O.S.P,Inc.

Reportsプロスタッフレポート

トップページスタッフレポート >浦川流オリカネムシシンキングチューンレシピ大公開!!

浦川流オリカネムシシンキングチューンレシピ大公開!!

2018.09.04
暑さも峠を越えた感じではありますが、まだまだ残暑厳しいですね。今回は長年ずっとやっていたチューンについてご紹介です。

オリカネ虫のボディを使って沈ませて使っているのですが、そもそもこの発想自体、スモラバが流行しだした時から色々とやっていました。



当時スモラバは驚く程良く釣れましたが、その反面ラバーの動きを極端に嫌う魚もいました。どうにかそういった魚を喰わせられないかといった事から、色々と試行錯誤しだしたのが元となっています。

当時虫ルアーは今ほどありませんでしたので、色々なワームを買い集めてチューンしていたといった感じです。

また、徳島のフィールド自体、なかなかいいカバーが少ない事もあり、虫を浮かせて誘う事よりも、沈めたほうが魚を釣るにはまだ確率的に高いのが現状といったところ。(勿論浮かせてないと釣れない状況もありますが)

個人的にオリカネ虫に付属されているスペアボディを簡易的にチューンしているんですが、先ず中空ボディになっているボディーにノンソルトのワームを切って詰め込み、ワーム用補修ボンドで固めるだけ!! 後は低重心にネイルシンカーを刺して投げて沈めるだけ!(個人的に0.3gが多いです)





フロントのアームは切って使うほうが、アクションを加えた際に回転しにくくなりますので、お好みで色々試してもらえたらと!



簡単ですが時としてかなり凶暴な釣果を叩き出してくれるオリカネ虫シンキング。



家で眠らせてるスペアボディで是非試してみてください!!
1 / 11

profile

浦川正則
四国
(旧吉野川水系、 北海道)

旧吉野川水系をメインフィールドとし、オカッパリ、ボートを問わない自由なスタイルで年間約50本の50アップを仕留めるデカバスハンター。四国エリアの名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が「師範代」という浦川。類まれなテクニックでメジャーフィールドを攻略するスーパーマルチアングラー。