O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >桧原湖ガイド本田賢一郎がジグ03ハンツの使い方を徹底解説!!

桧原湖ガイド本田賢一郎がジグ03ハンツの使い方を徹底解説!!

2020.10.13
みなさんこんにちは。
桧原湖ガイド、本田賢一郎です。
日頃ガイドでよく使用している釣りを紹介。


自分が大好きな釣りの一つのフットボールジグ。
O.S.Pにはジグ03ハンツがあります。

メインで使用するトレーラーは、
ドライブビーバー各サイズ。
ドライブSSギル3.6。
ドライブクロー3〜5in。


特にスモールマウスのジグの釣りに関しては、最近ライブスコープを駆使して釣りをしていて感じるのは、口を使わせるためには、ウェイト、カラーが重要になっていると感じています。

まず、ウェイトに関して
ジグ03ハンツは、3.5g/5.0g/7.0g/9.0g/11.0g/14.0g/17.5g/21gと幅広いウェイトにより、反応させる為の引き出しを増やすことができます。


基本的に桧原のような水深のある湖では、7~14gをメインに使用します。
魚の反応によってこれより軽くする場合も重くする場合もその日によって使い分けています。

また、ファインラバーとシリコンラバー共に豊富なカラーラインナップ。
ジグの釣りの引き出しを更に増やして釣りができるジグとなってます。

自分のオススメとしては、ジグは基本ボトムの釣りですので、日光が届きにくいため濃いカラーでシルエットをハッキリさせバスに見つけさせて食わせる為にまずは濃いカラーから。

バイトが減った場合や、ない場合には、あえてシルエットをぼかす為に薄いカラーへとシフトしていきます。

基本的にトレーラーはそのジグのカラーに合わせて使っています。

意外と苦手意識が多いジグの釣り。
釣ればコツを掴めますので、まだジグで釣ったことがない方も釣ったことはあるけど苦手だと感じる方も、とりあえずの1本をこれを参考に投げて釣っていただければと思います。


ジグLOVEな私のガイドにも是非遊びに来てください。
https://www.honda-bassguide.com/

profile

本田賢一郎
関東
(霞水系、桧原湖)

学生時代は桧原湖に通いつめ、2017年からはJB桧原に参戦。卒業後は霞ヶ浦水系の釣りに魅了される。ストイックに釣りに集中するため霞ヶ浦近郊へ引っ越し、オカッパリアングラーとしてフィールドを駆け回る毎日。様々な状況に適応しながら釣果をあげるテクニックを磨きつつ、オカッパリの楽しさをより多くの方へお伝えしていく事が目標!