいましたぁ~(キロフィッシュ逃したぁ)。

かなり深かった為、濁りから60クラスを見失い移動!(他のアングラーに詰め寄られ・・・)

九頭龍神社の水中鳥居周辺から再スタート!!

比較的浅い所にはキーパークラスがネストを守っていたがスルーして、深めの大きな岩を04シンクロエコ(SS07インパクトシュリンプ)2.7gにて探っていると急にラインが走り出し、1投目から約800gのバスをGET!

しばらく周辺を探ってメスを期待したが、ギルバイトのみだったので移動!!

湖尻方面の神宮にある沈木周辺をサイトしていると、深い沈木の下にペアリングバスを発見!

直接ネストを狙うと当然、オスバスがバイトしてしまいメスバスを逃す事になってしまいます・・・。

まずは距離をとり、ネストの左右10m間隔をブラインドで探るのがメスバスへの近道です!

ブレードジグエコ3/8oz(テナガ)+ポーク(ヘアリーポーク)でリフト&フォールしていると、リフト時に「ゴンッ」と明確なバイトがあり、スイープにフッキングすると、上がって来たのは約2,300gのメスバス!

ペアのオスバスも狙いましたが、スレ切っていて全くバイトせず逃げ出す始末・・・移動!!!

次に毎年実績の高い「椿の鼻」へ・・・シャローには4,5匹の見えバスが居るものの、空中を飛ぶルア-に逃げ出す状態・・・

エレキで移動しながらやや深めをサイトして行くと、七里ヶ浜の沖にタイヤ?っぽい物が沈んでいて、周辺でペアリング真最中バスを発見!

やはり、距離をとりブラインドで周囲をリフト&フォールさせると、リフト時に「ゴンッ」と明確なバイト!!

スイープにフッキングで無事ランディング!!

約2,000gのバスGET!!

オスバスもバイトさせましたがジャンプ一発でフックアウト・・・

次に立石ワンドでシンクロエコ(2.7g)のスイミングにて約900gを獲り、入れ替え成功!!

終盤、蛙石周辺のゴロタ石沖をハイカット(新色のアワビ仕様プロト、アバロンハニーピンク)にて探り、超スローリトリーブ(ラインテンションのみでギラつかす)で約1,900gを追加!

(写真上:O.S.PブレードジグECOにて約2,300g。)
(写真下:ハイカットのアバロンハニーピンクにて約1,900g。)
599_2
900gと入れ替えにてトータル6kgオーバーで優勝出来ました!!

この時期のキモはルア-を余り大きく動かさず、震わすイメ-ジで・・・みたいです(笑)

ブレードジグのリフトもリールで巻かずブレードが動く最低のスピードでロッドを煽らすイメージでしたぁ~。

またシンクロエコ&ハイカットも沈めてからはリールで巻かずラインテンションを掛けて震わす程度がベストです!!

状況に応じて高い次元で対応出来るO.S.Pエコシリーズは無くては成らない存在です!

トーナメンターのみならず皆さんのタックルボックスにも是非!

■使用タックル
04シンクロエコ2.7g
ロッド:60L
リール:シマノ2500番
ライン:FCスナイパ-3lb.

ハイカット
ロッド:64L
リール:シマノ2500番
ライン:FCスナイパ-4.5lb.

ブレ-ドジグエコ+ポ-ク
ロッド:70XHX
リール:シマノレフトハンドル
ライン:FCスナイパ-16lb.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

芦ノ湖にも春が訪れました!

2011.04.19
私のホームレーク芦ノ湖も鱒の解禁と共に春がやって来ました!!

春のビッグバス攻略にはルドラ

友人の連絡では4月に入り、ようやくバスも動き始めたとの事でしたが、ハイランドレイクの芦ノ湖は、日中の最高水温でも8度止まりで、まだまだ活発にベイトを追い廻せない状態です。

しかしながら鱒族たちは活発で、ルドラFのグリグリメソッド(ルアー・ライン・ロッドを一直線にしてハンドルを高速1~2回転させる)で移動距離を抑えながら引いて来ると、綺麗なブラウントラウトと出会えたりもします。

朝一番、ルドラFにて湖の様子を伺うと、やはりブラウントラウトが元気よくアタックして来ました!

しかし本命のバスは確認できず、船溜りやワンド奥の3~6mラインをチェックして行くと、ボトム(3mイン)でジッとしているバスを発見できました。

そこで04シンクロ(インパクトシュリンプ2.4g)を投入!!

