O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >バズベイトは数あるルアーの中でも、ベスト3に入るぐらい大好きなルアー。そこで今回は、僕なりの02ビートの使い方をお話させていただきたいと思います。

バズベイトは数あるルアーの中でも、ベスト3に入るぐらい大好きなルアー。そこで今回は、僕なりの02ビートの使い方をお話させていただきたいと思います。

2015.08.03
みなさんこんにちは!

梅雨も明け夏本番ともなりましたが、楽しいバスフィッシングを満喫してますか??

今年の梅雨は本当に雨が降ってましたね。

恵みの雨で本当は嬉しいはずですが、今年は降りすぎです。(笑)

利根川は通常の水位を大幅に超え、流れも速く、ボートでの走行に気をつけなくてはならない事が多い状態。

利根川に注ぐクリークも濁流で、アマゾン川みたいになっておりました。

台風の時期以外でこのような状態になったのは、僕が知る限りでは初めてかもしれません。

先日行われるはずでしたTBC第3戦も、増水のため安全に配慮して延期となる程ですので、今年の雨の凄さがわかります。

やはり状況を自分できちんと判断し、安全に配慮した釣行が必要ですので、皆さんもお気を付けくださいね。

さて利根川の状況ですが、スポーニングも終わり回復したお魚さん達が元気に動き出してきていると思える状況です。

こうなるとトップウォーターゲームが楽しめます!ここで主役になるのが02ビート&Jr.パピー、そして新たに加わったストロングを含めたバズベイト達です。

maruyama

僕の中ではバズベイトは数あるルアーの中でも、ベスト3に入るぐらい大好きなルアーです。

正直、水温が15度を超えた時期から初冬まで投げちゃいます(笑)。

その魅力的なルアーが一番効果的になるのが、夏に向かって行くタイミングです。

なかなかトップウォーターの釣りは・・・と思ってしまう方もいるとは思いますが、僕がトップウォーターの釣りをする様になったきっかけは、このバズベイトというルアーがあったからといっても過言ではありません。

なんと言っても「投げて巻くだけ!」の簡単なルアーなのに、その爆発力と言ったら、他に匹敵するルアー見当たらないほど!

大きなお魚さん達が釣れる確率が、僕の経験上ではかなり高いルアーだと思っております。

maruyama3

ですので、あまりトップの釣りはなぁ~と思っている方にも、騙されたと思ってお試しいただければと思います(笑)。

きっと僕の様に02ビートの魅力にハマってしまうと思いますよ~!

そこで今回は、僕なりの02ビートの使い方をお話させていただきたいと思います。

この時期の利根川は、手長エビが産卵で浅場に上がってきて、身を隠せられるストラクチャーにつく様になります。

手長エビの居場所がスポーニングが終わったお魚さん達のポジションとも一致するので、お魚さん達にとっては捕食しやすいベイトになると思われます。

普段は浅くてあまりルアーを投げない様なエリアにある小さなストラクチャー(岩とか流木や杭、タイヤなど)に多くの手長エビがいるので、びっくりする様なサイズのお魚さんがその周りをウロウロしたりじっとしていたりと、02ビートで釣りをするには好都合となります。

ですので、釣り方はストラクチャーに向かって02ビートを投げるだけ(笑)!!

ストラクチャーのみならず、その周りをウロウロしているお魚さん達もいるので、その周りにもキャストすることも忘れずに・・・いきなり水面が割れて大興奮間違いなしです(笑)。

また、この手のルアーはバラシやすいと言われますが、そんなことはありませんよ。

水面が割れても焦らず、魚の重みを感じてからリールを巻きつつ合わせれば大丈夫です。

根がかる事もほとんどなく、特別なアクションも必要ない。

巻いているだけでお魚さんを魅了するこの素敵な02ビートシリーズは、これからトップウォーターの釣りをやってみたいと思っている方々にはオススメのルアーです。

「釣れなくて難しいなぁ・・・」と思う状況にこそ、この02ビートシリーズをキャストしてみて下さい。

きっと素敵なお魚さんをプレゼントしてくれますよ!

最後に・・・バイトはしてくるけどどうしても乗らない時には、ドライブスティックのノーシンカーをバイトしてきた周辺に漂わせてみて下さい。

ラインがスーッと走る気持ちいいバイトになるはずです(笑)。それではまた次回!! maruyama2

profile

丸山高志
関東
(利根川)

TBC(利根川バスクラブ)優勝経験2回あり。利根川、印旛沼のスペシャリストで、ビッグフィッシュ捕獲率の高さには定評がある。09年には「O.S.P Namiki CUP」にて優勝する勝負強さを見せた。