O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >01ジグやブリッツシリーズで好反応がでていますよ!!

01ジグやブリッツシリーズで好反応がでていますよ!!

2015.06.01
皆さんこんにちは!季節も進み、過ごしやすい時期になってきましたね。

毎日釣りに行きたい!・・・と思ってしまう今日この頃です(笑)

私のホームグラウンドである利根川・印旛沼水系も、水温が20度前後で安定してきました。

スポーニングも順調に進んでいるようで、稚魚の姿が見られるようになってきたことも嬉しい限り!

元気に育ってもらいたいと心から願います。

スポーニング直前のお魚さんたちは、今年も活発にルアーを追いかけて来てくれました。

スポーニングベットを作る場所の周辺で待機しているお魚さんたちにO.S.Pルアーを送り込むと、嬉しい反応が返ってきます。

印旛沼では、パラパラ生えたアシやガマの岬の先端付近に、01ジグや01ジグストロングを落とし込んでステイさせた後、リフト&フォールで誘っていきます。

この時期のお魚さん達は、丁寧に繰り返して誘うことによってバイトに持ち込む事が出来ますので、しつこいぐらいに繰り返し、ステイさせてルアーを見せてあげて下さい。

そうすると気持ち良い生命感がロッド伝わってくるはずです。

20150529_maruyama2_edited-1
もうひとつの誘い方は、杭などの縦ストラクチャーに寄り添っているお魚さんたちに、クランクベイトでアプローチしていく方法です。

こちらは勿論「ブリッツ」シリーズで狙っていきます。

水深や狙うストラクチャーに合わせて、ブリッツやブリッツMR、そしてブリッツEXDRと使い分けてアプローチしていきます。

しっかりと泳がせ、そしてストラクチャーに当てて止める・・・そうすると巻き始めに気持ちの良い生命感が伝わって来るはずです。

また、水中に沈んでいる杭なんかも見逃してはなりません。

あらかじめその場所を記憶しておき、ディスタンスをとって杭の上を通るようにキャスト!

そうすると杭にコンタクトしなくても、お魚さんが下から突き上げるようなバイトをしてきてくれます。

この時期のこのポジションに居るお魚さん達は、上を意識している事が多いと感じています。

本当にちょっとした、見逃しやすい水中のストラクチャーに着いていますから、諦めずキャストを続けてみてください!

必ずお魚さん達は答えてくれるはずです。

20150529_maruyama3_edited-1
さてさてこれからの時期ですが、スポーニングも無事終わり、回復したお魚さん達を狙える楽しい時期になります。

水温&気温も上昇し、梅雨に近づくこの時期から水面系の釣りを試したくなります。

確かに水面系の釣りは釣れるのですが、なかなか思うように釣れない事もしばしば・・・(笑)

この時期は楽しい時期でもありますが、微妙に難しい時期でもあると思っています。

ですので、スローな釣りと水面系の釣りをうまく使い分けながら探ってみる事で、より良い釣果につながってくると感じています。

具体的には、ドライブスティックのノーシンカーやドライブクローラーのネコリグを使ったスローな釣りと、02ビートやヤマトJr、バジンクランクを使った水面系の釣りの両方を試して、その日の状況を掴むように心がけています。

見つけてしまえば連続ヒットも可能な時期ですので、ぜひ試して見てください。

20150529_maruyama1_edited-1
先日の利根川釣行では、ドライブスティック4.5インチのノーシンカーのスローな釣りで楽しい釣りができました!

皆さんも日焼け対策を万全にして、フィールドに足を運びましょう!

それではまた次回・・・

profile

丸山高志
関東
(利根川)

TBC(利根川バスクラブ)優勝経験2回あり。利根川、印旛沼のスペシャリストで、ビッグフィッシュ捕獲率の高さには定評がある。09年には「O.S.P Namiki CUP」にて優勝する勝負強さを見せた。