透明度の高い芦ノ湖なので距離をとり、ブラインドでほとんどジグを動かさずラインテンションでラバーを震わすイメージでアクション。

すると確かな重みを感じられたのでスイープに合わせると見事フッキング。

36cm700gをキャッチ出来ました。

次第に気温・水温も上昇し始めた10時過ぎ(気温12度・水温7度)にコンクリートブロック付近にビックバスを発見!!

ルドラSPを投入するもジャストサスペンドせず、ゆっくり沈んでく状況(低水温・フロロライン等)だったので、ルドラスペック2(3月追加カラーで大好きなDMサンフィッシュ)にチェンジし再投入!!

比重が高いFC SNIPER10lb.の効果もありノーテンションでジャストサスペンド!

これなら春の定番、サスペンドで放置プレー(笑)も成立出来ます。

いつもの様にブラインドでコンクリートブロック上(3mライン)にサスペンドさせ5分ほど放置プレー・・・。

たまにラインにテンションを掛けると水中でギラッとDMカラー特有の輝きを放ちます!

黒い影がゆっくり近づき離れを繰り返しても焦らず放置・・・何度目かの接近でルドラが吸込まれ、姿を消し代わりに重量感が伝わった所でスイープにフッキング!!

3連フック中2本フッキングしていたので安心してやり取り出来ました!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
上がって来たのは54.5cm2,880gのナイスフィッシュ!!

静・動どちらも完ぺきにこなす完成度の高いルドラシリーズはビックミノーのド定番ですd(^o^)b

今回の「ジャストサスペンド放置プレー」はスポーニング前のステージングでも有効(昨年、津久井湖で55cm3,200g等)なので是非、試してみて下さいね!

現場で微調整!

ジャストサスペンドで・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NBC神奈川チャプター第1戦アングラーハウスYAMAKI CUP

2010.05.09
今回は4月25日に開催されたNBC神奈川チャプター第1戦のレポートです。

日本のバス発祥地でもある神奈川県箱根の芦ノ湖。ハイランドクリアレイクであるこの湖がNBC神奈川チャプターの舞台です。

異例の低水温続きの芦ノ湖

そんな芦ノ湖も今年の天候不順の影響で、例年と比べると水温が3~4℃も低く、異例の低水温が続きバスアングラーを悩ませています。

それに輪をかけて、大会一週間前には雪が降り、大事なプラクティスも出来ず、その後も連日の雨で大増水!

各ボート屋桟橋も水に浸かってました。

いざスタートするとシャローの捕食エリアにバスの姿は無く、代わりにトラウト類が泳ぎ廻っている状態・・・。

しかし大きな桟橋や船溜まりにはジッとしているバスが確認出来、本来なら桟橋下に01ジグエコをスキッピングさせたい所でしたが、増水により桟橋下に全く隙間が無く、奥の奥に入れられないので、ヤル気のあるバスに出て来てもらう事にしました。

まず大型遊覧船桟橋の際をルドラFにてストレート引き、超速巻きで様子を伺ったが無反応、ルドラSPにてタイトにSTOP&GOを繰り返すとブラウントラウトがバイトして来るのみ・・・・・食べ頃サイズ(笑!)

全くの無風状態だったので、湖全体の大小桟橋をランガンしながら風が出るのを待ちました。

昼頃になると気温上昇に伴い風が吹き始め、昨年度実績の高かった樹木園桟橋に入り直しました。

このエリアでは4~8cm程度のベイト(ワカサギ)が確認出来たのでマッチ・ザ・ベイト!

ハイカットSP(DMカラー)をチョイス!!

桟橋の風が横当たりしている側にキャスト!!

小さなトゥイッチを入れながら橋脚と橋脚の間でタイトにサスペンドさせ、水中では波風からの湖流が出来ていたので、その流れに乗せユラユラ(DMカラーなのでギラギラ)と橋の奥に送り込み、橋脚の影に入った(ギラギラが消えた)所で軽くトゥイッチさせると明確に『ゴンッ』とバイト!!

上がって来たのは1680gのナイスコンディションのバス!!

