O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >桧原湖で自信を持って投げられるO.S.Pルアーズ!

桧原湖で自信を持って投げられるO.S.Pルアーズ!

2017.09.29
JB桧原湖シリーズが終わると同時に、私の今シーズンのJBの試合は終了しました。

今シーズンも試合で自信を持って使用してきたO.S.Pルアーですが、その中で3戦目、4戦目、そしてこれからの桧原湖のバス釣りのシーズンが終了するまでに使用頻度が高いルアーを紹介させていただきます。

まずは、真ん中からドライブクロー2インチのライトキャロ!

image3

私は桧原湖では、グリパン/ピンク&レッドフレークやエビミソブラック、抱卵エビなどのツートンカラーを多用しています。ツートンカラーを多用する理由は、釣れるから!

なぜ釣れるのかを考えてみると、ドライブクローを引いた時、爪の部分がロールアクションをする際の明滅効果が桧原湖のスモールマウスバスに効いてるように思いました。

他のカラーも釣れるのでもちろん使いますが、中でもツートンカラーの頻度はほかの色に比べて一段と高くなっています!

次に、ドライブクローラー!

image1

このルアーは基本的にはネコリグとダウンショットとの使い分けです。基本的にこの2つは「点」の釣り。

ダウンショットにはHPシャッドテール2.5インチを使用することもあります。HPシャッドテールはこのようによくテールをカットして使うことも。ダウンショットで他のルアーを使用しても反応しない時に、テールをカットしたHPシャッドテールを使うと釣れることが多々あるんですよね!

image2

最後に、これから寒くなる桧原湖でよく使うスピナーベイト! シャローをスピナーベイトで流していく釣りが効いてくるのですが、このとき1/2オンスのハイピッチャーをチョイス。

image4

なぜ3/8オンスじゃなくて1/2オンスなのか。それは浅いレンジを速いスピードで巻きたいからです。3/8オンスだと水面から飛び出してしまうけれど、1/2オンスの重さで水面から飛び出すことなく速いスピードで巻けるので、1/2オンスのハイピッチャーを使っています。

桧原湖のバスシーズンも残りわずか。こちらにお越しの際はぜひ、これらルアーと防寒着を忘れずにお願いします!!

1 / 11

profile

本田賢一郎
関東
(霞水系、桧原湖)

学生時代は桧原湖に通いつめ、2017年からはJB桧原に参戦。卒業後は霞ヶ浦水系の釣りに魅了される。ストイックに釣りに集中するため霞ヶ浦近郊へ引っ越し、オカッパリアングラーとしてフィールドを駆け回る毎日。様々な状況に適応しながら釣果をあげるテクニックを磨きつつ、オカッパリの楽しさをより多くの方へお伝えしていく事が目標!