この1匹でタイムアップを迎えてしまいましたが、ウエインが3名のみと厳しい状況の中、大変貴重な1匹となり、準優勝する事が出来ました。(優勝の山木一人プロと10g差・・・・・)

今回もハイカットSPに助けられましたぁ~(汗)

(写真:1本のみでしたが1680gというグッドサイズを手にする事ができました。)
436_1
ちなみにハイカットSPはノーマル状態のものと、簡単なチューニングで水中姿勢を調節したものとを状況に応じて使い分けています。

その私なりの使い分けとは・・・

シャローや底を打たせる場合は、前傾姿勢でサスペンドするノーマルを使用し底をついばむベイトを意識します。

さらに前倒姿勢によりフックが根掛りしづらいというメリットもあります。

そして、杭等のマンメイドやブレイク上では水平姿勢でサスペンドするようにして使用しています。

これは芦ノ湖で水中を観察していると杭付近のベイトが水平姿勢でサスペンドしているのを何度も見かけたからです。

水平姿勢サスペンドモデルにするには、ベースにフローティングモデルを使いリヤ側フックやスプリットリングの番手を上げたり、4本フック、リング2連結、ウエイトシールをテール末端に貼るなどしてリヤ側の重量を上げてます。

水温や水深により、いくつか用意しなければいけませんが、あくまでもアバウトに「水平かなぁ」というレベルです・・・(笑)

又、ハイカットSPはカラーバリエーションが豊富なのでフェイバリットカラーが必ず見つかると思います。

ちなみに私はDMサンフィッシュ、DMモロコ、TSウォーターメロン等、グリーン系キラキラ(芦ノ湖の公魚の背中がオリーブ色っぽい)を多用しています。

436_2
良く飛び、良く潜り、ピタッと停まるハイカットSPは無くては成らない存在です!!

皆さんのタックルボックスにも入れてあれば期待を裏切りませんヨォ~。

あとラインですが、巻き物やジャストサスペンドさせる物に対しては基本ナイロンラインを使用しています。(PE使用時のリーダーにはフロロ使用)

今回はマシンガンキャスト6lbを使用しましたぁ~。それでは次回も良い釣果を期待しつつ、今回の参戦報告は終演となります。

■津久井湖でグッドコンディションのバスをキャッチしました!

随分と暖かかったGWに友人と関東メジャーリザーバー津久井湖に行ってきました。

なんとその釣行で、ルドラで私に49cm2850gと、55cm3250gでました!!

友人も同じパターンで55cm2900gのバスがでました!

436_3

インフォメーション

2010.03.04
2010年新たにO.S.Pプロスタッフに強力な仲間が加わりました!NBCチャプター神奈川で圧倒的な強さを誇る高原清氏です。

新たにO.S.Pプロスタッフに強力な仲間が加わりました!

O.S.Pプロスタッフに新たな仲間が加わりました。

芦ノ湖をホームレイクとし、NBCチャプター神奈川を始め、NBCチャプター東京の津久井湖戦でも圧倒的な強さを誇る高原清氏です。

2006年、2007年、2009年のチャプター神奈川では堂々の年間1位を獲得。(※過去戦績)

圧倒的なお立ち台率もさることながら、2009年だけでも優勝5回とまさに最強状態です。

バスの行動・習性を把握しつつ、日々変化するフィールドの状況を的確に判断し、ミノーやシャッド、トップウォーター、ジグ等を駆使して季節に関わらずトーナメント中に高確率でビッグバスをウェイインするそのスタイルは圧巻です。

ルドラ、ハイカット、O.S.Pジグゼロワンなど、数々のトーナメントでも使用されウイニングルアーとなっています。

これからの活躍が期待される高原氏よりご挨拶となります。

407_1
「高原清氏よりご挨拶です」

O.S.Pホームページをご覧の皆様、初めまして。

2010年度よりO.S.Pテスターの一員に加えさせて頂く事になりました高原清と申します。

何卒よろしくお願い致しますm(-o-)m

私のメインレイクである神奈川の芦ノ湖、津久井湖を中心に季節に似合ったレポート(NBCチャプター参戦記、釣行記等)をお伝え出来ればと考えております。

09年NBC神奈川チャプターではO.S.Pルアーのお陰で全戦お立ち台に登れ年間優勝出来ました。

年間優勝に結びついた、私なりの使用方法等も今後レポート等でお伝えしていきたいとも思ってます。

まずは、ご挨拶まで。

よろしくお願いします。

高原 清



profile

高原清
関東
(芦ノ湖)

「芦ノ湖の帝王」の異名を持つほどの驚異的な強さは圧巻。チャプター優勝回数25回、06年,07年,09年,10年とチャプター神奈川年間1位、12年,13年は年間2位。14年は3連勝と、もはやとどまることを知らない。ルドラ、ハイカット、アイ・ウェーバー、ベントミノー、ジグ03ハンツ、ビッグベイトが勝つ為の必須ルアーとなっている。